レイコック寺院の庭

レイコック寺院の庭は広く、
鬱蒼とした森もあれば、
お花が並んでいるところや温室もありました。

こちらは Brewary(醸造所)として使われていたそうですが、
白いパラソルの向こうで揺れている白い花、
木組みの家の白い壁という統一感があって、
素敵だなと思いました。

こんな家に住めたら、
毎日のガーデニングが楽しくなりそうです。


7E96D3AE-B3A8-471F-98BB-252D6B27EDBD.jpeg

こちらの黄色い花は、
イギリスでは「black eyed susan」と呼んでいますが、
日本語だと「ルドベキア・ヒルタ」と呼ばれているそうです。


503D4D63-D101-44D7-B5D2-674286319D8F.jpeg
Black eyed suzan(黒い瞳のスーザン)
という名前の方が情緒があって、
私はいつも英語名で呼んでいます。

こういう明るい色の花が
一面に咲いている様子を見ると、
なんだか元気が出てきます。


こちらは、Goldenrod という花で、
セイタカアワダチソウの仲間らしいです。

23F4479E-A33B-455A-BB6C-DB2A70240A5D.jpeg
なんだか黄色い海のようで、
花穂が風に揺れている様が、
まるで小波が寄せているように見えました。


こちらは秋の花壇の定番、
Japanese Anemome です。

83EBFFD3-5ADF-484B-8841-6D99D8626744.jpeg

ハチがたくさん飛んでいて、
このハチも、足に黄色い蜜をつけています。


8E973891-9C7D-46ED-BED0-9AB0AFF967AA.jpeg
働き者のことを Busy bee と表現しますが、
まさに面目躍如な働きぶりで、
Busy Bee だらけでした。


こちらは一回り大きなハチですが、
随分のんびりした動きで、
同じハチでも種類が違うと
性質や行動がぜんぜん違うようです。

5CF93DB2-CEE9-46AB-AEA6-E000F929819F.jpeg

温室の一角には、
多肉植物の鉢植えが置かれていました。

1E60AF64-14D4-49A6-BCE8-C9980843A8C7.jpeg
これを見て、なんて賢い花壇なんだ!と
感心しました。

多肉植物は背の低いものが多く、
花壇に植えても平面にしかなりませんが、
こうして高さの違う植木鉢に植えたり、
植木鉢の下に石を置いて高さを出したりすることで、
立体的な花壇になっています。


花壇の横では、猫が睨みをきかせていました。
悪さしないように見張っているのかも?

99DE0E6C-D48A-4967-BB4D-FC57E48C882A.jpeg

久しぶりに森の中を歩きましたが、
緑の香りを胸いっぱいに吸い込むと、
ああ、こういうのを欲していたんだな・・・
と思いました。

コロナウイルスのおかげで、
出不精になってしまいましたし、
外出もおっかなびっくりではありますが、
冬になる前に、少しでも多く
緑に触れる機会を持ちたいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 21:48Comment(6)イギリスの観光地