ストレスによる蕁麻疹

昨日の土曜日、
日帰りでCさんのマッサージを受けに
グラストンベリーへ行ってきました。

肩凝りは特に感じていなかったのですが、
蕁麻疹がストレスからくるものだったら、
少しでもリラックスできることをしたくて、
行ってみたのです。

思っていた通り、
マッサージを受けたら
痒みの範囲が大分減って、
その日の夜くらいまでは
痒みが収まっていました。

今は、またぶり返していますが、
痒みの範囲が少しだけ減ったような気がします。

Cさんは耳ツボ鍼の資格ももっているので、
耳に針を6本打ってくれました。

もしかしたら、
それも効果があったのかもしれません。

Cさんからは「糖分を控えて、水分を沢山取りなさい」
というアドバイスをもらいました。

糖分、つまり砂糖と炭水化物です。

言われてみれば、
ストレスを感じるたびにスイーツを口にしていたり、
疲れて帰ってきたら料理するのが面倒で、
パスタとか麺類ばかり食べていました。

疲れていると自分に甘くなると言いますか、
「今日は頑張ったんだから、チーズケーキ食べてしまえ!」
「もう動くのが面倒だから、パスタにしよう」とか、
かなり適当な食生活になっていたような気がします。

自分が体調を悪くして会社を休んだときに
上司に責められたことを思い出し、
体調管理もしっかりしないといけないな、と反省しました。

現代社会においてストレス皆無というのは
ほぼ不可能に等しいと思うのですが、
どうしたら良いものか・・・

息抜きするにも、
疲れ切っていると、その気にもなれません。

Cさんのところへ行くのも、
遠いということもありますが、
なんだか行くのが面倒になってしまい、
かなり気持ちを奮い立たせて行ったのです。

仕事を断って、
自分の負担を軽くすればいいのでしょうか。

人が何と思おうと、
自分のペースで仕事をすればいいのでしょうか。

気難しくて、怒りっぽい同僚を無視して、
ご機嫌取りをやめればいいのでしょうか。

なんだか、いろいろと考えてしまいます。


こちらは、Cさんのところへ行くために
バスを待っていたときに入ったコーヒー屋さんの
ナプキンです。

「私たちのナプキンは1971年から幸せな顔をキレイにしてきました」
と書かれています。

DA4BAF1E-BEE8-4304-BAEF-C09B0565D021.jpeg

「1971年設立」と書かずに、
こういう温かい言い回しでアピールしているのは
とても賢いなぁ、と思いました。

私も、人間関係において、
こういう発想、言葉遣いができるようになれば
少しはストレスが軽くなるのかもしれませんね。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    少しでも良くなってたんなら良かったよ。野菜を多く取るようにしないとね、肉とかが多そうだしね。お菓子とかも少しひかえないと。仕事のストレスが一番の原因だろうね?職場は色んな人が居るしね、皆に合わせて仕事してたら余計に疲れるよ。どこかで線引きして自分の仕事はここまでってね、もしそう出来るならしてみたら?変な考えの同僚とかはね、必要最小限の関わりにするとか。そこの会社に居る間は割りきらないと、全部を考えすぎてたら身体がもちませんよ。イチイさんにご機嫌とリなんかは出来ません、正直な人だから。自分を一番にね、身体を壊したら大変です。のんびり出来るときは、ゆっくり休んでね。・・・またね。
    2019年10月14日 23:24
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    蕁麻疹は悪化しています。もしかしたら、前の人がヤブ医者だったのかもしれません。
    最近、燃え尽きてしまったこともあり、しゃかりきになって働くのではなく、もう少し余裕を持って働ける職場に転職しようかと本気で考えています。仕事のために生きているようで、仕事中以外も「あれをやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」と考えていて、気持ちが落ち着きません。もっと割り切った行き方ができればいいのですが・・・
    2019年10月15日 04:09
  • Sara

    イチイさん、今晩は。

    私もアレルギー体質で、アトピーだ蕁麻疹だ薬疹だといつも体を掻いているんですが、この中で薬疹が一番厄介でした。
    数年前に薬疹が出た時は、もう暴力的に痒くて、気が狂いそうになるほど。
    でも、それを薬疹だと見つけてくれたのは2人目の医者でした。
    最初の医者はアトピーだから、体質改善するしか無いと塗り薬をくれただけでした。
    実は私も最近も体が痒くて仕方がなくて、ダニだの蚊だの色々心配したのですが、2週間前に飲み始めた薬を止めたら楽になりました。
    頭皮まで痒くなって、汗が出るほどで、もしかしたらと思って薬を止めてみたのです。

    でも日本に住む弟は仕事のストレスで蕁麻疹になっていましたから、勿論、イチイさんの痒みも普通の蕁麻疹かもしれませんが。

    何か新しい薬を飲み始めたりしていませんか。
    私の場合は数年前に飲んで大丈夫だった薬を最近飲んだら薬疹が出たので、前に飲んでいて大丈夫でも薬疹になるときがあります。
    薬疹、蕁麻疹とも、酷いときは飲み薬も出して貰えます。
    あまり辛かったら、諦めずに同じ医者にもう一度相談するか、別の医者も当たってみてください。

    お大事に。
    2019年10月15日 04:10
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    今日、また診療所に行ってきたのですが、もしかしたら前の医者がヤブだったのかもしれません。おっしゃる通り、セカンドオピニオンは大切ですね。飲み薬を処方されて、それを飲んだら24時間ずっと感じていた痒みが軽減しました。新しい薬は(処方されたもの以外は)飲んでいないのですが、これまで大丈夫だったとしてもアレルギーになることもあるのですね。年を取って免疫も衰えてきているわけなので、気を付けるようにします。
    2019年10月15日 04:37
  • たま

    ストレスとそれに伴い食事が糖質過剰になっているのでは?
    http://promea2014.com/blog/

    こちらのブログにもあるように糖質過剰になると体質が病気になりやすい体に変わります。
    がん、アレルギー、糖尿病、様々な難病は全て糖質過剰によるものが原因です。
    今では医学的エビデンスも証明され糖質を少なくする食事管理が重要です。
    アメリカでも糖質制限が病院で導入されてた体質改善して病気治しています。
    気をつけないとね!
    ガンバ!
    2019年10月15日 06:40
  • たま

    2019年10月16日 04:23
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    多分、忙しさから面倒くさくなって、あまり栄養のことを考えなくなっていたような気がします。頑張ったんだから・・・とスイーツばかり食べていたり。。。反省しています。たまさんには、いつもリマインドしてもらって、とても助かっています。どうもありがとうございます。また心を入れ替えて、がんばりますね。
    2019年10月17日 05:25
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    野菜ジュースだけでなく、他の食事も気を付けないといけなそうですね。本気で、頑張ろうと思います!
    2019年10月17日 06:19