コロナウイルス イギリス政府の対応が凄すぎます

昨日の夜、衝撃の外出禁止令が出たイギリスですが、
国民に無理を強いるだけでなく、
政府の対応にも目を見張るものがあります。

まず、このときに ↓
政府がリタイアした医療従事者に
現場復帰を呼びかけたことを話しましたが、
なんと、これに応えて11,788人もの
現場を退いていた医師や看護婦、薬剤師たちが
医療現場に復帰してくれることになりました。

また、看護学校の最終学年に在籍している、
18,700人の生徒たちも
最前線に投入されることになりました。

すでにコロナウイルスに感染した医療従事者もいて、
ジワジワと医療体制が圧迫されつつあったので、
この増員は心強いです。

また、医療業務に従事したことがなくても、
健康に自信のある人たちが
ボランティアとして病院で手伝えるような、
特別なボランティア・スキームも
近いうちに始まる予定です。

さらに、政府はロンドンのエクセルセンターに
4,000ベッドの“field hospital”を作りました。

エクセルセンターは幕張メッセのような
コンベンションセンターで、
そこにテンポラリーの病院を作ったのです。

しかも病院スタッフだけでなく、
イギリス軍人も業務に従事するそうです。

この病院は『ナイチンゲール病院』と名付けられ、
来週オープンする予定です。

クリミア戦争で負傷兵を看護したことで有名な、
ナイチンゲールの名を冠した病院なんて、
まさに『野戦病院』的なイメージで、
コロナウイルスと戦うぞ!という意気込みを感じます。

もし政府が「外出するな」とだけ言って、
目に見える成果を何も上げていなかったら
人々の怒りが募るばかりだと思いますが、
このように頼もしい機動力を発揮してくれるなら、
「私たちも頑張って協力するぞ」という気になれます。

実は、昨日スーパーへ行ったときに
トイレットペーパーが売切れだったのです。

こんな貼り紙があって、買えませんでした。

A1892FBD-F2CD-4B5F-96E4-3C173CB37661.jpeg
石鹸、消毒液、掃除用スプレーなども売り切れで、
このときに ↓
マット・ハンコック(保健社会福祉担当国務長官)が
「トイレットペーパーはイギリス国内で作っているから、
備蓄がなくなることはありません」と言っていたのを思い出し、
思わず『嘘つき・・・』と呟いてしまいました。

でも、政府がこんなに頑張ってくれていることを知って、
政府の対応を疑ってしまった自分を恥ずかしく思いました。

テレビを見ていると、
昨夜発令された外出禁止令にもかかわらず、
今日も混雑した地下鉄で通勤する人の姿が映っていました。

また、美容師や大工など自営業の人たちが
「外出しないとお金が稼げず、生活ができなくなる」
と訴えていました。

そんな人たちを見てると、
自宅勤務が許されて、
とりあえず給料は貰える(はず)の自分は、
とても恵まれている環境にあることを痛感しました。

昨日の夜はショックでしたが、
政府の言いつけをちゃんと守って、
私にできることがあったら協力しようと思います。

"コロナウイルス イギリス政府の対応が凄すぎます"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。