フランスのシュークリーム

昨日のお昼くらいのフライトで、
フランスのエクスアンプロバンスに来ました。

飛行機で2時間なのですが、
機内で異常に身体が熱くなって、
気がついたら、
大量の汗をかいていました。

セーターの下に着ていたシャツが
驚くほどびっしょりになっていたので、
空港に着いたらトイレで着替えたくらいです。

でも、そのおかげで体が軽くなった気がしました。

マルセイユの空港からエクスまでは、
バスで40分くらいでした。

そこから歩いて宿に行きましたが、
こじんまりとした旧市街の中心にあるので、
どこへ行くのも便利でした。

Nさんを通じて知り合ったTさんが
私が泊まっている場所まで来てくれて、
そのあとで一緒に夕食に出かけました。

Tさんのことは、この辺に書いています ↓

実は、Tさんは、こんなにたくさん
プチシューを買ってきてくれました。

この時に買った ↓
チョコのお礼とのことで、
他にもマドレーヌとかカヌレとか、
沢山のお菓子をくれました。

IMG_9776_800x600.jpg

一人じゃ食べきれないくらいあったので、
夕食へ行く前に部屋でお茶を飲みながら、
ほどよい甘さと軽いシューをお茶うけに、
とりとめのないおしゃべりをしました。

上手く言えないのですが、
最近、仕事で頭がおかしくなりそうだったので、
仕事や職場のこと以外の、
たわいのない話ができるのが新鮮で、
とても楽しかったです。

「気分転換」という言葉は、
こういうことを言うんだな、と思いつつ、
気持ちも軽くなったような気がしました。

このシュークリーム、
甘さが控えめなだけでなく、
たとえば栗カスタード(モンブラン?(とか、
チョコレート味のカスタードとか、
ひとつひとつが凝っているのです。

やっぱりフランス菓子は素敵ですね。

甘いものが大好きなので嬉しかったものの、
かえって申し訳なく思ってしまうくらい、
沢山いただいてしまいました。


レストランへ向かう前に、
クリスマスマーケットに立ち寄りました。

白いトンガリ屋根の小屋が可愛らしくて、
黄昏時の物憂い空の下、
Tさんと一緒にお店を見て回っていました。

IMG_9828_800x600.jpg


マーケットでは何も買わなかったのですが、
向かい側にある薬局で、
化粧品を2つ買ってしまいました。

というのも、1年前に会ったときよりも
Tさんのお肌が白く、
透明感が増しているように見えたので、
「どうしたのですか?」と聞いたのです。

何でもエクスアンプロバンス周辺の
天然水を使って作られた化粧品を使いだしてから、
お肌の荒れが収まったそうです。

この基礎化粧品は、
あまりの肌荒れに困って病院に行ったら、
お医者さんが勧めてくれたものだそうです。

最近、眉間のシワと肌のクスミが気になっていたので、
思い切って買ってみたのです。

実は、普段は50mlで1000円もしないような
安売りのクリームを使っていて、
高いクリームなどを使ったことがないので、
買うかどうか、ちょっと躊躇しました。

でも、最近の自分が気持ち的にもお肌的にも
荒んでいるなぁ・・・という実感があったので、
自分の手入れと言いますか、
自分をメンテナンスするために投資しよう!
と思ったのです。

これで少しはお肌の調子が良くなったら、
気持ちが明るくなるかな?などと
淡い期待を抱いています(苦笑)