コスト削減 & 省スペース

先日、アイロンが壊れてしまったので、
新しいものを買ってきました。

Argos というカタログ販売のお店で、
ネットや、お店にあるカタログで注文し、
店舗で商品を受け取るシステムのお店で、
買ってきました。

実際の商品を手に取って
見ることができませんが、
その分、他のお店よりも安めのようです。

イギリスにはキャッシュバックサイトというのがあり、
そのサイトに登録されているリンクから
お店のサイトに行って買い物すると、
1%とか5%とか(お店に寄ります)の
キャッシュバックが受けられます。

でも、ときどき確実に買い物をしたのに、
キャッシュバックが認められなくて、
お金が貯まらないときもあるので、
「キャッシュバックされたらラッキー」くらいの気持ちで
2年くらい使っていました。

そのキャッシュバックが80ポンドを超えたので、
一部を現金で銀行に入金してもらい、
残りを Argos のギフトカードにしてもらったのです。

というのも、現金ではなく、
ギフトカードにすると
5%くらい金額を上乗せしてくれるのです。

というわけで、キャッシュバックなので
元は自分が払ったお金ではありますが、
気持ち的には、
無料でアイロンを手に入れることができました。

実は、どうしてもコードレスアイロンが欲しかったのですが、
一番安いアイロンが20ポンドのところ、
コードレスは50ポンド以上するので、
ずっと買えずにいたのです。

無料と言いますか、
これまで払ったお金の一部で買えるなら・・・と、
壊れて、だましだまし使っていたアイロンを
買い替えることにしたのです。

そして、店舗に行ったら、
こんな感じの省スペース設計になっていました。


710BFA4C-59AA-4B02-842E-EE8E895077D1.jpeg

レジがいくつかあって、
その後ろに商品がギッシリつまった、
番号のついた棚が並んでいます。

13DE8A30-CC00-4D58-839C-6EA420ACE92E.jpeg

見るからに省スペースで、
とても効率が良いなぁ・・・と思ったとき、
先日 BBCで見たドキュメンタリーを思い出しました。

「大型スーパーの裏側」みたいなタイトルで、
Sainsbury's という大手スーパーのドキュメンタリーでした。

そして、去年だったと思いますが、
Sainsbury's がArgos を買収して、
それに伴い、
街中にあった Argos が何店か閉店していたのです。

てっきり店舗数を減らしているのだと思っていたら、
ドキュメンタリーによると、
コスト削減のために、
大型 Sainsbury's 店内に
Argos のブースを設けることにしたのだそうです。

そして、今日行ってきた Argos も
まさに大型 Sainsbury's の中にありました。

かつての Argos 店舗は、
システムは同じでしたが、
お客さんがカタログを見るスペースが広くとられており、
こういった商品の棚も、
お客さんからは見えない位置にあって、
レジの近くまで商品が
ベルトコンベアで運ばれてきていました。

テレビで見た通り、
見るからにコスト削減したなぁ・・という作りで、
裏側が丸見えになっていて、
なんだか面白かったです。


この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    コードレスは良いですね、キャッシュバックも貯めてたら大きいもんね。アイロンって結構高いしね、電気製品はどれも数年使うと、壊れてきますね。イチイさんの気に入ったアイロンはあったかな。・・・またね。
    2019年11月10日 18:57
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    コードレスで一番安い、50ポンドのものを買いました。早速ベッドカバーをアイロンかけしたのですが、コードがないのは楽ですね。重さもちょうど良くて、買って良かったです。
    2019年11月11日 07:03