最初の医者のせいで・・・

昨日も書きましたが ↓
私立病院の医者に処方された薬は
3週間以上使っても効果がなかった
ステロイド薬でした。

さて、どうしたものか・・・と
ひとしきり悩んだ後、
病院に電話をかけてみることにしました。

次の診察は3週間後なので、
それまで痒みに耐えるのが嫌だったのと、
またしても9ポンドの処方箋代を
払うことになるかもしれませんが、
ちゃんと効く薬を処方してもらいたかったのです。

病院のオペレーターに事情を話すと
「ドクターは診察中なので、
メールを送っていただけますか?」と
ドクターの秘書のメールアドレスを教えてくれました。

秘書さん宛に事情を説明し、
「この薬は効かないと思うので、どうにかしてください」
と結んだメールを出したところ、
2時間後くらいに、
ドクターからメールが来ていました。

メールの内容を要約すると、
こんなことが書いてありました。

「貰った紹介状には、
この薬のことは書いてありませんでした。

明日はカナリーワーフの病院で勤務しているので、
午後3時くらいに来ることはできますか?

薬が効かないのであれば、
生検をしましょう」

これを読んだとき、こう思いました。

やっぱり、あの医者、ヤブだったんだ・・・

『あの医者』とは、この時に書いた、
最初に診察してくれた医者のことです ↓

ヤブというのは正しくないのかもしれませんが、
「きちんと仕事ができない医者」だと再確認したのです。

と言いますのも、
紹介状は診断記録をそのままコピーしたものなので、
過去の診察内容と処方した薬が、
すべて書かれているのです。

でも、最初に処方された薬が紹介状に書いていなかった、
つまり、最初に診断した医者が薬について
記載し忘れていたわけです。

彼女の誤診(?)のせいで、
ただでさえ無駄に長く痒みに苦しんだ挙句に、
会社を早退してまで行った病院で
同じ薬を処方される羽目になるとは・・・

しかも、効かない薬のために、
無駄に代9ポンドを払ったことになります。

もうこれ以上会社を休むことができなかったので、
6時以降のアポイントが空いていないか聞いてみたところ、
明日の午後6時の枠が空いていました。

本来は行かずに済むはずのものだったに・・・と思うと、
交通費の5.40ポンド(約800円)すら
勿体なく思えましたが、
仕方がないので、明日行ってきます。


今日は、近所の同僚とご飯を食べました。

ビーフストロガノフを多めに作ったから、
食べに来ない?と誘ってくれたのです。

C9106265-2770-453B-B12E-BD72DA8720CE.jpeg

じっくり煮込まれた牛肉は、
口に含むとホロホロと崩れて、
とても美味しかったです。

この記事へのコメント

  • たま

    大変でしたね、日本でも保険が少なくなっているから適当に診断する医者がいますからね、顔見ないで適当な診断して保険費を請求する。保険点数も少なくなっています、きちんと治す医者がいればいいですね。
    保険点数稼ぐだけの医者は困りますね。
    多忙でもきちんと診断してくれる医師が見つかればいいですね。
    2019年11月06日 06:58
  • Coco

    再び、余計なお世話の書き込みをさせて頂きますね。
    10月15日付けの最初の診断が、、の記事を拝見したのですが、ステロイドを2回塗っていらしたのですね。ステロイド含有量にもよると思いますが、C先生のおっしゃるように患部のみに1回、、、だと私も思います。
    その時、Prednisoloneも処方されたのですね。確かに蕁麻疹には良いですが、Ezcemaには、、。
    今日の診察、生研でただのEzcemaだと判明されたら良いですね。今はとてもひどくなっている状態のようですが、適切なステロイドを塗って、保湿を心掛けて行けば、必ず良くなります。ちなみに私のステロイドはDiprosone 0.05% です。イチイさんのEzcemaが早く鎮静化しますように。
    2019年11月06日 08:12
  • なおみ

    イチイさん、こんにちは。
    なかなか治癒しないイライラ感が伝わってきます。
    自分で出来ることは精一杯やってらっしゃるから、尚更怒りが沸いてくるのでしょう。それは普通の感覚です。
    でも、イチイさんが誰かに対してストレートに怒っているのって、とても珍しいと思いました。

    さて、私も湿疹体質(疲れたりストレス睡眠不足で同じ部分に痒いブツブツが出る)なのですが、広範囲といういうのはあまりないです。化粧品が合わなかったり、乾燥がひどいと出る場合がありますが。
    医者で出されるステロイドも弱め強めがありますね。私は弱めではもう効果はありませんので強めを薄く短期間だけ塗ります。
    同じくらいの強いステロイドでも、あまり効果が出ないものがあります。薬も相性があるのかもしれません。医者に行った時には指定して処方して貰います。
    日本では病院に「お薬手帳」を携帯する習慣が定着しています。
    これというものが見つかったら、ぜひ写真を撮るか薬品名を記録しておいて下さいね。

    痒みはもちろん辛いですが、荒れた肌を見るのもストレスですよね?
    傷になっていたら良くないかもしれませんが、(精製水とグリセリンで化粧水を作って塗ったり保湿)して、なるべく乾燥しないようにご注意下さいね。
    2019年11月06日 09:30
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    日本でもそうなのですね。たぶん、大勢の患者さんを診ているからベルトコンベアのように、何も考えずに仕事をしているのかもしれないな・・・と思いました。これからは、医者を選ぶようにします。
    2019年11月07日 05:20
  • イチイ

    Cocoさん、ありがとうございます。
    最初に処方されたステロイド薬のラベルを見てみたら、Vetonovate 0.1% と書いてありました。0.1%って強めの薬なのでしょうか。
    でも、月曜日に同じBetnoavateのローション(液体)0.1%というのを処方されて、それを縫った直後ピリピリと痛みがあったのですが、劇的に改善しました。まだ痒くて夜中に起きたりしますが、ブツブツが小さくなったのです。同じ名前と配分量なのに、不思議ですね。何も分からないので、アドバイスいただけて助かります。ありがとうございます。
    2019年11月07日 05:25
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    言われてみれば、かゆみでイライラしているせいか、普段よりも忍耐力がないような気がします。仕事も大変だからというのもあると思いますが、どうしてこんなことになってしまったのか・・・と、ほとほと嫌になってしまっている(気分が暗くなっている)ので八つ当たりしてしまっているのかもしれません。
    イギリスにはお薬手帳はありませんが、今後のために手帳に書き込んで My お薬手帳を作ってみますね。良いアイデアをありがとうございます。
    2019年11月08日 07:33