高速道路をゆっくり走る

今朝も朝の3時に家を出て、
実家にやってきました。

夏場は日が長いので
5時くらいには空が白んでくるのですが、
今は夜明けが6時くらいなので、
ほぼ全行程、暗闇の中を走っていました。

ロンドンから伸びている高速道路が
長期の工事をしていて、
なんと28マイル(約50km)も
車線が制限されていて、
路肩もないうえに、
時速50マイル制限なのです。

しかも、イギリスの高速道路は、
合流地点などをのぞいて、
街灯がついていません。

イギリス人に言わせると、
余計な光があると見えずらいらしいのですが、
キャッツアイだけを頼りに車線を判別するのは、
慣れるまでは、かなり苦労しました。

イギリスの高速道路は70マイル上限なので
時速50マイルで50kmも走ると
かなりの時間をロスしてしまいます。

とはいえ、日本で生まれ育った私にとっては
50−60マイルというのは約100kmなので、
日本の高速道路の
時速100km制限に慣れている私には
ストレスを感じることなく走れてよかったです。

本島は、いつも高速では
60マイルくらいで走りたいのですが、
それってかなり遅い速度なので、
パッシングされたり、
トラックに嫌がらせされたりします。

そのため、大手を振って
ゆっくり走れるのは有難いです。

また、燃料計の目盛りの減りが少ないので、
車の燃費も少しだけ良いみたいです。

IMG_9776_800x600.jpg

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    高速道路にそこしか街頭が無いのは驚きです。国が違うと考え方も違うね、暗いと見にくいだろうにね。イギリスも日本と同じで、煽り運転する人が多いかな?
    無事帰れたなら良かった。

    のんびり過ごしてね。・・・またね。


    2020年09月08日 17:10
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    またしても働きづめの滞在でしたが、あの地に行くだけげで元気になります。人って、やっぱり籠りっぱなしだと体と心によくないんだなって思いました。
    高速道路で煽ってくる車は少なくて、普通の車に煽られたことはありません。ロンドン市内だったらタクシーに一度だけ煽られたことがあります。高速だとそれよりも頻度が多い気がしますが、すべてトラックです。たぶん重量のあるトラックは簡単に私の車を追い越すことができないから、左車線でゆっくり走っている私にイラつくのだと思います。
    高速道路の街灯、私も驚き蒔ましたし、かえって危険なんじゃないかと思いました。いくら夜目がきくといっても、故障で立ち往生したときとか事故が起きた時に真っ暗闇だったら、他の車が気づかずに突っ込んでしまう可能性があるのではないかと思ったのです。正直なところ、高速道路は無料なので、結局のところ電気代削減のためではないかと思ったりもしました。
    2020年09月10日 17:42