捨てる神あれば、拾う神あり

 週末は ゆっくり休めましたが、
やはり蕁麻疹の痒さが収まらず、
また病院に行ってきました。

1週間おきに行っていますが、
先週処方された薬が少しだけ効いたものの、
やはり夜中に何度も起きてしまうほど
痒みが続いています。

お医者さんは、こう言いました。

「飲用ステロイド剤は
これ以上飲み続けると危険だから、
アンチヒスタミンだけ飲み続けてください。

首の後ろにある腫れは、
もしかすると細菌が原因かもしれないから、
細菌を殺す薬を使ってみましょう」

この薬が効かないから、次の薬を処方・・・
普通のことなのかもしれませんが、
薬を処方されるたびに、
薬代のほかに処方箋代9ポンドがかかるので、
倹約生活をしている私なので、
「一度に全部処方してくれれば、9ポンドで済んだのに」
と思ってしまいました。

もちろん、
そんなことが出来るわけもないのですが・・・

そして、3回目の9ポンド(約1400円)と
薬代9ポンドの合計18ポンドを払って、
もらってきた塗り薬が、こちらです。

今度こそ、効くことを願っています。

4DA03030-6B5B-4627-8190-C53DC46E63B8.jpeg


今日の午後、病院へ行くために早退したのですが、
課長が、声を掛けてきました。

「最近、通院が続いているみたいだけど、大丈夫?
顔色も悪そうだし・・・寒いの?」

「ええ、ちょっと・・・」と答えると、
「ちょっと待ってて」と言って、
課長は自分の席へ戻りました。

そして、手に何かをもって戻ってきました。

「これ、僕が使ってるやつだけど、
電子レンジで1分くらいチンして温めた後、
肩に載せておくと、身体がホカホカしてくるよ」

と言って、肩にのせるカイロを貸してくれました。

このカイロです → 肩カイロ

使ってみたら、
じわ~っと温かくなって、
なんだか幸せな気持ちになりました。

温かさがそうさせてくれたのかもしれませんが、
先週金曜日に、こんなことを思っていたので ↓
一人でも気づいてくれていた人がいたんだ、
と人の温かさに触れたような気がしたのです。

しかも、課長は私の上司の上司にあたる人なので、
直接 課長から指示を受けて
働くことが殆どないのです。

そんな遠くにいる人が、
私の体調の悪さに気づいてくれて、
しかもご自分が愛用しているものを貸してくれたのです。

捨てる神あれば、拾う神あり、
ではありませんが、
見ていてくれる人がいることが、
私のことを気にかけてくれる人がいることが
とても嬉しくて、心まで温かくなったのです。

"捨てる神あれば、拾う神あり"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。