アラフィフからの挑戦

随分前から、大勢の人たちに感化されて、
私も何か学んでみたい、
今よりも「より良い」自分になってみたい、
そんな風に思うようになっていました。

このときにも書きましたが ↓
今からでも何かしてみたい、という気持ちが
だんだんと強くなってきていたのです。

これまでは家を買うために
生活を切り詰めて貯金ばかりしていましたが、
今はローンという定額を納めれば良い状態になり、
経済的にもコントロールを取りやすくなったこともあり、
去年の暮れに、とあるコースに申し込みました。

それは1日だけのワークショップで、
プロジェクトマネージメントについて学ぶのです。

これで興味が持てたら、
1年間の通信教育コースに申し込もうと思ったのです。

値段の安いコースを探したため、
ロンドン市内ではなく、
ロンドンから電車で1時間弱のところにある
トレーニングセンターでコースを受けることになりました。

ワークショップ当日の今日、
朝から Paddington 駅へ向かいました。

2565AA08-5442-48EC-AF8E-51605E597FB1.jpeg
オレンジの服を着た工事現場作業員の人たちが
工事中の駅へ吸い込まれて行く様子を見て、
「空のオレンジ色とお揃いの服なのね」と、
思わず笑顔になりました。

果たして、どんなコースなのか、
どんな人たちがやってくるのか、
ドキドキしながら、
トレーニングセンターへ向かったのでした。


コースは興味深かったのですが、
他の生徒さんたちは、
私の子供でもおかしくないような
文字通り「キャピキャピ」した若者ばかりでした。

通信講座なら
若者と席を同じくする機会は殆どないので、
それほど気にならないとは思いますが、
やはり資格取得や勉強は、
若いうちからしておくべきですよね。

自分の若い頃に先見の明がなかったと言いますか、
何も考えていなかった愚かな自分が、
今さらながら悔やまれました。

午後4時半くらいに終わって、
トレーニングセンターの最寄駅から電車に乗り、
途中、Reading(レディング)という駅で
電車を乗り換えて、ロンドンに帰ってきました。

A96BDCD4-C1EC-409C-A1CA-242257025252.jpeg
レディング駅は大きくて、ピカピカで、
見上げるような大きさのクリスマスツリーも、
長いエスカレータからはとても小さく見えました。


実は、ある人に勧められて、
プロジェクトマネージメントに興味を持ったのですが、
どうも下っ端根性の抜けない私には、
かなり宗旨替えをしないとついて行けなそうです。

勧めてくれた人は、こう言ってくれました。

「イチイさんは細かいところに目が届くし、
きっちり計画を立てて、
その通りに勧めていくタイプだから
プロジェクトマネージメントとか向いていると思う」

でも、今日のコースで感じたことは、
当たり前のことと言われてしまえばそれまでですが、
プロジェクトを「マネージメント」する人なわけで・・・

言われたことを「はい!」と迅速に対応するのが常の私には
人に指示するとか、命令する(?)とか、
そういう上の立場で物事を見ることに慣れておらず、
自分から何かを主体的に働きかける、
という発想が出てこないのです。

「言われたことをやる」が常識だった人間に、
「結果を出すために、何をするべきか考えろ」
などと急に言っても、無理なわけです。

これが「向き・不向き」の問題なのか、
それとも「慣れ」の問題なのか・・・

「慣れ」であれば、
いつかは克服できると思いますが、
「不向き」であったならば、
コースを受ける時間とお金が
無駄になってしまいます。

コースを続けるかどうか、
じっくり考えてみる必要がありそうです。




この記事へのコメント

  • たま

    中年以降は記憶力低下、視力低下して本が読みにくく覚えにくくなります。そのためにはアンチエイジンとして体管理のトレーニングすることが必要です。記憶力低下防止、視力低下防止のためにもいつまでも若い体を維持していくためには必要です、若者には記憶力があり視力もあります、当然中年よりも覚えやすいです。だから資格取得は若いときにやれば負担が少ないです。
    中年以降は体管理をしっかりしないといつまでも資格取得に時間がかかります、金と時間が無駄になることもあります、気をつけて!
    ガンバ!
    2020年01月09日 08:47
  • こゆきん

    確かに向き不向きって、ありますよね。
    でも、過去のblogを読んでのイチイさんの仕事の対応をみてると、
    奨めてくれた方の見方は間違ってないように思うし、新しい自分を発見するためには、私は無駄だとは思わないけど。
    でも、決めるのはイチイさんですからね~。よくよく考えて決めてくださいねo(^-^)o

    そういえば、ヨーロッパ、イギリスでは、新年を迎えてもクリスマスツリーは飾っておくものなんですね。
    なんだかいいなぁ。

    2020年01月09日 08:51
  • なおみ

    イチイさん、こんにちは。
    プロジェクトマネージャー!
    興味がおありなら、始めるのもよしと思います。
    やって損はないと思います。
    でも今のままのイチイさんなら、人を使うより自分でやってしまい、人の気持ちを考えすぎて疲弊しそうな気がします。もちろん、根本から考え方を変えることが出来れば、本来何事も気を配れる優秀な仕事が出来る方だとは思っています。

    私は、イチイさんは芸術的な仕事やガーデニングに携わるのが向いているような気がします。職人気質、研究者肌。物事を突き詰めるタイプのような気がするので。
    芸術家を支えるような仕事でイチイさんが喜びを感じる仕事。
    かつコンスタントな収入が見込める仕事。
    ガーデナー、植物に携わる仕事。
    いかがでしょうか?
    難しいですか?
    年齢など気にしないでいい。
    でも記憶力は格段に落ちてくるので、興味のない勉強は辛いかと思います。スミマセン、私の個人的な意見です。
    イチイさんがピンとくるものに出会えたら、諦めないで頑張って下さい!
    2020年01月09日 09:44
  • コンロ

