Redbournbury Watermill

先日、Shaw's Corner という、
バーナード・ショーが住んでいた家を訪れた後、
帰りに少し寄り道して、水車を見てきました。

Redbournbury Watermill(レッドボーンブリー水車)
と呼ばれる場所で、
実際に稼動している水車で挽いた
オーガニックの小麦粉で作ったパンを売っている、
水車小屋兼ベーカリーです。

遠くから見るとこのような感じで、
右側の小川の奥に水車があり、
その左横の建物がベーカリーです。

IMG_9432.jpg

まずは水車を見に行こうと思い、
小川の右側へ行ってみました。

IMG_9435.jpg

大きな水車が回っていますが、
どうやらこの水車は
水で回っているわけではないようです。

すぐ横に、このような小屋があって
まるで蒸気機関車のような大きな機械で
ガソリンを使って水車を動かしていました。

IMG_9433.jpg

20世紀半ば、この小川の水が減ってしまい
水力だけで水車を回すことができなくなったため、
このエンジン(?)を設置して、
水車を回して粉を挽いているそうです。

小川の水が流れてはいますが、
厳密に言うと「水車」ではないのかも?(笑)


この地には、古くは11世紀(平安末期ですね)に
粉引き小屋があったという記録が残っているそうです。

その後、何度も建て直されたり、
オーナーが変わったりしているとは思いますが、
驚くことに、1000年もの昔から、
この地で粉が挽かれていたことになります。

ベーカリーのほうは16世紀の建物だそうです。

IMG_9436.jpg

500年前の建物が現役で利用されているなんて、
本当に驚きました。

地震のない国だからかもしれませんが、
イギリスの底力といいますか、
その歴史の豊かさに脱帽してしまいます。

パン売り場は狭くて、
奥のほうには大袋に詰まった小麦粉があったりして、
いかにも「挽きたての小麦粉で作った、
焼きたてのパンを売っています!」
といった風情のお店でした。

IMG_9437.jpg

普通のパンのほかにも、
カメやヘッジホッグ(ハリネズミみたいな動物)
などの動物パンも売っていました。

IMG_9438.jpg

きっとお子さん連れのお客さんも多いのでしょうね。


私は、このブラウニーを買いました。

IMG_9441.jpg

会社にもって行って、
皆で分けようと思ったのです。

すでにカットされていましたが、
この大きさの不揃いさが、
またイギリスらしくて笑ってしまいました。

IMG_9449.jpg

このブラウニーは、
甘さ控えめでとても美味しかったです。

同じビルで働いている日本人や
同僚の日本人の人たちが口を揃えて、
「イギリスで、こんな甘さ控えめの
日本人の口に合うブラウニーがあるなんて!」
と言ってくれました。

車で1時間くらいかかりますが、
チャンスがあったら、
また買ってこれたらいいな、と思いました。

"Redbournbury Watermill"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。