サッカーギャンブルで勝つ方程式

一昨日の夕方、
LSE(London Study of Economic)の
ウェブセミナーに参加しました。

これまでもたまにLSEへ行って
無料のセミナーを聴講していたのですが、
講堂の座席は先着順なうえ、
ドタキャンを見込んで多めに参加者を受け付けているので
いつも30分以上前に行って、
講堂の入口に並んでいました。

でも、今は自宅から
インターネットで気軽に参加できるので
最近は面白そうなトピックのときは
参加して講義を聞いています。

ときどき眠ってしまうこともあったりして
正直に白状しますと、
一昨日も少しウトウトしてしまいました(苦笑)

一昨日の講義は著名な数学者による
「The Ten Equations That Rule The World And How You Can Use Them Too」
『世界を制する10の方程式とその使い方』
という題名の講義でした。

10の方程式のうちいくつかを紹介していて、
そのうちの1つはGoogleの分析方程式でした。

たとえば You Tube を見ると、
右側に「おすすめ動画」が表示されますよね?

そのおすすめ動画を選出するまでの
アルゴリズムについての計算式です。

この画面の右上にある
横向きの「あみだくじ」みたいなものがそれで、
「YouTube」という文字の下の方程式で表わされるそうです。

1.PNG

数学に縁がなかった私は、
この方程式の読み方さえ分かりません(汗)

世の中ってすごいなぁ・・・と思いつつ、
ここで眠気が襲ってきました(苦笑)

その後、サッカーの勝敗に賭けるギャンブルで、
必勝方程式を研究している若者2名の話が出てきたので、
少し眠気が覚めてきました。


5.PNG

この画面にも書いてありますが、
ジャンとマリウスという若者2人組が
ある方程式にのっとって、
サッカーの勝敗に自動的に賭けるアプリ(Bot)を作って、
賭けを続けていたら、
83万8千ユーロ分勝ったそうです。

上の写真は賭けで儲けたお金で遊びに行った
外国の写真らしいです。

でも、10万回以上1ユーロを賭けた結果なので、
賭け1回あたりの利益率に換算すると
1%未満なのだそうです。

それは必勝の方程式と言えるのか、
言えないのか・・・・

ちなみに、その方程式はこちらだそうです。

equiation.PNG

方程式の解き方すら分かりません(汗)

自己資金が潤沢にあるならば、
方程式が導き出す答えに従ってかけ続ければ
「いつかは勝つ」ということなのでしょうが、
それでも利益率が1%未満ということは、
どこかの定期預金に預けていたほうが良いかもしれません。

数学者の人たちって難しいことを考えていそうですが、
こういう俗っぽいことも大真面目に研究してるんですね。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^-^)/

    数学者の人は物事を全部、計算で考えるのかな?途中で寝てしまうね(-o-;)色んなのがあるのね。・・・またね。
    2020年11月05日 19:00
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    私もよく分かりません、というか頭の良い人は別世界に生きているというか、きっと同じものを見ても私とは違う捉えかたをするんだろうなって思いました。
    2020年11月06日 07:40