アロエのチカラ

今年の冬は暖かかったので、
バラが完全に「冬眠」することなく、
いまだに花を咲かせたり、
芽吹いたりするバラがあり、
冬の剪定がしずらいです。

それでも、特にツルバラなどは
今のうちに枝を整理して、
きちんと壁に流しつけておかないと
今年の春にとんでもない状態になってしまいます。

最近は週末に友達と出かけることも多くなり
なかなか時間が取れないのですが、
少しずつバラの剪定をしています。

でも、最近老眼が進んできたせいで、
先週日曜、間違えて左手の親指を切ってしまいました。

バラを留めた紐を切ったつもりが
紐を持っていた左手親指の腹を
紐と一緒に切ってしまったのです。

痛い というよりも、
血がドクドクと流れてきたのに驚きました。

これはまずい!と思って、
バラを留めるために持っていた紐で指の根元を縛り、
ティッシュで血を拭いました。

ティッシュは、
みるみるうちに赤く染まっていきます。

とりあえず傷口をおさえて、
指を心臓よりも上にして、
どうしたものか?と思っていたら、
ちょうどボランティア仲間のMさんが通りかかりました。

事情を説明すると、
「絆創膏をあげるから、家においでよ」と言ってくれました。

最初は遠慮したのですが、
このままだと雑菌が入るかもしれないと思い、
Mさんに絆創膏をもらうことにしました。

ガーデンから30mくらいのところにある、
小さな中庭のあるMさんの家のお邪魔し、
傷口を洗って、絆創膏を貼ってもらいました。

とりあえず血は止まったみたいだったので、
またガーデンに戻って、剪定の続きをしました。

バラに向かいながら、
それにしても、なんと良いタイミングで
Mさんが通りかかったものだなぁ・・・と思ったら、
なんだか笑いが込み上げてきました。


その日の夜、少し傷口が熱をもっているようだったので、
アロエの果肉を傷口に貼って、
そのまま朝まで休みました。

すると、8㎜くらいのキズにもかかわらず、
腫れることもなく、熱も収まっていました。

4日経った今でも傷は残っていますが、
完全に塞がっています。

アロエの力(ちから)ってすごいですね。

FBD309FD-F9E4-4EDC-B3BE-088D50C167F6.jpeg

今年の冬は暖かいので、
バラが完全に「冬眠」せず、
いまだに花を咲かせたり、
芽を伸ばそうとするバラがあります。

しかし、特にツルバラなどは
長く伸びた枝を整理しないと、
今年は手の付けられない状態になり、
花数も少なくなってしまいます。

最近は週末に友達と出かけることも多く、
なかなか時間が取れないのですが、
ボランティアしているガーデンのバラ剪定を、
少しずつ作業を進めています。

でも、最近老眼が進んできたせいで
手元が心もとなく、
先週末は うっかり左手親指の
腹の部分を剪定ばさみで切ってしまいました。

紐を切ったつもりが、
ついでに(?)紐を持っていた指まで切ってしまい、
血がダラダラと流れてきて、焦りました。

ツルバラを留める用のヒモで指の根元を縛り、
ティッシュで血を拭いていたら、
ちょうどボランティア仲間のMさんが通りかかりました。

「どうしたの?」と驚いた様子のMさんが、
私の指のキズを見て、こう言いました。

「とりあえず、絆創膏をあげるから家においでよ」

お言葉に甘えて、ズキズキする指を抑えながら
ほんの30mくらい先にあるMさんの家に行きました。

手を洗って、絆創膏を貼ってもらって、
ようやくホッとしました。

ツルバラの誘引の途中だったので、
またガーデンに戻って作業を続けましたが、
なんというタイミングで通りかかったのか・・・と思うと、
知らず知らずのうちに笑っていました。

指のキズは、家に帰ってきて、
育てているアロエの葉っぱを1枚切って、
アロエの果肉を一晩中貼っていたら、
ちょっとだけ熱をもっていましたが、
腫れたり、傷んだりすることなく、
傷が塞がりました。

指が塗れているときは傷が開きそうになりますが、
長さにして8㎜くらいありそうなのに、
大分傷が塞がっていて、
我ながら回復の速さに驚きました。

アロエの力(ちから)って、すごいですね。



この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    痛かったねアロエは色々使い道がありますね。傷跡が残らないといいけど。ハサミを使うときも、怪我に気をつけてね。暖冬でもう桜が咲いてる所もありますよ、熊も冬眠しないんだって。・・・またね。
    2020年01月31日 22:01
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    クマが冬眠しないなんて、自然の摂理がどうにかなってしまっているようで、少し怖いですね。
    傷口は小さくなってきたので、本当にアロエの効果ってすごいと思いました。ご心配くださって、ありがとうございます。
    2020年02月02日 17:51