花を手折る人

イギリスではバラが盛りになり、
私も毎朝、枯れたバラの花を切りに行っています。

幸いなことに自宅勤務、
(日本では『テレワーク』と呼ぶようですね)
英語では『Work from Home』と呼びますが、
朝の9時前にリモートアクセスで
パソコンにログインすれば良いので、
朝の7時くらいに家を出てガーデンへ行き、
8時半くらいに帰ってきて
パソコンにログインしています。

土日は2-3時間かけて草むしりしたり、
バラの花切り以外の作業をしています。

これまで毎年バラの手入れをしていましたが、
通勤時間と残業などのために、
これほど頻繁に手伝いに行くことができませんでした。

そして、毎日行くことになって気づいたのですが、
あまりに沢山の人たちがバラの花を手折っていくのです。

ガーデン自体は森の中に小路があるような作りなので、
2mの距離を取ることができず、
ゲートを閉めて立ち入り禁止にしているのですが、
道沿いの柵に添わせているバラが被害にあっています。

こんなふうに、ガーデンの内側の壁ぎわに植えてあるバラの一部が、
外側(道路側)に広がっているのです。

外に向かって伸びた枝は冬のうちに誘引し、
春になって芽が伸びだしたときも
道にはみ出さないようにカットしたり、
スペースが空いているようであれば
若枝は折れやすいので、
折れないように気を付けながら誘引しています。

6EFF3BD6-8CB6-4184-8856-F1B358F9D637.jpeg
でも、朝早くにガーデンに行って、
「ああ、このバラは明日には咲くなぁ」と思って、
翌日の朝に楽しみにしながらガーデンへ行くと、
こんな風に、引きちぎられたように手折られているのです。

079701DC-E5E7-49E9-B9AD-EBB49E3E77D6.jpeg

今は咲いている花が少ないせいで、
バラを手折られたことがとても良く分かるのですが、
毎日2~3輪の花が被害にあっています。

そして、今日行ったら・・・

587C4EBE-3F80-4F98-90E6-20BE1A6D35C8.jpeg

791BEBDF-BFD1-4A6D-8674-F5A44A051003.jpeg

柵に誘引していたバラが多くの蕾を付けた状態のまま
1mくらいの長さで引きちぎられていました。

引きちぎられた箇所は
フェンスの外から中に手を入れないと届かない場所なので、
通りすがりに誰かがぶつかって折れた、
などということはありえません。

おそらく、長めの花枝が欲しくて手折ったものの、
手折った枝の一部が紐で柵に結わえ付けてあったので、
枝を柵から外すことが出来ずに、
諦めて放置して帰ったのだと思います。

冬に誘引したとき、
できるだけ紐が目立たないように
柵の陰に隠れるように紐を結んでいたので、
手折った時には紐などないように見えたのでしょう。

バラの誘引は真冬の寒いときにするのですが、
紐を結ぶときには手袋が使えないので
素手で作業しないといけません。

手をバラのトゲで傷だらけにしながら、
かじかむ手で1本1本ていねいに誘引した、
あの苦労が思い出されてきて、
喉の奥から苦いものが沸き上がってきました。

綺麗なバラを見て、つい手が伸びる、
ということはあるかもしれません。

ほんの数本のバラがなくなるくらいなら
私は目くじら立てませんし、
実際、今日この誘引したバラを折られるまでは
「仕方ないなぁ」と思いつつも
手折られたところから雑菌が入らないよう、
グチャグチャで裂けたような切り口を
ハサミでキレイに切り直していました。

でも、今日は、
もう溜息しか出ませんでした。

この折られた長い枝は、
道行く女性が気づいて「ここ、切れてますよ」と
ガーデンの中で作業している私に教えてくれたのです。

折れた枝を見て
大きなため息をついた私を気の毒に思ったのか、
こう言ってくれました。

「本当に酷いわねぇ。バラも可愛そうに。
『バラを折らないで』という看板を置いたらどうかしら?」

「そうですね。そうしてみます」

と言い、家に帰ってきてから
ボランティアのリーダーに看板を置いてもらうよう
お願いするメールを書いておきました。


それにしても
なんでガーデンのバラを折り取るのでしょうか?

