図々しいの? それとも常識の違い?

このブログ、飛行機の中で書いています。
(空港に到着したら投稿するつもりです)

実は、飛行機の中でも不思議なことというか、
カルチャーショックを受けるようなことがありましたので
お話を聞いてくださると嬉しいです。

私の座席は、18F でした。

17595AED-7E5C-40FC-8824-F578E56A6F5E.JPG

ようやく搭乗開始となって飛行機に乗ると
機内は左右に3席ずつ座席が並んでおり、
18列目にたどり着くと、
D、E、Fの3席とも誰かが座っています。

あれ? 番号を読み間違えたかな?
と思って、左右を見回してみましたが、
ここが18列目で間違いありません。


まさか、ここでもオーバーブッキング??
と心配になりながら、
18Fに座っている女性に声を掛けてみました。

「あの、その18Fは私の席なのですが・・・」

すると、そのフランス人女性は何事もなかったように
こう答えました。

「ええ、知ってるわ。私の席は18Eなの。
でも、この人が(と隣の女性を指差しながら)
先に座っていたから、ここに座ったのよ」

え??と、一瞬自分の耳を疑った直後、
その隣に座っていたフランス人女性が、
18Fに座っている女性に向かってこう言いました。

「ああ、私の席は12Eなの。
ボーイフレンドの隣に座りたいから、
あなた、席を替わってくれない?」

すると、18F に座っていた人は
一瞬、嫌そうな顔をしましたが、
諦めた様子で ふぅ と
ため息の一歩手前くらいの長い息をつき、
席を立ちました。


「ああ、良かった。私の席が空いたわ」
と心の中で思った直後、
18D に座っていたフランス人男性が、
ニヤけた顔でこう言いました。

「I will need to ask you to change the seat」
(君と席を交換してほしいな)

一瞬、彼が何を言わんとしているのか、
理解できませんでした。

え? この人、何を言ってるの?
だって、彼女の隣に座っているでしょ?
これ以上、何を変えて欲しいと言うの?

・・・と、沢山の「?」マークが頭に浮かんだ末に、
「たぶん、この人は窓際に座りたいんだ」
ということに思いあたりました。


私が利用したのは格安航空会社 Easyjet で、
オンラインチェックインをするときに
座席が自動的に割り振られます。

でも、5~6ポンド(約700~800円)払うと
希望の座席を指定できるのです。

座席指定ができるにもかかわらず、
お金を払いたくないから座席を指定せず、
そして、さっさと飛行機に乗って、
自分の好きな席に座るカップル。

しかも、その座席の人が来たときに
こともなげに「変わってくれない?」と
当然のごとく言う女性。

さらに、へらへらしながら
窓際の席を譲れ、という男性。

しかも、Would you・・・? みたいに
丁寧に頼んでくるなら まだしも、
「I need to ask ・・・」という言い方は
「お願いします」という気持ちよりも
「僕、そこに座りたいから」という言い方に近く、
私が席を譲って当然だと思っているような口ぶりでした。


この時点で、少し腹立たしく思っていた私は
窓からの景色を楽しみにしていたこともあり、
どうしよう・・・? と迷いました。

でも、その瞬間、レストランでのNさんを思い出したのです。
「自分のキャパシティを見誤ってない?」という言葉です。

私は窓際に座って、景色を見たい。
でも、景色が見えなくても、
格安飛行機で座席指定料金を払っていないから仕方ない、
と諦めようと思えば、諦められる。

でも、こういう自分勝手な人たちに席を譲って、
自分の席から離れた窓越しに
美しい景色が垣間見えたとしたら、
きっと私は席を譲ったことを後悔するような気がする・・

そう考えた私は、思い切ってこう言いました。

「すみません、私は景色が見たいので窓際の席がいいです」

そして、18Fの席につきました。


なんといいますか・・・

このフランス人カップルの『常識』に呆れてしまいました。

だって、こういうふうに隣同士で座りたい人のために
追加料金を払って座席指定ができるようになっているのです。

それをしなかったのは自分たちの選択なのに
ちゃっかり隣同士の席に座って平然としていました。


しかも、自分の席が空いてないからと、
さっさと隣の席に座ってしまうフランス人女性。

18Fの人が困るだろう、とか
そういったことは思わないのでしょうか?
不思議です・・・



前に、謝らないフランス人のことを書きましたが、
(こちらです → http://yewtree.seesaa.net/article/445296398.html

『フランス人は謝らない』と言うよりも
『フランス人は自分のことしか考えていない』
と言い直したほうがいいのかもしれませんね・・・

飛行機の座席など些細なこと、
と思っているだけかもしれませんが、
やはり日本人の感覚とは相当のズレがあるようです。

そうして、自己主張して(?)、
どうにか確保できた窓際の席から見た景色です。

7C46280E-7039-4E3A-BA89-FD22093D3B27.JPG

ちょうど夜明けに差し掛かり、
刻々と色が移り変わる朝焼けが鮮やかで、
夜が明けきるまで、目が離せませんでした。

そして・・・
薄いピンクとグレーと藍色が入り混じった空を見ながら
やっぱり席を譲らなくて良かった、と思いました。



家を出てからいろいろとありましたが、
ようやく、ニースに着きました。

これからターミナルを移動して、
バスに乗って、Nさんが借りたアパートに向かいます。

"図々しいの? それとも常識の違い?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。