演劇 Touching the void を見てきました

昨日のことなのですが、
友達に「晩御飯へ行こう」と誘われて
待ち合わせ場所に行ってみたら、
サプライズで劇場に連れて行かれました。

私の誕生日が今月だと覚えていてくれて、
サプライズの誕生日ギフトだそうです。

私の誕生日を覚えていてくれたことにも驚きましたが、
まさか、演劇鑑賞をプレゼントでもらうとは
思ってもみなかったので、
目をパチクリさせながら、
見慣れぬ劇場で少し緊張しながら、
劇が始まるのを待っていました。

この劇は Touching the Void という、
実話に基づいたお話で、
映画にもなっているそうです。

映画の邦題は「運命を分けたザイル」だそうで、
DVDなども出ているようです → 運命を分けたザイル

英語の題名「Touching the Void」は、
崖を登るときに足を踏み外して、
宙ぶらりんになった状態のことを表しており、
つまり、『足先が Void(虚空)に触れる』
といった感じの意味です。

こちらの感覚ですと、
「Void」という言葉に
底知れない深さと闇を感じるので、
邦題よりも英語のタイトルのほうが、
話の内容にしっくり来るような気がしました。

D3009292-641E-4115-AE2C-9DE04F679042.jpeg
お話を簡単に説明しますと、
ジョンとサイモンという若い登山家の話です。

2人組でアンデス山脈の登頂を目指したものの、
頂上から帰る途中でジョンが足を怪我してしまい、
サイモンが必死でジョンを連れて下山したのですが、
必死に下山を試みていたジョンが足を滑らせ、
宙づりになってしまいます。
(この状態が、Touching the Void なのです)

2人は、お互いをザイルで結んでいたのですが、
サイモンはジョンの名前を呼んだものの返事がなく、
このままだと共倒れになると思ったサイモンは、
ジョンが生きている可能性を捨てきれないまま、
ザイルを切って、自分だけ下山したのです。

サイモンは「ジョンは死んだ」と思っていましたが、
実際には、ジョンは生きていたのです。

クレバスに落ちたジョンは、
上へあがることができずに、
下へと降りて行ったところ、
幸運にも帰り道に辿り着くことができたのです。

しかし、マイナス60度、
食料も水もない状態です。

足が折れていて這うことしかできないまま、
数日かけて、ベースキャンプへ戻ったという
奇跡のようなお話です。

普段行っている劇場が
ロイヤルオペラハウスのせいか、
とてもこじんまりとした劇場だと思いました。


94084470-8900-45EE-A294-435E3B33D340.jpeg

こんな小さな舞台で、
どうやって雪山登山を再現するんだろう?
と思っていましたが、
とても良く再現できていました。

舞台全体に照明があたることがなく、
常に真っ暗な舞台のどこかに、
スポットライトが当たっている演出なのです。

そのため、周辺がそのまま客席の闇に溶けて、
とても広い空間が広がっているような錯覚を受けました。

また、ジャングルジムのような構造物や、
壁に積み上げた家具を山に見立てたりして、
とても良く工夫されている舞台でした。

英語もはっきりとした発音の大きな声だったので、
余すところなく聞き取ることができたのも、
意外な発見でした。

舞台俳優さんって、
なんだか人を引き込む力があるような気がして、
食い入るように見てしまいました。

この劇場は最近改装されたようで、
待合所は狭いながらも、
上品な家具がそろっていて、
居心地の良いホテルのようでした。


961932AD-915A-4C26-83A2-28C8E5C692CD.jpeg
F8C43DE2-6EB0-4C83-8B5A-4806A0251C6C.jpeg
舞台なんて、英語が聞き取れないだろう、
と敬遠していましたが、とても楽しかったです。

自分が英語の舞台を楽しめるとは思っていなかったので、
新しい世界を見せてくれた友達に感謝しています。

これからはダンスだけでなく、
舞台も見てみたいと思います。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    演劇も楽しめて良かったね、素敵なお友だちですね。イチイさんが幸せに暮らしているのが、とても嬉しいです。待合所もホテルの部屋みたいで、いい感じですね。また行きましょうね(*^-^*)体調はどうですか、暖かくしててね。・・・またね。
    2019年12月11日 18:03
  • こゆきん

    サプライズで演劇をプレゼントだなんて、
    なんてセンスのいい友達!
    しかし、凄い実話ですね、、
    想像しただけで、凄い内容。。
    最近、登山の事故が多いだけに、この奇跡のお話には、
    ビックリですね。
    2019年12月11日 23:12
  • イチイ

    みるもさん、ありがとうございます。
    はい、また行ってみたいと思いました。劇場が小さいので役者さんの表情などがよく見えて、なんだかドキドキしました。体調は大分良くなりました。他に不具合があるのですが、それはまたお話しさせてもらいますね。
    2019年12月12日 08:17
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    はい、驚きました。最初は「演劇は無理・・・」と思いましたが、劇場に着いたらワクワクしてしまいました。本当に、こんな奇跡があるのですね。サイモンはかなりバッシングを受けたそうですが、ジョンもサイモンもまだ登山を続けているそうです。すごいですね。
    2019年12月12日 08:21