酔っぱらいを見て、気が抜けました

(こちら、先週金曜に投稿したつもりが、
投稿されていなかったようなので、
2日遅れで投稿します)

快晴なのに外出禁止令が出ていて、
鬱屈した気分になり始めたので、
お昼過ぎに公園へお散歩へ行くことにしました。

すると、隣に住んでいる
アイルランド人の Eさん(おそらく40歳くらいの男性)が
家の前にデッキチェアを出して、
ラジカセで音楽を聴きながら、
ビールを飲んでいました。

Eさんは大工さんなので、
仕事がある日は早朝から
トラックに資材を載せて出かけていますが、
仕事のない日は家の前で
私の大家さんとよくおしゃべりしています。

大家さんは1階に住んでおり、
専業大家なので、ずっと家にいるのです。

そのため、よく家の間でEさんと並んで
おしゃべりしているのですが、
今日はEさんだけでした。

酔っぱらっているみたいだったので、
「こんにちは」とだけ言って
足早に通り過ぎようとしたら、こう言われました。

「その帽子、メキシコ人みたいだね。
アミーゴ! アミーゴ!!アハハハ!!」

「・・・・・・」

つばの広い麦わら帽子をかぶっていたので、
それを見てメキシコ人みたいだと思ったようです。

Eさんはケラケラ笑いながら、
「アミーゴ!アミーゴ!」を連発しています。

実は、アイルランド人は、
『のん兵衛』(酒好き)で有名なのです。

「まったく、アイルランド人は
昼間っからお酒を飲むのが好きだよなぁ」と思いつつ、
適当に笑って「じゃ」と言って公園に向かいましたが、
なんとも気の抜けたオヤジぶりに、
なんだかコロナウイルスを気にして外に出ず、
欝々としていた自分がバカらしくなりました。

かといって自粛を控えるつもりはありませんが、
気にしすぎるのは良くないと思ったのです。


公園へ行くと、
警察の車がパトロールしていました。


0AD3F9D3-5073-4CCB-B365-13DE4F1C2790.jpeg

警察の車は、
複数の若者が集まっているところで車を停め、
集まらないよう注意しているようです。

イギリスでは、
2週間くらい前から政府のお達しが出ていて、
同世帯の人以外で2名以上集まることが禁止されています。

それに違反した人は罰金を科せられるようで、
今のところ1000件くらいの罰金が発生しているそうです。

今日見た人たちは罰金を科せられていなかったようなので、
警察が注意をして、
反抗的な態度を取ったり、
それでも解散しなかったときだけ
罰金を科しているのだと思います。

相変わらず自分勝手でルールを守らない人は多いようですが、
警察や政府の人たちも頑張って対応しているようです。

この記事へのコメント