ボランティア先でリストラがありました

ロックダウンになってから、
ボランティア先がずっと閉まっていたのですが、
とうとう社員を大幅にリストラして、
しばらく業務を停止することになったそうです。

いつものガーデンではなくて、
毎週末3時間ずつ手伝っていた
地元の小さな博物館みたいなところです。

もともと常駐スタッフが3人しかいない状態で、
2人がリストラされることになったそうです。

残った1人はその博物館に住み込みで
庭や家の手入れをしている人なので
リストラするわけにもいかなかったのかもしれません。

ボランティア先では、
ロックダウンになってからはファーローと呼ばれる、
雇用者が社員をクビにせずに済むために、
政府が給料の80%を肩代わりしてくれるという
補助を受けていたので、
今まで解雇を免れていたようです。

このファーローというスキームは、
9月から政府の負担が0%になるはずだったものが、
国民からの強い反対にあって、
9月末まで延長することになりました。

10月以降も政府の負担が半分くらいになりますが、
継続している補助ですが、
雇用者の負担分が増えることになりました。

しかも、今後は政府の補助金を
ゼロにする方向で進んでいるようです。

補助金と言っても国が借金を続けて、
国民の給料を肩代わりしていたわけなので、
いつまでも続くはずがないと思ってはいたものの
ファーローが打ち切りになって(減額されて)
経営が立ち行かなくなって
解雇される人たちを目の当たりにするのは
ショックでした。

誰もが自分のことで精いっぱいで、
政府だってこれからBrexitもあるわけで、
仕方がないということは分かっているのですが、
残念で仕方がありません。

なし崩し的にロックダウンになり、
きちんとお礼やお別れを言う機会がないまま
スタッフの方がリストラされてしまって
もう二度と会うことがないと思うと、
無性に寂しくなります。

気分を上げようと思って
ついついスイーツを買ってしまいましたが・・・

7D545EBA-B0C6-4650-9242-9F7299DE7383.jpeg

以前ならペロリと平らげていたところですが、
ずっと甘いものを食べてなかったせいか、
昔ほど心躍るような気持にはなれませんでした。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    これからリストラが、どんどん増えていくんでしょうね?税金でしてる事は、いつまでも出来ないしね。顔を会わしていた人と、会えなくなるのは寂しいですね。
    落ち込んでばかりでも駄目だしね、今は出来る事をやりながらいきましょうね。
    イチイさんの生活を守る事が一番ですよ、そのための心ずもりもしとかないとね。

    イギリスも朝晩は冷えるでしょう、身体を壊さないようにね。・・・またね。
    2020年10月16日 12:04
  • 大夫の監

    今晩は。わたくしとしてはイチイ様がリストラされる事は無いと思います。
    何故かというと、
    イギリスが離脱するにしても、離脱を中止するとしても、東洋と商売をしたい筈です。

    そうなると、イチイ様のデリケートな言語感覚が生きると思いますから。せっかくの有能な人材を手放す筈が無いと思います。

    もしリストラされたとしても、雇ってくれる会社はあると思います。
    ただ、やっぱりご負担となっているのはご実家で。
    違約金を払ってでも、売り払う事はできませんですか?

    なんとなく、イチイ様のご文章に、死を暗示するような言葉がありますよね。わたくしの気のせいでしょうか?
    でしたら、せっかく手に入れた夢の結晶であろうと、ご実家を手放して。

    イギリスの職業訓練校とか、放送大学を利用して。資格を取得した方が、良いと、思います。足場を固めてから、定収入を得て。

    イチイ様はきっと心身ともにお若いのだと思いますが。
    今から肉体労働に就かれる事は、きついのではないでしょうか。
    やっぱりイチイ様にふさわしい知性的な仕事が良いと思うんです。
    2020年10月16日 20:46
  • アラフィフの派遣

    むずかしいですね。
    元気にしてなきゃいけないとは思うんですんけど、そんな時に気分を上げる方法って…
    筋トレのほうが、まだいいかもしれないですね。
    2020年10月16日 21:40
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    イギリスは結構寒くなっていて、どうしても我慢ができないときはヒーターを付けて、それ以外は家の中でダウンのロングコートを着てマフラーをしています。
    ファーローがなくなったら、またリストラされる人が増えると思います。私も頑張ります。キャンセル料をゴネてきたお客さんへの返信を書いているときに、改めて自分は天涯孤独で、万が一のときに経済的に支えてくれる人がいないことを再認識してしました。生きていくのは辛いけれど、がんばれるところまでは頑張ろうと思います。
    2020年10月17日 05:58
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    リストラされないと良いのですが、そうなったときにもどうにかなるよういろいろと考えようと思います。今、実は資格の勉強を始めたのですが、難しすぎて…… 老眼もあってテキストを読むだけでも一苦労です。でも、何もしていないよりはマシだと思って、頑張っています。
    実は、実家の営業収支は今年の分に関していえば先月から黒字になりました。やっとマイナスを脱したときには、嬉しかったです。とはいえ、これから冬のシーズンはお客が減るのでまたマイナスになる可能性もありますが…… ようやく頑張って、少しずつ軌道に乗りつつあるので実家を手放すつもりはありません。今手放してしまうと苦労だけを味わって終わりになってしまうので…… でも、ご心配くださって、ありがとうございます。
    2020年10月17日 06:03
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、コメントをありがとうございます。
    私は人見知りなので、緊張せずに話せる人たちがとても少ないのです。ボランティア先の方は、そんな私が気兼ねなく話すことができる数少ない一人だったので、さよならも言えずにお別れするのが悲しいです。このご時世ですが、次の仕事が早く見つかるよう願うしかできないのも悲しいです。
    2020年10月17日 06:06
  • ペンギン

    イギリスもコロナ第二波で経済も中々戻れず、ファーローの人も出ているのですね。アメリカではファーロー(一時解雇)だった人が解雇になっています。私も3月にファーロー、5月に解雇になりました。
    イチイさんはきっと大丈夫。これから寒くなるので風邪をひかない様にね。
    2020年10月17日 10:43
  • イチイ

    ペンギンさん、りがとうございます
    おそらくこれから解雇される人が増えるのではないかと思いますが、これからどうなってしまうのか心配です。正直なところ、私は移民ですが国粋主義になりそうです。ロンドンは移民が多いので、自分を含めた移民がイギリス人の就職のチャンスを奪っているような気がして、肩身が狭いような気がしたのです。とはいえ、クビにされて私の職がイギリス人に取られることになって困るのは自分なのですが・・・
    2020年10月18日 02:52