Air B&B いい加減なマネジメント

田舎に買った家は、
Air B&B で貸し出しています。

いろんなところで手数料がかかって、
実際に手元に残る金額が少ないことは
こちらに書きました ↓

マネジメント会社にお客さんとのやりとりを任せて、
20%もの手数料を払っていますが、
この会社が、なんといいますか・・・・
今時の言葉で言うと「イケてない」のです。

たとえば8月に予約依頼があったのですが、
空いている日なのに
「空いていません」と断っていました。

すぐに気づいたので、
「空いてますけど?」と連絡を入れたら
謝罪ひとつなく、
「お客に空いていると伝えました」とだけ連絡がありました。

そのお客さんは、
おそらく他の宿を見つけたのだと思いますが、
その後、なんの連絡もありませんでした。

そんなことが、2回もありました。

そして、私の家はTVの電波が弱いため、
TVは置いてあるものの、
「TVなし」として紹介してください、
と何度もお願いしているのに、
紹介文を変えてくれません。

「実際にあるんだし、
TVがあると書いてあるほうが予約が入るから」
とのことで、一向に取り合ってくれないのです。

この辺は見解の違いと言いますか、
イギリス人らしいな、と思いました。

彼らにしてみれば、宿泊したお客から
「TVが映らない」などと言われたとしても、
お客がすでに泊まっている時点で
彼らに収入が入っているわけなので、
クレームするお客であろうと、
お客が不便を感じようと、
予約さえ入れば良いわけです。

私としては「TVがある」と書かれていて
実際に泊まったら映らないTVだったとしたら、
詐欺にあったような気分になります。

私がそう伝えても、こんな返事が届きました。

「でも、実際にあるんだから詐欺ではない。
映るか、映らないかまでは書く義務はない」


その他にもお客が壊した窓を修理してもらうと
マネジメント会社経由で入っている保険を使おうとしても、
なんだかんだと言って、一向に話が進みません。


さらに、宿泊料金を間違えて設定していました。
Booking.com と AirB&B に載せているのですが、
料金が一致していない日があったのです。

・・・こんな事情なので、
マネジメント会社との契約を打ち切って、
自分で管理しようと思っています。

しかし、契約を打ち切るためには、
すでに入っている予約について、
1件あたり50ポンドのキャンセル料を払うように、
と言われました。

断りのメールを1本入れるだけで済むのに、
それについて約7千円もとるというのです。

10件入っている予約を断るのに7万円かかるわけで、
契約時には「いつでも解除できる。違約金はない」と言われたのに、
実際には違約金のようなものがかかることが分かりました。

さすが、映らないテレビを
「テレビがある」と言い切るだけのことはあるなぁ・・・と
思わず感心してしまいました。

たくさんの予約が入っていたら違約金もバカにならないので、
きっと不満を持ちながらも、
この会社を使い続けているオーナーもいるのだと思います。

考えてみれば、
9月に契約を結んだあと、
なぜか会社名が2回変わっていました。

登記している社名は変わっていないのかもしれませんが、
メールの署名とロゴが2回も変わったのです。

考えすぎかもしれませんが、
もしかしたら、私のようにA社に愛想をつかして、
他の会社を探そう・・・と思った人を拾うために、
ネット上で違う社名で複数のサイトを運営して、
違う会社であるように装っているのかもしれません。


話がそれましたが、
私の場合は6件の予約が入っていたので、
300ポンド(約4.5万円)かかります。

でも、このままズルズルとお願いし続けるのも
得策とは思えないし・・・・

ここ1ヶ月くらい迷っていたのですが、
やはり契約を切ることに決めました。

違約金を払って先の予約をキャンセルすれば
今日にでも契約を打ち切ることができますが、
数週間後に控えている旅行のホテルをキャンセルされたら
お客さんも困るだろうと思い、
1ヶ月以内に入っている予約は
そのままにしておくことにしました。

今から新しい予約を取らないようにして、
3月末の時点で、私が自分で管理し始めることにします。

今から1ヶ月以上も新しい予約を受けることができないうえに、
違約金を払う羽目になり、
思いのほか出費がかさんでしまいますが、
仕方ありません。

これも勉強料と思って、我慢します。

本当に人生って Try and Fail だなぁ・・・と
この時のポスターを思い出しました ↓

Fail(失敗)しましたが、学んだこともあります。

Don’t fail to try(挑戦するのを諦めない)を心に、
がんばります。

A9CFC2F5-CD6F-475A-91E0-643BFE34ACA3.jpeg

この記事へのコメント

  • 大夫の監

    イチイ様、お怒りにならないで聞いてね。
    イチイ様の何事にも果敢に挑戦なさいます。御態度は尊敬しています。
    けれどイギリスはあまりに妙な事が多く、また、そのストレスのみならず。
    イチイさまのお体に、妙な現象ばかりおきていますね。今回の甲状腺のみならず。脇の下の腫れ。蕁麻疹。足の裏にも何かありましたよね。
    お車のシートにべっとりとついた、オイルのような物も、気になりますし。
    すぐにではなくとも、日本に帰国なさいませんか?
    女優さんのインドなまりも看破できるほどの、イチイ様の英語力と、Office関連ソフトの使いこなし。
    イチイ様みたいな方が、日本には必要な気がしてなりません。
    2020年02月22日 13:35
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    いい加減な所ですね、マージンが入れば良いだけだて考えね。日本人のイチイさんの考えや思ってる事とか常識は、日本ではあたら前の事だけどね。外国では根っこの所から違うしね、自分で管理出来るのならその方が確実だしね。こんな経験は次のためにあったと思いましょうね。保険でちゃんと窓を直してもらはないと困るね、保険に入ってる意味が無いね。少しずつ良い方に向かうように、改善していきましょうね。頑張って(^o^)蕁麻疹はどうですか?酷くなってるかな?体調には気をつけてね。夜は早く寝て下さいね。・・・またね。
    2020年02月22日 13:47
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    お気遣いいただいて、ありがとうございます。でも、日本に帰っても住むところはないし、私のようなアラフィフに再就職の道があるのか・・・ 家のローンのこともありますし、しばらくはこちらで頑張るしかないかな?と思っています。
    確かに体調不良が続いていますが、それも年のせいかと思っています。来週健康診断の予約を取っているので、何か悪いところがあるかチェックしてきます。外国で、一人であがいて年をとるのも心配ですが、日本にも身寄りがないことを考えると、まだ外国のほうが年齢制限が緩いので働けるような気もしますし・・・ もう少し頑張ってみます。
    2020年02月23日 06:50
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    背中の上にできた蕁麻疹は、数日前から快方に向かっています。今日から休みということで、ストレスを感じなくなったからかもしれない、と思いました。やっぱり仕事のストレスって、大きいのかもしれません。リラクゼーションとか、ストレス解消も心がけてみようと思います。
    本当に、何から何までうまく行かない気がして・・・たぶん、仕事だけでなくAirBBのこともストレスなのかもしれません。でも「ストレスだ」と愚痴ってばかりでは解決しないし、誰かが助けてくれるわけでもないので、自分で行動するよりほかありません。綱渡りをしているような気分ではありますが、できるだけ頑張ってみます。でも、頑張りすぎると蕁麻疹が出たりするようなので、頑張らないことを学ぶのも必要なのかしら?などと考えはじめて・・・そして変なことで悩んでストレスを感じているという悪循環なのかもしれません(苦笑)
    2020年02月23日 06:54