アレルギーテスト お風呂に4日も入れません

一昨日、病院へ行って、
アレルギーテストを受けてきました。

1D85B806-0D77-4F15-B02D-E80A7AFC99ED.jpeg

横10cm、縦20cmくらいのシートを3枚、
背中の上半分にペタペタと貼られて、
周りをテープで何重にも固定され、
こう言われました。

「このまま背中に貼っておいて、
来週月曜に来てください。

その間、剥がれないように気を付けて、
お風呂も控えてください」

それを聞いて、「えっ!!??」と
思わず声を上げてしまいました。

生検のときもそうでしたが ↓
我ながら、自分が受ける検査に無知すぎた・・・
と反省しています。

こんな、4日もお風呂に入れないテストだとは
夢にも思っていませんでした。

言い訳のようですが、
アレルギーテストのことを英語では
「Patch test(パッチテスト)」と言うので、
てっきり簡単な検査と思っていたのです。

パッチというのは、
小さな面積のものを表す言葉で、
強いて言えば、大きくてもピップエレキバン程度の
大きさのものを言うのです。

皆さんご存知だと思いますが、
念のため、ピップエレキバンはこういうものです → ピップエレキバン

「パッチテスト」と言われていたので、
てっきりピップエレキバン程度の大きさのものを貼って、
様子を見るのだと思っていましたが、
背中の半分近くに、
べったりと検査シートを貼られてしまいました。

各シートには
5㎜四方くらいのパッチが10個位あって、
それぞれのパッチに
異なるアレルゲン物質が入っているそうです。

はい、そうなのです。
確かに「パッチ」テストなのです。

でも、パッチの数がこんなに大量だとは
夢にも思っていませんでした。

さらに、今日が木曜日で、
月曜の朝までお風呂に入れないということに
気が遠くなりました。

運動して汗をかいたり、
身体が温かくなると
気が狂いそうになるほど湿疹が痒くなるので、
ここ数週間、ジムを控えていたのです。

湿疹が収まってきたので、
ジムに行きたいのですが、
背中を洗えないということは、
ジムに行って汗を流すことすらできません。

背中を濡らさなければ良いので、
下半身は問題ないのですが、
髪の毛を洗うに苦労しています。

キッチンのシンクで洗っていますが、
髪の毛が長いので、
背中が塗れないようにするのが大変です。

しかも、すでに固定したテープの部分が被れてきて、
パッチテストのせいで
皮膚炎が悪化したらどうするんだろう?
という不安もあります。

でも、湿疹の痒みが収まってきた、
この時期にテストを受けられて良かったです。

湿疹の上からこのパッチが並んだシートを貼られたら、
きっと気が狂いそうなくらい
痒かったことでしょうから・・・

いずれにせよ、
自分の健康のためにも、
今後の生活のためにも
アレルギーについて知っておくことは良いと思うので、
月曜日まで、頑張って我慢します。

なんだか気の滅入る週末になりそうですが、
仕方ありません。