バラなんて、スーパーでも売っていますから
欲しかったら買ってくればいいのに。

このバラが好きだったら、
私に言ってくれれば、
誘引したところではない、
差支えのない間延びした枝をカットしてあげたのに。

実際、これまでに何度か
道行く人に頼まれてバラをあげたことがあります。

自分で育てたいなら、
半年くらい待ってくれたら
挿し木にして増やしてあげたのに。

野生に生えているものならまだしも、
きちんと誘引されて、
手入れされているのが分かる状態のものを
手折っていく神経が理解できません。

折り取った人には些細なことで
「たかがバラ」で、
罪悪感すら感じないのかもしれません。

そんな人たちばかりではないのは分かっていますし、
前に手袋をくれた優しい人もいました ↓

でも、今日のことを考えるとやるせなくなって
行き場のない憤りを持て余しています。

今日のことを思い出すと
バラの手入れをするのがイヤになりそうなので、
良いことだけを思い出しながら
今日はもう寝ようと思います。

この記事へのコメント

  • BlueDal

    これは酷いですね。長い枝ごと取っていこうとするなんて図々しいし、そこまでしようとする人がいるって怖いです。
    「きれい!部屋に飾りたい」という花を愛でる気持ちと、「引きちぎってしまえ」という乱暴さが同居していることに、人間の怖さを感じるというか・・・。
    「わぁ、きれい」と思っても「手入れしている人がいるからだ」とまでは思い至らない・・・苦労して育ててきたイチイさんの無念、ごもっともです。
    看板を置けば「管理している人がいる」とハッキリわかるので、その方がいいと思います。
    2020年05月25日 11:20
  • じゅん

    イチイさんこんにちは。
    ご無沙汰しております。

    イチイさんは外国語を駆使して海外で働いたり不動産を購入したり、それだけでも尊敬しますが、バラを育てる知識や愛情や責任感もあっていつも感心しながら拝見しています。。

    さて今回のこと、残念ですがそういう方いますよね。
    そういった方はイチイさんのような花を育てる知識を全く知らない人なのかなと思います。
    私も全くわかりませんが、綺麗に咲いているバラを引っこ抜く気持ちも起きません。

    知識がない私がこんな事を言うのは恥ずかしいのですが、今でもバラを剪定とかなされるのでしょうか?
    剪定をした際に、もしいい枝があったら、持って行ってもらえるように、手を伸ばして取れる場所に「バラを大事に見ていただいてありがとう。よかったら持って行ってください。」とメッセージをつけて置いておくのはいかがでしょうか?
    乱暴に引きちぎられるよりはいいかなと。
    もうやってたらごめんなさい。

    私もイチイさんと同じでバラを愛でたければ買えばいいと思います。
    ですが、世の中にはお金のある無し関係なく自分のお金をなるべく使わないことに固執してる人がいるんですよね。
    実は身近にも何人かいて、その考え方に辟易する事があります。
    2020年05月25日 16:22
  • ココレイコ

    イチイさん、おはようございます。
    折られてしまった薔薇は、とても可哀想でしたね。花を愛でる気持ちから手が伸びて、その枝を破壊するという行為は、植物を育てたことのない人の行いかもしれませんね。
    立て看板は良いアイデアですし、そう言ってくれた人がいるのもありがたいですね。看板の効果が出て被害が収まることを祈っています。
    2020年05月25日 20:23
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    酷いね、言って貰ったら良いのにね。てしおに掛けて、大事にお世話してるのに。目の前に有るから、買ってまでって思うのかな?看板立てないとね、バラの枝が病気で枯れたら困るね。マナーが悪い人も居るね。めげずに対策を考えましょうね。・・・
    2020年05月25日 23:00
  • イチイ

    BlueDalさん、コメントをありがとうございます。
    そうですね。バラを愛でる心自体は美しいものですが、それを実現させる手段は汚いという一貫性のなさに不合理を感じない人がいたら(いるのでしょうが・・・)怖いです。リーダーは看板を置いてくれるそうなので、これからは被害がなくなるよう願っています。
    2020年05月26日 00:13
  • イチイ

    じゅんさん、コメントをありがとうございます。ご無沙汰していますが、お元気でしょうか。
    バラはこれから繰り返し咲かせるために、今咲いているものは花首から切るようにしないといけないのです。それを「剪定」と呼んではいますが、いわゆる枯れた花だけを摘んでいく作業です。そうしないと次のバラが咲かないか、咲くまでに時間がかかってしまうのです。
    ガーデンが閉鎖されていることを考えると、誰にも見られないのであれば・・という気はしますが、バラは9月まで繰り返し咲き続けるのでそれまでには人が訪れるようになるかもしれないことを思うと、良い枝を切ってしまうことはできないような気がします。せっかくアイデアをくださったのに、すみません。
    2020年05月26日 00:19
  • イチイ

    ココレイコさん、ありがとうございます。
    とりあえずリーダーが看板を置いてくれるそうなので、様子を見てみようと思います。そうですね、きっと花を育てたことのない人なのでしょうね。ロックダウンで気が滅入っているせいかもしれませんが、なんだかとても落ち込んでしまいました。
    2020年05月26日 00:22
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    はい、ガーデンの出入口に赤くて大きなバラが這っているのですが、毎年そのバラが一番被害に遭っています。出入口は皆が通るところだから、出がけに「記念に」とでも思って手折っていくのだと思いますが、その自己中心的な考えがイヤになります。
    2020年05月26日 00:24