彼氏がいても気にしないそうです

今日、ランチのときに仲の良い同僚と、
ピザを食べに行きました。

621C78F9-5F66-445A-A4CD-EEE851C8CE92.jpeg
そして、そのピザ屋さんで、
「好きな人がいたら、どうするか?」という話をしました。

一体どんな流れでそんな話になったのか、
はっきりとは覚えていないのですが、
そのときの彼女の発言に驚きました。

彼女の意見は、こんな感じでした。

「この年(彼女は30台半ばです)になると、
好きになれる人で、
しかも独身の人なんて皆無に近い。

だから、結婚していたらアウトだけど、
ただの彼氏・彼女の関係だったら、
当然、『好きだ』と伝える。

だって、そんな人は貴重だもの。

もう、そんな風に思える人とは
二度と巡り会えないかもしれないから、
相手に彼女がいても気にしないし、
そういう人を見つけたら、
躊躇なくアプローチする」

すごいなぁ・・・と思いました。

美人でサッパリした性格の人なので、
とてもモテそうな女性です。

モテる女性だからこそ
言える台詞のような気もしますが、
話している内容には、
ある意味、とても説得力があります。

道徳的にどうかしら?という疑問は残りますが、
確かに、貴重な男性に巡り合えたなら、
そのチャンスを掴みに行こうと思うのは、
当然と言いますか、
自然の成り行きなのかもしれません。


こんな年になると
「好き」という気持ちって、どういうのだったっけ?
とすら思ってしまうくらい、
そんな感情とは無縁の生活を送っているので・・・

そんな意見を聞いても、
「私も、そう思う!」とか、
「いや、それはダメでしょう!」とか、
そういう感情が浮かぶよりも、
「あ~、そうなんだぁ・・・すごいねぇ」と
ただ ただ感心するばかりでした。


今時の人たちって、
こういうサッパリした考え方なのでしょうか。

それとも、彼女が情熱的なのでしょうか。

私のような、恋愛感情の枯渇した人間には、
ちょっとよく分かりませんでした。