Student Syndrome 学生症候群

今日勉強したことなのですけれど、
ちょっと不思議に思ったことがありました。

効率の良い仕事の流れについての話で
上手く説明できるか分かりませんが、
こんな感じのことです。

こんなふうに、タスクAが終わると、
Aの成果を使ってタスクBという仕事を開始できます。

タスクBが終わると、それらの成果を使って
タスクCという仕事に着手でき、
全部の仕事が10日後に終わる、という仕事です。1.PNG



これについての説明を読んでいた時、
「Student Syndrome」という言葉を知ったのです。

タスクAを例にとって書きますと、
この赤・青・緑の線が
作業スタッフの「仕事に対する頑張り度」です。

2.PNG

一般的な人は緑色で、
スタートはのろのろとして、
最後が近づくと焦って頑張って、
締め切りに間に合うことが分かるとスローダウンして、
予定通り3日後に終わる。

典型的な学生は青色で、
スタートはのろのろして、
嫌なことを後回しにして、
最終的に締め切りを守れない。

これを Student Syndrome と呼ぶらしく、
しかも、このStudent Syndrome に陥る人が、
世の中にはなんと10%もいるそうです。

私の信条としては赤色で、
嫌なことや義務はさっさと片づけたいので、
最初から頑張って、早めに終わらせて、
残った時間は見直しなどに使います。

さっき勉強したことは、
AからCまでの一連の仕事について
計画を立てるときは、
この Student Syndrome も考慮して
考えたほうがいいという内容でした。

たしかにAとBとCで1日づつ遅れたら、
10日で終わるはずが13日もかかります。

その逆に、私のペースで進めたら、
見直しをせずに次の仕事に着手した場合、
10日かかるはずが、もっと早く終わります。

要するに、あらかじめ1つ1つのタスクに
バッファをもって計画を立てると、
仮に、頑張れば2日で終わるものだとしても
人というものはギリギリまで時間を使うもので、
しかも10人に1人は締め切りを守らないから、
注意が必要だということらしいです。

そのため、AとBには最低限の期間を割り振り、
バッファはCの後(最後)に設けるべきだ、
という考え方です。

私にとっては仕事を締め切り通りに行うのはもちろん、
できるだけ早く終わらせるのは常識で、
しかも遅れる人がいるなんて
許されないことだと思っていたので、
びっくりしました。

これって適当な人の多いイギリスだから
10%も締め切り破りがいるのか
それとも私がきっちり考えすぎなのか・・・

ちょっと悩んでしまいました。

でも、これを読んで納得もしました。

うちの会社、
10%どころか30%くらいは
確実に Student Syndrome です。

面倒なタスクの場合は、
おそらく70%が Student Syndrome になります。

こんな風に理論的に仕事ぶりを分析されたら、
「だから、仕事でストレスが溜まるのか・・・」
と妙に納得してしまったのです。

学生の頃から締め切り破りに慣れていたら、
社会人になってもそれが許されると思っているのも
当然だよなぁ・・と思ったのです。

日本の Student Syndrome 率は
どのくらいなのでしょうかね?

締め切り破りが10人に1人もいるとは
思えないのですが・・・