お屋敷ステイ

ノーフォークの宿は、
友達が見つけてきたのですが、
大きなお屋敷の一室みたいなところで、
1日だけでしたが、
貴族にでもなったような気分を味わえました。

貸別荘みたいなところで、
お屋敷の一部を一般に貸しているのですが、
広々としたリビングルームには、
高そうな額に入った絵が飾ってあって、
まるで中世のお屋敷のようでした。

IMG_3088_800x600.jpg


部屋ごとに暖炉があって、
暖炉の上には、こんな模型が飾ってありました。

IMG_3090_800x600.jpg

高級な調度で溢れかえっていますが、
博物館のような よそよそしさがなく、
いかにも人が住んでいそうな雰囲気で、
とても居心地の良いお屋敷です。


こちらは、私たちの部屋ではないのですが、
この客室には、
天蓋つきベッドが置いてありました。

IMG_3065_800x600.jpg

私たち以外には
1カップルだけが滞在していたので、
4部屋あるうちの2部屋の鍵が開いていたので、
こっそり空いている部屋に入ってみたのです。

私たちの部屋はクイーンサイズのベッドが2台で、
こういう天蓋はついていませんでしたが、
天井が高くて、広々としていて、
ゴージャスな気分を味わえました。

こちらは、もう1つのお部屋です。

IMG_3059_800x600.jpg

私たちの部屋の角には
小さな本棚がありました。

IMG_3066_800x600.jpg

ごくごく普通に置いてあるので、
何気なく手に取って、
本を開いてみたら・・・

IMG_3069_800x600.jpg

なんと、18世紀(1793年)に
フランスで出版された本でした!

本物のアンティークです。

博物館に置いてあっても
おかしくないような年代物です!

驚いて、手垢がこれ以上憑かないようにと思い、
すぐに本棚に戻しました。

古い本は、壊しでもしたら大変なので、
もう少し新しそうな本を開いてみたら、
それは切手帳でした。

いつの時代のものか分かりませんが、
なんと、0.5ペンス(切手のペンス)本物が挟んでありました。

IMG_3064_800x600.jpg

今時、0.5ペンスなんていう単位はないので、
一緒に行った友達も驚いていました。

「こんな無造作に置いてあるけど、
これも、コレクターズ・アイテムだよね?」

「うん、宿泊客が盗っていったりしないのかな?」

そんな話をしながら、
そっと切手帳をもとのところに戻しておきました。

なんだか、何もかもが
私の常識を覆すような宿でした。


そして、私たちの部屋にある窓からは、
こんな景色が広がっていました。

IMG_3073_800x600.jpg

夕暮れ時なので分かりずらいのですが、
地平線の先には海が広がっています。

「あの辺りに、
見損ねたアザラシがいるんだろうね」

そんなことを話しながら、
暮れなずむ空を眺めつつ、
お茶を飲んでいました。

他愛のないことを話しながら、
広がる緑と夕陽を眺めていたら、
先週までの仕事三昧で
狂気じみた数日が、
遠い昔のことのように、
気持ちの奥にスーッと消えていくような気がしました。

前々から予定していた旅行ですが、
今のタイミングで来れて、良かったです。

こうして英気を養うことができたので、
来週から、また頑張れそうです。