コロナウイルスが蔓延して当然だと思いました

昨日、お昼時間に少しだけ外に出ました。

外の空気を吸うだけでも…と思ったのですが、
すぐに戻ってきてしまいました。

といいますのも、ちょうど子供たちの
下校時刻に重なっていたのです。

道いっぱいに広がって歩いている集団を見て、
尻尾を巻いて逃げ帰ってきました。


5F2AC466-2F7D-410E-BCA6-EE50B565D5A1.jpeg

この子たちは「まだマシ」といいますか
もっと年齢の低い子供たちは、
ごく普通に集団で手をつないだり、
肩を並べて歩いていました。

マスクをしていない子供もいたりして、
あまりに酷い状況に呆れました。

親の教育が悪いのかしら?と思ったりもしましたが、
もしかすると「感染が怖いから、離れて」なんて言ったら、
友達から仲間外れにされてしまうのかもしれません。

イギリスではコロナウイルスの第二波が来ており、
昨日、また政府のお達しが厳しくなって、
「他人の家へ行ってはいけない」ということになりました。

そして、この様子を見て、
コロナウイルスが蔓延するのも当然だと思いました。

9月7日と9月21日の感染者のパーセンテージを比べると、
このような結果になっています。

17-18歳 7%から9.6%に増加
19-21歳 5.5%から12.9%に増加

感染者そのものは増えていますが、
ほかの年代のパーセンテージは殆ど変わっていません。

子供たちの教育の遅れが深刻になっているため、
学校へ通うことは禁止されていませんが、
子供たちがウイルスを各家庭に持ち帰ったら、
いくら大人たちが感染を防ごうとしても無意味です。

仕方がないとはいえ、
こんな状況だったら、
いくら政府が規制を厳しくしても、
感染の波は収まらないと思います。

子供たちは私が歩いていても、
気にせず真横を通ったり、
私の真後ろで友達と大声で話してしていて、
こちらがいくら気を付けても、
うっかり飛沫感染しそうです。

結局、感染が怖くなって、
早々に帰宅したのでした。

政府が未曽有の大借金を負ってまで
国民の生活を守ろうとしたり、
感染を防ごうとしてくれているのに
何もかもが台無しになっているような気がしてなりません。

この国は医療費が無料だから、
死亡率の低い子供たちは、
感染しても「入院すればいい」くらいに思っているのでしょう。

コロナに感染したら医療費の一部を自己負担、
などということにしたら、
きっと誰もが真剣に感染を防ぐようになると思うのですが、
非人道的なので実現はできないでしょうし、
難しいところですね。

この記事へのコメント

  • アラフィフの派遣

    ほんとだ…『コロナウイルス治療は全額自己負担!』って言うほうが、みんな気を付けるかも。
    …自己負担におこる暴動が先かなあ……
    2020年10月01日 18:27
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    こればっかりは国がらだから仕方ないね。
    なるべく寄らないようにしとかないとね。
    日本も感染者が減らないしね、来年もまだコロナは続くだろうね?きっと。

    体調は大丈夫かな?ご飯はちゃんと食べてね。イギリスも寒くなって来てるかな?風邪とか引かないようにね。・・・またね。
    2020年10月01日 19:33
  • こもれび

    イチイさん、先日は偉そうに提案してごめんなさい。

    イギリスでの新型コロナの感染者数調べてみましたが、また増えているので驚きました。
    そのせいもあって、イギリス政府が統制を厳しくし、部屋貸しは違法になってしまうのですね。
    また、この記事のように意識の低い年代層がいる限り、蔓延は免れないのでしょうか...。
    気持ちが八方塞がりで辛いですよね。

    わたしも別の意味で、気持ちがいっぱいいっぱいな状況にいます。
    職種は福祉にかかわるもので、少なからず接触感染のリスクも伴います。
    人不足ですからリストラの心配はないものの、なかなか思うようにいかないジレンマというか。
    相手のことを気にしすぎたり、深く物事を考えすぎて強いストレスを感じてしまうのです。
    そのせいか、今は聴力に障害がでてしまいました。
    なかなか生きていくというのはたいへんですね。

    アドバイスなどできる立場にはないのですが、平常心を心掛けながら、不安に押しつぶされないように過ごしたいですね。
    資格のことも、自分探しのひとつ、選択肢のひとつになるといいですね。

    イチイさんがイギリスの地で日々奮闘されているということ、わたしには大きな励みになっています。
    ちょっとでも、気持ちが触れ合うことで安らげますように願っていますよ。
    これからの寒さにも気をつけてね(*^^)v
    2020年10月02日 04:13
  • モグラ

    この状況分かりますー!こちらも同じような感じです。難しいですよね、仕事しているとお昼がチャンスですが、日中は人が多くて距離が取れないですよね。かと言って、これから日が短くなると仕事後に外に出てももう暗いですしね。秋、冬、どうやって気分転換しながら過ごせるか考えてしまいます。
    2020年10月03日 02:22
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、コメントをありがとうございます。
    これを見て、いくら子供とはいえなんて無責任なんだと思いました。イギリス政府は、第二次世界大戦直後よりもずっと多くの借金をしながら病院や失業者を支えています。国民の一人として国の負担を少しでも軽くするよう努力すべきだと思うのですが、そう思う人は少ないのかもしれません。
    2020年10月04日 01:49
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    今日、初めて昼間に買い物へ行ったのですが、距離を取らない、マスクをしない人が多くいました。一部の身勝手な人がウイルスをまき散らしているんだなぁと思いました。季節の皮目なので、ミルモさんも気を付けてくださいね。
    2020年10月04日 01:51
  • イチイ

    こもれびさん、ありがとうございます。
    偉そうなんて思っていませんし、私のためにいろいろと考えてくださってうれしかったです。
    私も考えすぎるタイプなので、お気持ちお察しします。体に不調が出るほどとは、さぞかし辛いでしょうね。私は不安に押しつぶされまいと思いつつ、ときに押しつぶされてしまいます。 でも、押しつぶされたままだと生きていくことができないので、歯を食いしばってでも立ち上がらなくてはダメなのかもしれませんね。でも、本当にダメなときは生きていくのが嫌になります。それでも、こうして一人じゃないということを思い出すと、少しでも顔をあげようという気持ちになれます。お互い、少しでも気持ちが楽に生きていけるようになるといいですね。
    2020年10月04日 02:07
  • イチイ

    モグラさん、コメントをありがとうございます。
    日本も気にしていない人は気にしていないのでしょうか。全員がマスクを着用しているイメージですが・・・ そういえば、最近ロンドンに着任してきた日本人スタッフは気にせず毎日のように出社しているようです。人によって感覚が違うとはいえ、極端ですよね。
    2020年10月04日 03:41