友達の弟さんがコロナウイルスで亡くなりました

先週は3日もブログを開けてしまい、
皆さんへのコメントに返信する気力もなく、
家から一歩も出ずにいました。

実は、仲の良い友達の弟さんが、
コロナウイルスで亡くなってしまったことを知り、
落ち込んでいたのです。

友達の兄弟なので、
言ってみれば『赤の他人』なのですが、
彼女にとっては自慢の弟さんだったようで、
よく弟さんの話を聞いていたのと、
その亡くなった方の職業が職業なだけに、
やるせない気持ちになってしまったのです。

その弟さん、
私が住んでいるエリアを管轄している
消防士さんだったのです。

直接会ったことはありませんが、
弟さんのことが話題になるたびに
私の地域の安全を守ってくれていることに
感謝していました。

消防士さんといっても火事の消火だけでなく、
家庭内での暴力沙汰の仲裁とか、
下水に落ちたカルガモの親子を助けたりとか、
『何でも屋さん』というほどではないまでも、
私たちの身近な出来事で、
警察が出るほどでもないことの大半が
消防士さんたちに回ってくるそうです。

下水口に落ちたカルガモの親子を助けたけれど、
まだ鳴き声が地下から聞こえるからと、
周辺の下水溝を探しまわって、
ようやく最後のヒナを見つけた話を聞いたときには
優しい人たちなんだなって思いました。

だって、ほとんどのカルガモを助けたのだから
ヒナ1羽くらい・・・と思っても仕方ないのに、
諦めずに助けようとしていることに
人だけでなく、
動物の命も大事にできる人なのだと思ったのです。

その方はまだ35歳で、
3月中旬にロックダウンになった後も
消防士の仕事を続けていたそうです。

感染のリスクを負いながら、
求められれば地元の家庭を訪問し、
人々を助けていたのです。

でも、3月末にコロナウイルスを発症して、
4月の初めに亡くなったそうです。

彼女は、私にとっては仲の良い友達で、
週に1度は電話で話していたのに、
何も教えてくれなかったことを少し寂しく思いましたが、
人に言えるようになるまで時間を要したのだと思います。

言われてみれば、
4月初めに携帯にメールしたら
「ちょっと落ち込んでいて、時間が欲しいの。
また今度返事するね」みたいな返信が来ていました。

どうしたんだろう?と心配していましたが、
「なにがあったの?」と突っ込める勇気もなく、
数日おきにガーデンで咲いている花の写真とともに
「今日は、このバラがキレイでした」みたいな
意味のないメールを送っていました。

5月中旬くらいには元気になって、
また普通に電話しあうようになって
楽しく会話していたのですが、
そんなことがあったとは知らず・・・・

先々週の末に、公園で友達と会って、
その時に直接話を聞きました。

彼女は「電話じゃなくて、直接会って話したかった」と、
結局、私が知ったのは
弟さんの死から2カ月も経った頃でした。

でも、知っていたとしても
ロックダウンの最中だったので、
私にできることは限られています。

だから、知っていても、
いえ、知っていたら余計に
自分の無力さを感じたかもしれません。

何と声を掛けたら良いのか分からず、
でも、ルールで2m以上近づいてはいけないので、
肩を抱いて慰めることもできず、
彼女と年老いたご両親のことを思うと
涙が出てきました。

コロナウイルスがなんだ!と思って
彼女に近づいて手を取ろうとしましたが、
「来ちゃ、ダメ!」と言われました。

「大切な人が亡くなったからこそ、
その危険性を良く知っているし、
もうこれ以上、大切な人を失いたくないから」

そう言って、
かたくなに私と距離を取っていました。

私が泣いてどうする!と思って、
頑張って涙を止めましたが、
そのときは「大変だったね」としか
言うことができませんでした。

心なしか白髪が増えたような気がする顔を見ながら、
彼女がポツリポツリと話す言葉を
ただ黙って聞くことしかできませんでした。


イギリスでは、
コロナウイルスで4万人以上亡くなっていますが、
私の身近では初めて聞きました。

初めてだからショックというのもありますが、
『なんで良い人が亡くなるんだろう?』
という怒りにも似た気持ちが消えないのです。

命に貴賎はないのかもしれませんが、
明らかに、自分の命を危険にさらしながら、
火事などという私なら裸足で逃げ出すような状況で
人の命を助けていた人が命を失い、
働く気もなく泥棒を働くような人が生きている。

そんな状況に、不条理を感じたのです。

家の近所の公園では、
最近、若い男性グルーブが
強盗を働いた事件が報告されています。

広い公園の人目につかないところで
起きた事件だそうです。

そんな人たちが警察にも捕まらず
のうのうと生きているのに、
これまでも、そしてこれからも人の命を助けるはずの人が
どうして早死にしてしまうのでしょうか。

その亡くなった方の奥さんは感染していなかったそうなので、
感染したのは、おそらく職場です。

人助けをしているときに、
感染したと思われるのです。

まだ若くて、
これからも多くの人たちを助けるはずの人でした。

この方は、亡くなってはいけなかった人だと思います。

『良いことをしていれば、報われる』

そんな信心って、
考えてみれば何の根拠もないんだよな・・・

そんな風に考えたら、
地道に生きているのがバカらしくなりました。

自分勝手に生きている人が命を長らえ、
献身している人が命を失う。

そんなことがあってはならないと思うのですが、
それが現実なんだと、
目の前に突き付けられたような気がしました。


数日間、落ち込んで、考え込んで、
なんとか浮上してきましたが、
それでも、この不条理感が拭えません。

世の中が不平等なのは知っていましたが、
『報われる』ことのない献身や努力もあるんだと思うと、
なんとも苦しい気持ちになります。

頑張った人が全員報われる。

残念ですが、そんなことは夢物語なのでしょうね。


4C1CBD48-01C5-489A-8D77-19D5B36B4222.jpeg
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 23:05Comment(18)考えたこと