ロンドンの中心にあるローマ時代の遺跡

今週の月曜日は、イギリスの祝日でしたが、
バラのお世話以外に特にすることもない私は、
ジムへ行きました。

すると、そこでジム友にこう言われました。

「このすぐ近くに、
ローマ帝国時代の遺跡があるのを知ってる?」

ロンドンのシティ、
日本でいえば大手町みたいなところに
ローマ帝国時代の遺跡が?と思って詳しく聞いてみたら、
「じゃ、今日これから一緒に行こうか?」と言われました。

普段はオンラインで予約をしないと入れないそうですが、
祝日のオフィス街ということもあり、
予約せずに行っても、すんなり入れました。

説明書きを読んだところによると、
この土地を買い取った大きな保険会社が、
自社ビルを建てようと地下を掘ったら、
ローマ帝国時代の遺跡が出てきたそうです。

ロンドン市にそのことを報告すると、
2つの選択肢が提示されたそうです。

1つ目は、建設を諦めて、
その場所をロンドン市に売ること。

もう1つは、そのまま建設を続ける代わりに、
その遺跡を無料で一般公開すること。

いずれにせよ、古い遺跡を残し、
人類全体の財産として公開する道です。

保険会社は後者を選び、
建設計画を一部変更して、
ローマ帝国時代の遺跡を一般公開するべく、
博物館 兼 オフィスビルを建設したそうです。

ピカピカの新築ビルの入口に
発掘時に出てきた遺物が沢山飾られていました。

こんなサンダルもあったりして、
2000年経っても形状を残していることに驚きました。

6DBD4C7C-A0AD-4575-BDA2-7BB52EBAF4F6.jpeg

遺跡はそれほど大きくはありませんでしたが、
とても工夫が凝らされていました。

こんな感じで照明が落とされたかと思うと、
各所にスポットライトをあてながら、
当時の様子を詳細に描写するナレーションが流れるのです。

4D1F1E96-E805-4391-910A-942613939C9C.jpeg
ドラマチックな演出で、
まるで何かのショーを見ているような気分になりました。

ナレーションによると、
ここはミトラス神殿と呼ばれる場所だったそうです。

ミトラス神を奉じる人々は男性だけで、
この神殿も、当時は女人禁制だったそうです。

女性の身としては、
なんだか不公平な気もしますが、
当時の政治などは男性だけが動かしていたことを考えると
今でいう、Gentlemens Club のような、
富裕層を対象とした、
会員制のクラブのようなものだったのかもしれません。

72CDC836-04F1-4C6D-8710-ED2BAF8A88E8.jpeg

ロンドンは古い町ですが、
2000年前に、この地に人々が住んでいて
悲喜こもごもな人生を送っていたのだと思うと、
なんだか不思議な気分になります。

このロンドンという街は、
いったいどれだけの人生を見守ってきたのでしょう。

そして、きっとこれからも
何千人、何万人、何億人?もの人生を
温かく見守っていくのでしょうね。