またテニス肘になりました

ここ数か月のブログは
私の体調不良のことばかり書いているような気がして、
またこんなことを書くのは気が引けるのですが、
実は、11月から左腕が痛いのです。

原因は、このときの庭仕事です ↓

前にも右腕を同じように痛めたので、
11月の庭づくりの時は右腕を庇って
左腕を沢山使っていたら、
今度は左腕の肘が痛くなりました。

テニス肘という症状で、
腱鞘炎みたいなものです。

医学的には上腕骨外側上顆炎という病名らしく、
テニス愛好家に生じやすいので
テニス肘と呼ばれているそうです。

手首に負担がかかる動作を継続的に行うことで
肘の腱が炎症を起こしてしまうのです。

安静にしていれば治るそうですが、
日常生活で使わないわけにはいかないので、
なかなか治りません。

もう2年半くらい前になりますが ↓
右腕の痛みがあったときに使っていた
サポーターを使って様子を見ていました。

でも、一向に痛みが引かないので、
また病院に行ってきました。

理学療法士の治療を受けるためには、
まずは診療所へ行って、
紹介状を貰って来る必要があります。

でも、イギリスの公的医療制度に頼ると
理学療法士に見てもらうまでに
何か月もかかってしまうので、
プライベートでかけている保険を利用して、
私立病院へ行くことにしました。

今日、診療所へ行ってきたのですが、
即効性があるからということで、
お医者さんからステロイド注射を勧められました。

蕁麻疹のときにもステロイドを使っていたので、
ちょっと気が進まないのですが、
痛みが引くなら…と思って、
とりあえずステロイド注射を受けるための紹介状を
貰って来ました。

紹介状を見てみたら、
なんとRheumatologist(リウマチ科専門医)宛でした。

リウマチ科にかかるような年なのか・・・と
ちょっと暗くなってしまいましたが、
まぁ、実際にアラフィフはそういう年齢なので、
仕方ないですよね。


今日は、同僚からこちらのお菓子を貰いました。

375F8CFD-D707-4717-8958-B70F6723DB6F.jpeg

ロンドンに支店がある、
源吉兆庵の抹茶煎餅(クッキー?)です。
99B434AA-BA16-447D-A6E2-75F1F8BAF027.jpeg

サクッとした歯触りや甘さ控えめなところが
やっぱり日本のお菓子だなぁ・・・と思いました。