コンポスター

ここ数週間、買うかどうか迷っているものがあります。

コンポスターというのですが、自宅で堆肥を作る道具です。

ボランティアしているガーデンで雑草などを捨てる大きな箱があるのですが、元ガーデナーのHさんが仲間入りしてからその『大きな箱』がコンでポスト(堆肥)を作りはじめたのです。

Hさんはこれまで積み重なっていた枯れ葉に生ゴミを混ぜて、2−3日に1回スコップで掘り返してかき混ぜていたようです。

そして「良い土ができた」とロックダウンで園芸土が買えない時に、コンポスト箱で作った土を使っていました。

でも、私はてっきり堆肥ができるのに1年くらいかかるのだと思っていたのですが、上手に作ると2ヶ月足らずで堆肥ができるそうです。それを聞いてから、自分でも堆肥を作りたいと思うようになりました。

でも、葉っぱや生ゴミを2−3日おきにひっくり返すのは重労働だし、何よりも私のテラスにはそんな大きな箱を置く場所がありません。

最初は諦めたのですが、その後も何か手はないかと調べていたら「タンブラー式コンポスター」というのを見つけたのです。でも、お値段が90ポンド(約1.4万円)もするのです。

探してみたら、日本でも売っていました。
こちらと全く同じものです。 → タンブラー 式コンポスター

70リットルのドラムが2つついていて、1つのドラムで堆肥を作っている間はもう1つのドラムに枯れ葉や生ゴミをためておけるタイプで、しかもクルクル回すだけで中身がかき混ぜられるのです。

でも、90ポンドかぁ・・・・とずーっと悩んでいました。

私は堆肥を買っていますが、40リットルで5ポンドくらいです。
70リットルのドラムで1回あたり40リットルの堆肥を作るとしたら、18ドラム分で元が取れます。
2つドラムがあるから、単純計算で9回 X 2ヶ月で18ドラム分の堆肥ができます。

つまり、1年半使えば元が取れる計算です。
でも、これはコンスタントに生ゴミや枯れ葉を溜めて行った場合のことで、一人暮らしで生ゴミがそんなにたくさん出なかったら、もっと時間がかかります。

でも堆肥を家で作れるようになったら、堆肥を買うときは重たいパックを運ばないといけないのが、家で作ったらその場で植木鉢に入れられます。

とはいえ、上手に堆肥を作れるかちょっと自信がありません。
宝の持ち腐れになったらどうしよう・・・そんな風に思うと、買う勇気が出ないのです。

もう少し迷ってみようと思います。


1ECEDB3B-AB38-4744-8707-8203261BDABE.jpeg

この記事へのコメント

  • たま

    え!?なんでボランティアしているところから貰わないの?肥料購入しないでボランティアしているところから肥料貰えば無料で済むのでは?袋持っていきボランティアのコンポストから肥料をただで分けてもらえばいいのでは?肥料購入する金も無駄になりますよ。
    ボランティアの人に肥料を分けてもらえるように依頼すればいいのでは?
    2020年05月21日 06:14
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    自分で作るのは手間が掛かるね、結構値段も高いですね。元を取るぼど使えたら良いけど、途中で壊れるってないかな?でも店で買うより作る方が、手間だけだしね。ずっと使う物だし良いかもね。生ゴミとか一人暮らしだと、そんなに出ないでしょう?虫とか臭いとかは出ないのかな?現物見てゆっくり考えてみたら。でも楽しそうだね、1から自分で作るのって。・・・またね。
    2020年05月21日 17:18
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    ボランティアしているところで取ってくるのは簡単ですが、でもそれは厳密に言うと「横領」になるのではないかと思います。結局のところ、コンポストで作た土だけだと間に合わないので、よく大量に土や肥料を購入していますので、それを貰ってくるのはちょっと違うような気がします。リーダーにお願いしたら分けてくれるとは思いますが、ちょっと分けてもらって終わりというものでもなく、常に必要なものですから貰い続けるわけにもいかないと思います。
    2020年05月24日 20:25
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    コンポストに入れるものを選べばニオイや虫はそれほど酷くないそうです。肉とか調理した野菜を入れないようにしていれば大丈夫なのだそうです。今は買うほうに心が動いています。無駄遣いになるかもしれませんが、年を取ると自制心がなくなってくるのでしょうか・・・
    2020年05月24日 20:30