蕁麻疹と湿疹の違い

今日の午後、蕁麻疹治療のために
私立病院へ行ってきました。

長期休み明けに早退するのは気がひけましたが、
1日でも早く治したいと思い、
顰蹙を受けるのを覚悟のうえで
早退してきました。

顰蹙を受けてまで早退したのには、
もう一つ理由があります。

保険会社がアポイントを取った病院は、
東ロンドンにあって
治安が良いとは言えないエリアにある病院だったので、
午後4時過ぎには暗くなってしまう今の時期、
日が沈んで暗くなってから行くのが怖かったのです。


4B86F94D-CC19-4A78-9E42-4E41EF4724EC.jpeg

診察してくれたのは同年代の女医さんで、
私の蕁麻疹を見て、
これは「Ezcemaね」と言いました。

Ezcema というのは湿疹のことです。

蕁麻疹と湿疹は、同じじゃないのかな?
と思ったのですが、
調べてみたら、違うようです。

蕁麻疹は皮膚表面が滑らかで、
赤くなって痒くなるものの、
しばらくすると消えて、また出現する、
ということを繰り返すそうです。

そのため、私のように何日も消えない場合は
蕁麻疹ではないようです。

湿疹は皮膚表面がブツブツと乾燥したり、
逆に水疱になったり、
場合によっては膿をもったりするそうです。

そう言われてみると、
確かに私の症状は、
蕁麻疹ではなく、湿疹だと思いました。

新しい薬を処方してくれて、
こう言われました。

「3週間ほど様子をみましょう、
それで効果がなかったら 、
生検検査をしましょう」

というわけで、明日、
薬局にに行って処方薬を買ってくるつもりです。
今回の薬は効くと良いのですが・・・

いずれにせよ、これで4回目の処方箋です。

前にも書きましたが、
処方箋を貰うたびに9ポンド(約1400円)かかるので、
36ポンド(約5千円)も、
処方をしてもらうだけに払ったことになります。

処方箋代は薬代とは別に払うものなので、
1度に処方してくれれば9ポンドだけで済んだのに・・・
と思うと、なんだか損をした気分になりました。

まぁ、文句を言っていても仕方ないので、
明日も薬局に行ってきます。

この記事へのコメント