コロナウイルス 引退した医者や看護婦に呼びかけ

イギリスのコロナウイルス対策は
刻々と変わっています。

その対応の速さと
国民の反応の良さには目を見張るものがあります。

特に先週金曜日には、
いろいろと大きな動きがありました。

まず、病院のスタッフ不足を補うために、
20日には既に引退した
医者や看護婦さんたちに声を掛けて、
一時的に復帰してもらうよう依頼したそうです。

引退したということは、
コロナウイルスに感染すると大変な年齢の人もいるわけで、
どの程度の人が承諾してくれるか分かりませんが、
政府のアイデアと対応には驚きました。

NHSサイトにも、
すでに募集ページができていました。

nhs1.JPG

また、『Key Worker』と呼ばれる人たち以外は
自宅勤務を推奨されるようになり、
私も自宅勤務になりました。

でも、この『Key Worker』とは、
どの職業に就いているひとのことなのか?
と言うことが明らかでないという国民の声が上がると、
翌日には Key Worker のリストが発表されていました。

ナショナルトラスト、お城や史跡も、
先週金曜日から閉鎖しています。

もう1週間くらい前になりますが、
70歳以上の人は最長3か月自宅に籠って
外に出ないように、という政府のお達しがありました。

それを受けて、その翌日には
私の地元の有志たちの間で
「ご近所のお年寄りを助けましょう」という
WhatsAppのグループが立ち上がりました。

政府も、民間企業も、一般人も、
みんなが協力しあっている姿を見て、
日本の政府の対応の遅さや、
周りへの無関心さというものが
私のなかで浮き彫りになりました。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    自宅勤務なの、その方が今はいいですね。外に出ると人と会うしね、リスクは少ない方が良いしね。買い物とかは大丈夫かな、食料品とかはちゃんと買えてるかな?お年寄りは命にかかわるしね、今は仕方ないね。日本はこんな時でも、のんき過ぎな気がします。イギリスぐらいにしないと、ほんとはいけないんだろうね。体調には気をつけて下さいね、感染したら大変だしね。・・・またね。
    2020年03月22日 23:30
  • 大夫の監

    ちょっと日本と欧米お互いに誤解があるような、気もいたします。

    PCR検査ですが、それをもしも、宇宙服みたいな防護服なしに実施したら、高齢のお医者さんや看護婦さんが罹患して。医療崩壊もおこりかねません。

    韓国ではたしかにPCR検査を大規模に実施しました。
    それによって国民の罹患者と、非罹患者をきっちり区別できました。
    けれどもそれによって医療崩壊が起きなかったかというと、まだわかりませんが。かなり、難しい局面ではないかと思います。

    日本でもたしかに、なくなるかたがじりじりと増えていますから。時限爆弾をかかえているような、気もいたします。イタリアみたいになりかねません。

    また、コロナウィルスは数種類あるという説もあり。また、ウィルスなら当然、変異しますから。効いていた薬にウィルスが薬剤耐性を持ってしまい。来年には効かなくなるかも、知れません。

    そういうプラスマイナスをあれこれ、考えてみますと。
    まだ各国が手探り状態であってむやみに動くと、却って、副作用もおこりかねません。

    ヨーロッパで却って患者さんが増えた背景として、チベットを侵略し、新疆ウィグル・内モンゴル・香港で苛政を実行している中国と、EUがなりふりかまわず一帯一路に加盟して、既に交易を始めてしまった事も、原因の一つかもしれませんから。

    日本のぐずな政策も、考えかんがえ、行っているのかも知れません。
    2020年03月23日 00:43
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    自宅勤務といっても、実際には大して仕事がありません。会社でアクセスできる資料にもアクセスできなかったりして、自宅待機みたいなものです。こんなんだとクビになるか、給料を減らされても文句は言えないくらい仕事がありません。
    世の中にはクビになった人が大分出てきました。派遣社員などは真っ先にクビを切られたようで、英国航空のフライトアテンダントなども真っ先にクビ切りにあっていました。本当にどうなることやら・・・
    2020年03月23日 04:52
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    こちらでも、この騒動が長引けばウイルスが変異して手が付けられなくなると言っていました。そのため、できるだけ拡散させないようにして、早く手を打たなければいけないとボリス首相が訴えていました。首相によると、イギリスはイタリアから3週間遅れているだけとのことなので、これから多数の人が亡くなるのかもしれません。
    政府の呼びかけに答えて、なんと4000人の看護婦と500人の医者が名乗り出てくれたそうです。おっしゃるとおり、高齢の医療従事者が罹患する可能性もあると思いますが、そのようなことのないよう体勢を整えていてくれることを願っています。
    2020年03月23日 04:55