学校行事 School Fate(スクールフェイト)

パブで寛いだあと、
車を停めていた場所まで歩いていく途中、
掲示板の張り紙が目につきました。

今日、この近くで開催されている
School Fate というイベントの案内でした。

車で5分くらいの近いところにあるようだったので、
友達と一緒に行ってみることにしました。

私は知らなかったのですが、
School Fate というのは、
学校の資金集めのためのバザーのようなもので、
手作りのお菓子やクラフトなどを持ち寄って、
親たちが販売するイベントなのだそうです。

子供たちが写ってしまうので、
会場の写真は撮れませんでしたが、
大きめの教室にテーブルが並んでいて、
各テーブルで様々なものを売っていました。

その中で、私が買ったのはこちらです。

8FE5C197-6BD7-4924-A126-2C4DD35EF956.jpeg
なんと、トナカイブラウニーです!

ラッピングも凝っていて、とても可愛いうえに、
なんと1つ50ペンス(約70円)でした。

会社のあるビルの1階にあるコーヒー屋さんだったら
ブラウニー1つで、2.90ポンド(約500円)くらいします。

これは格安!と思い、
5つだけ残っていたトナカイたちを
全部買い占めてきました。

買い占めても2.50ポンド、
普通のブラウニーの1個分以下でした。

このトナカイブラウニーは、
会社で仲良くしている同僚や、
ジムで知り合った友達にあげるつもりです。

私も1つ食べてみましたが、
フワフワと軽めのブラウニーで、
日本人の口に合いそうな、
甘さ控えめのスイーツでした。

それにしても、こういうラッピングの発想って、
どこから出てくるのでしょうね?

お母さんがブラウニーを焼いて、
子供たちがキャーキャー言いながら
目玉や鼻を貼り付けているさまを想像すると
なんだかほっこりした気分になります。

ブラウニーを買った後、

School Fate の定番の Tombola (トンボーラ)をしてきました。

55D0E78E-D1A6-4C89-B6AF-86FECE231A9D.jpeg
これも私は知らなかったのですが、
こういう School Fate では定番になっているもので、
たとえば1ポンドで3枚のチケットを買います。

チケットは日本の富くじみたいに、
見えない箱に入っているものから、3枚選びます。

そのチケットには番号がついていて、
テーブルの上にある商品についている番号と
同じ番号を引いたら、
その品物が貰える仕組みになっています。

私はドリンクのTombola をしましたが、
他にもお菓子の Tombola もありました。

そして、私はジュースが1本当たりました。

ジュース自体は1ポンドもしないので
損をした形にはなりますが、
それでも一部が学校の運営資金になると思うと、
寄付をしたような気分になるので、満足です。

F8BF1DD4-8877-40CE-81B2-809252660138.jpeg
会場は決して広くはないのですが、
結構な人が集まっていて、
品物を提供して協力する親御さんだけでなく、
買い物をして協力する親御さんもいて、
なんだか地域の強い繋がりを感じました。


お屋敷に入れなかったときは、
写真を撮る余裕もないほど落ち込みましたが・・・ ↓

結果として、美味しいお料理を食べて、
素敵な空間でのひとときを過ごし、
そして School Fate で、
子供のいない私には無縁な
イギリスの学校の一部を垣間見ることができ、
さらには、美味しくて可愛い、
トナカイブラウニーも買えました。

なんだかんだと盛りだくさんで、
楽しいことも沢山あった1日になりました。

これも、嫌な顔ひとつせずに、
パブへ行くよう提案してくれた友達のおかげです。