レディ・エマ・ハミルトン

今朝はガーデニングに行こうと思ったら、
雨が降ってきてしまいました。

小雨が降ったりやんだり、
ボヤーっと部屋から外を眺めていました。

テラスのバラは、
ようやく二番花が咲き出しました。

今、6種類のバラが咲いています。

マダム・ポンパドゥール
レディ・エマ・ハミルトン
ボスコベル
ブラザー・カダフェル
フレグラント・デライト
ムンステッドウッド

より取り見取りで嬉しいなぁ・・・

そう思いながら、
キッチンにピンクのマダム・ポンパドゥールを、
ベッドルームには
レディ・エマハミルトンを飾りました。

まるで砂糖細工のような
可愛いバラです。

322F579E-6904-4EA7-9D39-03D7CCA50919.jpeg

レディ・エマ・ハミルトンは実在の人物で、
ネルソン提督の愛人だった女性です。

もともと鍛冶屋の娘で貧しい家の子供でしたが、
その美貌を活かして10代初めのころから
お金持ちの男性たちの愛人になり、
そしてついには貴族夫人にまでなりました。

そして夫の年の離れた夫、
ハミルトン公の公認のもと、
ネルソン提督とも関係を持っていたいたそうです。

ベッドから花のある場所までは
3mくらい離れているのですが、
昼寝をして目覚めたら、
バラの香りが漂っているのが分かりました。

たった1輪だけなのに香りが強く、
バラの香りとともに目覚めるなんて
とても贅沢なことだと思いました。

C597650C-1FDD-4940-AE15-4FDABC47205A.jpeg

貴族の男性方を楽しませるのが
上手だった女性の名前を受け継いでいるだけあって、
見ているだけで気分が明るくなるような
明るいオレンジ色をしています。

日本でも売っていますが → レディ・エマ・ハミルトン
葉っぱも端のほうが赤みがかっていて
全体的に色合いの美しい樹形のバラです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 22:03Comment(3)バラのこと