少し早めの誕生日プレゼント ファイロファックス

私は12月が誕生日なのですが、
自分へのプレゼントを買うことにしました。

実は、去年の誕生日は、
好物のケーキをホールで買ってきて、
大人食いに挑戦しました ↓

それはそれで美味しかったのですが、
さすがにホールを1人で食べるのは無謀だったようで、
そのケーキに飽きてしまい、
さらに、こう思ったのです。

すごく美味しくて、
幸せな気分を味わったけれど、
結局、何も残らなかったな・・・

というわけで、
今年は何か残るもの、
長い間使えるものを買おう!
と思っていたのです。

そこで、いろいろと考えた末に、
こちらを買いました。


7E5D2EAB-2F27-4821-B0DB-45EFAB0ECCEA.jpeg

Filofax のシステム手帳です!


64446F2D-FFE5-4244-873C-BCD1B9011559.jpeg

システム手帳のことを、
英語で Organiser(オーガナイザー)と呼ぶのですが、
filofax(ファイロファックス)社はイギリスの会社で、
聖書サイズのオーガナイザーを
世界で最初に作った会社だそうです。

今の私は、
田舎の家を Air B&B で貸し出しているので、
そちらの管理用の手帳カレンダーと、
自分の予定管理用の手帳の2つを携帯しています。

2つの手帳を
1つにまとめられたほうが便利かな?と思い、
システム手帳を探していたのですが、
イギリス製で長持ちしそうなものを探していたのです。

革製なので重たいのですが、
とても手触りの良い手帳です。

正規の値段が57ポンド(約1万円)でしたが、
イギリスの Amazon で
47ポンド(約8千円)で売っていたので、
少し贅沢かな?と思いつつ、
思い切って買うことにしました。

とはいえ、去年、
大人食いしたホールケーキが35ポンドだったので、
10ポンドちょっとの追加料金で、
長年愛用できるものが手に入ったわけです。

美味しいけれど身体に良くないスイーツよりも、
少し高めだけど、
ちゃんと使えるものを買うことができて、
良かったです。

日本でも買えるようですが、
輸入品になるせいか、
イギリスよりも高いみたいです → ファイロファックス

手にずっしりとくる手帳なので、
馴染むまでには少し時間がかかるかもしれませんが、
この手帳が、沢山の楽しい予定で埋まるよう、
頑張ろうと思います。