映画 Cats 評判が悪いみたいです

先日、ロンドン市内で夕方になると無料で配られる
Evening Standard を読んでいたら、
映画「Cats」の評論が載っていました。

4356B642-53FD-4991-BF9C-6D79F34A8D0D.jpeg
かの有名なロングランミュージカルの映画、
しかもロイヤルバレエからも
有名なプリンシパルダンサーたちが出ていて、
封切り前から楽しみにしていたのですが、
5段階評価のうち2つ星でした。

評論内容も、手厳しいものでした。

全身タイツで撮影したダンサーに
CGを施した映像のため、
毛皮や尻尾などの動きが不自然で奇妙だ。

ネコサイズを意識してか、
椅子に飛び乗る様子などもあって、
違和感を感じる。

そんなことばかりで、
良いことが一つも書いてありませんでした。

世界最高峰のダンサーを起用して、
時間とお金をかけて作った映画なのに、
酷い言われようです。

これを読んで、
映画を見に行こうと思っていた気持ちが
失せてしまいました。

評論家の言動が全てとは言いませんが、
今の世の中、マスメディアを味方にしないと
成功するのも難しいのかもしれませんね。