    こんにちは。
    こういうのって、考えてしまいますよね。
    自分も同じくアラフィフなので「今からしても」と思ってしまいがちですが。
    ただ、他人の評価と自分の評価は違います。
    自分は無理だと思っているのが、他人から見ると
    「あっているのに、何でしないんだろう?」
    って思うこともあるし。
    でも、今からやろうって思う気持ちがあるイチイさんはすごいなって思います。
    私は年々そういう気持ちがなくなってしまっています。
    2020年01月09日 10:31
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    今までと違う事をするんだから、そう思ってしまいますね。でも資格を取ってねその仕事をする 事になったら、やるしかないしね。性格だからってね、それで諦めてたら何も変わらないしね出来ない。人の上に立って仕事をするのは大変です、私はイチイさんは物事を出来ないとかでなくてね、最初からそう自分で思ってるんだと思います。不向き、今までしてない事をしようとしてるんだから、不向きで当たり前。変な言い方だけどね、やればいつか向きになります。お金も掛かる事だしね、ゆっくり考えましょうね。物事始めるのに歳は関係ないよ、頭と身体が元気なら、後は自分の気持ち1つですよ。頑張ってね。・・・またね。
    2020年01月09日 17:25
  • 大夫の監

    今晩は。
    イチイ様の微妙で的確な日本語の作文力に感嘆していますから。プロジェクトマネージャは充分に可能だと思います。

    一人でこなしなさいました、異国でのプレゼンも、「やった!」ですよね。

    しかしながら、わたくしも、まゆみ様のご意見と同じで。
    イチイ様はお一人で創造的な活動をなさった方が、疲れないような気がいたします。それは何なのかわかりませんが。
    2020年01月10日 21:41
  • 大夫の監

    なおみ様でした。失礼しました。
    2020年01月10日 21:44
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    そうですね。最近は視力が弱くなってきたような気がします。もう年だと諦めていましたが、今からでもどうにかなるものでしょうか。若いときに何もしなかった自分が悪いのですが、なかなか難しいものですね。
    2020年01月11日 04:32
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    もしかしたら自分に向いていないかもしれないと思いつつ、「では、何が向いているの?」と言われると答えられない自分がいます。結局のところ、何にしろ新しいことを始めるのには抵抗があるものなのかもしれません。よく考えてみようと思います。
    大抵の場所は7日に撤去されていますが、まだ残っている場所もあります。きのうも Hammersmithという地下鉄駅で大きなツリーを見かけました。
    2020年01月11日 04:34
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    なおみさんのコメントには、いつも考えさせられます。確かに、人の気持ちを考えすぎて疲弊しそうですね・・・
    ガーデニング関係は私も考えたのですが、足底筋膜炎のこともあり、力仕事は無理かなぁ、と思ったのです。芸術的な仕事は思ってもみませんでしたが、学芸員は無理でも、美術館の多い場所なので何か関連する仕事があるかもしれませんね。学校の事務員などもあるでしょうし、いろいろと探してみようと思います。
    2020年01月11日 04:39
  • イチイ

    コンロさん、ありがとうございます。
    そうなのです。今更・・・という気持ちが強くあるのです。でも、その一方でこれまで何もしてこなかった自分を振り返り、今からでも何かできることがないかしら?と切ない気持ちになってしまうのです。これまでにそれなりのことをしてきたのなら、今頃こんな気持ちにならなかったような気がします。今からでもできることを探してみたいと思ってしまうのです。
    2020年01月11日 04:40
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    人の上に立つ仕事は考え方の根本から変えないとダメそうで、かなり難しいような気がしました。でも、「初めてのことは不向きで当たり前」と言われて、目から鱗が落ちたような気分になりました。何事も、最初はできなくても当然ですよね。それを続けていくこと、「向き」になるまで継続し続けることができるかどうか?ということが、考えるポイントなのかもしれませんね。おっしゃる通り、お金のかかることなので、じっくり考えてみようと思います。
    2020年01月11日 04:43
  • イチイ

    大夫の監さん、ありがとうございます。
    そういえば、ドバイでプレゼンをしたこともありましたね。あれも初めての経験で、自分には無理!と思っていたことでしたが、なんとかできて2回目も開催されたのでしたね。
    なおみさんに言われて考えたのですが、確かに私はギスギスした利益とか納期とかに追われることではなく、ガーデニングとかアート関係のほうが楽しんで仕事ができそうな気がします。いろいろと考えてみますね。
    2020年01月11日 09:56
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    ご丁寧に訂正いただき、恐縮です・・・
    2020年01月11日 10:09
  • サマンサ

    ブログ拝見していて、すごくきっちりと、丁寧にお仕事をされている様子がよくわかり、同僚の方の見立てはかなり的を射ているとは思います。
    その方の意見を聞いて、実際に講座を受けるフットワークの良さもすごいと思います。
    ただ、もし、他の方も言われているように、ガーデニングや、芸術系で役立ちそうな講座や、仕事があるようならそちらを考えてもいいかもしれないですよね。
    2020年02月24日 18:13
  • イチイ

    サマンサさん、ありがとうございます。
    仕事は頑張っているつもりですが、どうなのか・・・ できることを地道にしていくしかないと思っているので、頑張っています。
    私も、プロジェクトマネージメントみたいなことよりも、人の役に立つようなことや、ガーデニングなどのほうが良い気がしてきましたが、今からガーデニングという肉体労働を職業にするのは体力的に難しい気がします。でも、あきらめないで頑張ります。
    2020年02月25日 05:00