両手いっぱいの花束

昨日はバレンタインデーでしたね。

イギリスでは男女関係なく、
お互いが贈り物をします。

私とは無縁のイベントではあるのですが、
今日の夕方スーパーに行ったら
昨日の売れ残りと思われる花束に
「1束99ペンス」という値札がついていました。

これは安い!と思って、
2束買ってレジに行くと、
「もうすぐ閉店だから」と言って、
さらに半額、1束49ポンド(約70円)にしてくれました。

昨日のバレンタインデーは、
2束で20ポンド(約3千円)もした花束です。

予想よりも多く入荷させてしまったようで
まだ50束以上は残っていました。

きっと、二束三文でも
在庫処理したかったのでしょう。

そのおかげで、両手に花束を抱えて、
帰宅できました。

両手の花を見るたびに
思わず笑みが漏れるのが分かり、
こんなに安く買うことができて、
嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

7B0CFB9A-3C5C-4C2B-8179-A88524B7E97D.jpeg

ひとつの花瓶だと入りきらないので、
こんな風に3つの花瓶に分けてい生けました。

今日は、とてもラッキーな日でした!


この記事へのコメント

  • たま

    良かったですね、心が荒んでいるときには花を見つめて心を明るく出来ますからね、明るい色で心を明るくして部屋の雰囲気も明るくなりますからね。安く購入できてよかったですね。
    2020年02月16日 12:19
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    むちゃ叩き売りですね、でも沢山買えて良かったね。定価が凄く高いね、お花は日本も高いしね。部屋にお花があると、気分も明るくなりますね。・・・またね。
    2020年02月16日 14:30
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    そうですね。ちょうど気分が明るくなれないときだったので、すごくうれしかったです。半分は会社に持っていって、デスクに座って眺めtいます。植物は良いですよね。本当は切り花よりも植木のほうが好きなのですが、健気に生きている姿を見ると「がんばれ。私もがんばるからね」と呟いてしまいます。
    2020年02月18日 06:44
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい。真っ赤なバラの花束もあったのですが、さすがに自分で真っ赤なバラを買うのは・・・と思いました。優しい色のチューリップは、会社のデスクに飾っています。早く花が沢山咲く季節にならないかなぁと心待ちにしています。
    2020年02月18日 06:45