Highgate Cemetery ハイゲート・セメタリー

今日は、Highgate Cemetary へ行ってきました。

セメタリー、つまりお墓です。

イギリスのお墓には
歴史的な有名人が眠っているところがあり、
このハイゲート・セメタリーは
カール・マルクスが眠っていることで有名です。

ビクトリア時代に教会のお墓がいっぱいになって、
教会の敷地内で埋葬することが難しくなったため、
お墓ガーデンといったコンセプトで、
ガーデンのようなお墓が、
ロンドン市内に8つ作られたそうです。

ハイゲート・セメタリーは、
そのうちの1つで、
8つのうち3番目にオープンしたお墓で、
1839年から現在まで続いています。

東セメタリーと、西セメタリーに分かれており、
西のほうは一般公開されておらず、
東のほうは一般人が入ることができます。

でも、お墓なのですが、有料です。

入場料は4ポンド(約600円)と安くはないのですが、
お墓の維持に1日あたり1500ポンドかかるらしく、
仕方がないのかもしれません。

こちらが東セメタリーの地図で、
紫色のところが舗装されていて、
木と墓石に囲まれた遊歩道になっています。

E2EF3333-09A0-49E7-85B1-F9B1B6A7B6BA.jpeg

舗装されている大通り(?)沿いには、
こんな立派なお墓が並んでいます。

8705F3C3-0E5F-40DE-8364-7CE759F916B0.jpeg

奥のほうにある、
道なき道のほうのお墓は、
墓石が崩れていたりするものもあり、
子孫がお参りしていないのかな?
と思うようなお墓が多かったです。

なかには、こんな彫刻のあるお墓もあり、
きっとお金持ちのお墓なのだと思います。

60F4AABA-C4C6-4F37-91D8-59C495690EE6.jpeg

こちらが、カール・マルクスの墓碑です。

E1632CCD-9949-480E-BD6E-A717126721A5.jpeg
花束と比べていただければ分かると思いますが、
頭の大きさが1.5mくらいあり、
ちょっと大きすぎな気がしました。

これは大通り(?)沿いにあるのですが、
実は、カール・マルクスはここに眠っているわけではなく、
数年前に作られた墓碑です。

実際には、裏道(?)と言いますか、
あぜ道みたいな、道なき道を進んで行ったところにある、
こちらがお墓なのだそうです。

20C2EF00-6201-420D-9D8C-4432B79CD537.jpeg

それにしても、お墓が観光地になるなんて、
イギリスらしいですよね。