バラが咲き出しました

ボランティアしているガーデンで
日当たりの良い場所から
バラが咲き始めました。

E86311A2-AF76-45C9-89DE-1059A7F66FE9.jpeg



一昨年はボランティアを始めたばかりで、
リーダーの Jさんが
私がどの程度バラのことを知っているのか分からず、
「イチイが適当に剪定しているのではないか?」
と心配している様子が見てとれたので、
一昨年の冬は、控えめに剪定していました。

「ここまで切ったほうが、花付きがいいはず」
と思う場所まで切ってしまうと、
Jさんが「切り過ぎじゃないか?」と心配すると思い、
あまり切らずにいたのです。

それでも、去年は沢山のバラが咲いてくれて、
「これまで、こんなにバラが咲いたことはなかった」と
Jさんが驚いていました。

去年の様子は、このあたりにあります ↓

このすぐ下の写真は、
上のリンク(去年の様子)の2枚目の写真と同じ場所です。


A928CEA7-3FFC-4660-89AE-7105BFA311AC.jpeg

去年の写真に写っている白いバラは写っていませんが、
その奥の部分の写真です。

比べて頂ければ、
今年は去年よりもバラの数が多いことが
お分かりになると思います。

そして、去年の開花でJさんの信用を得たので、
今年の冬は、思いっきり剪定しました。

体調を崩していて、
思ったほど時間がとれなかったのですが、
健康な大輪の花が咲くよう、
きっちり剪定したのです。

そのおかげか、
今年のバラは大輪のものが多くあります。

たとえば、こちらのバラは、
直径が握りこぶし2つ半くらいあります。

1C29FB57-8FE5-44BE-B5F6-7CBAA36C754D.jpeg

遠目からは、
大輪の牡丹に見えるくらいです。

赤ちゃんの頭より大きくて、
Jさんは「まるでキャベツサイズだね」と笑っていました。

冬の寒い中での剪定は辛いのですが、
こうして目に見えて元気に咲いてくれると、
苦労した甲斐があった、と嬉しくなります。


そして、こちらのバラも、私に元気をくれました。

718EC107-37BF-4A8B-8F36-BD8986045441.jpeg

実は、この赤いバラを伝わせているところは、
1年間に2回も柵を壊されてしまったのです。

1回目に壊されたときのことは、
こちらに書いています ↓

その後、去年の9月にも、
同じように柵を押し倒されてしまったのです。

そのたびに、このバラは大きなダメージを受けて、
折れてしまいました。

何度も酷い目に遭って、
枝が千切れたり、折れたりしてしまっても、
折れたすぐ下から新しい茎をのばして、
上へ、上へと育っていく様子を、
毎週、愛おしく眺めていました。

そして、また手すりの高さまで持ち直し、
こんなに沢山の花をつけてくれたのです。

何度も傷ついて、倒れても、
頑張って上へ伸びていく姿を見ながら、
いつも「がんばってね」と声を掛けていました。

そして、こうして花を咲かせてくれている姿を見ると、
本当に頑張ってくれたんだなぁ、と嬉しくなります。

私も、このバラのように、
何度倒されても、何度折られても、
頑張って上を向いて伸びていきたいです。

この記事へのコメント

  • 大夫の監

    お早うございます。
    あら、本当にキャベツみたいに立派な薔薇。
    植物は、手入れする人の心に反応するときいたことあります。
    良かったですね。
    2019年05月28日 07:18
  • ココレイコ

    イチイさん、こんにちは。
    薔薇、すごい。。。。うっとり見とれてしまいました。
    どの薔薇も元気そうで幸せそうに見えます。
    実際にそこで咲いている薔薇を見られる方達はもっと幸せでしょうね。
    私もいつか、イチイさんのように、大輪の薔薇を咲かせられるように勉強してみます。今年はいくつか、ダメにしてしまったので。。(涙)
    私には、イチイさんもその赤い薔薇のように、イギリスで頑張っているようにみえます。人生これからですよ。楽しんでいきましょう。
    2019年05月28日 07:52
  • こゆきん

    大変なめにあったバラたちが、この春に綺麗に咲いてるのを見られると嬉しいですね。

    日本では、お庭作りをイングリッシュガーデン風にするのが流行っていて、
    イギリスの綺麗なお庭のお花を見ると癒されるし、
    勉強になります~o(^-^)o
    2019年05月28日 09:23
  • Sara

    薔薇がたくさん、綺麗に咲いて、寒い時に剪定してあげた結果が出て何よりですー。こうして応えてくれると、とても癒しになりますね。
    この世には(特に仕事場でなど)、努力の結果が報われないことも多いのですから。
    でも薔薇がこんなに綺麗に咲くのは剪定が薔薇にとって良いことだったと薔薇が表現して、今年も宜しくねと言っている様ですから、植物は人と違ってちゃんと良いことをしたらその結果を表現してくれて、人よりよっぽど利口だなぁと思います。
    そうすればまた、ちゃんと良いことをして貰える可能性が高いのですから。良い行いをしている人を正しく評価せず、口先ばかりの人を評価し続けたら、みんな良いことをしなくなるではないですか。

    でも自分も口先お化けになれるかと言うと、なれなさそうなので、
    その分、まじめに働くしかなさそうですけど。

    紫蘇は本葉が出たら、植え替えて良いのですね。
    ありがとうございます。
    土が乾かない様に気をつけて、発芽してくれる様に頑張ります。
    2019年05月28日 14:04
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    立派にバラが咲きましたね、イチイさんの愛情と日頃のおせわの結果ですね(o^-^o)赤いバラもとても綺麗ですね、見る人も心が和みますね。イチイさん凄い(^◇^)・・・またね。
    2019年05月28日 19:00
  • イチイ

    大夫の監さん、ありがとうございます。
    バラたちに私の気持ちが通じたのなら、とても嬉しいです。はい、良かったです!
    2019年05月29日 07:30
  • イチイ

    ココレイコさん、ありがとうございます。
    そうですね、私も赤いバラを見習って、元気に頑張って生きていけたらいいなと思います。ぜひバラの時期にロンドンにいらしてくださいね。
    2019年05月29日 07:31
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、災難にも負けずに頑張っている姿には励まされます。イギリスのお庭は、自然っぽく見えて、実はとても手が入っているものが多いので、見ていて落ち着きます。次は車を買うつもりなので、色んなお庭を見に行きたいと思います。
    2019年05月29日 07:33
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、世の中には頑張っただけ応えてもらえないものが多いので、こうして素直に表現してくれるバラはお世話のし甲斐があります。
    私も口先だけで内容が伴っていない人間にはなれそうにありません。生きていくのが下手なのかもしれません。それでも、頑張っていかなくてはならないのが辛いところですが、頑張るしかないのでしょうね。お互い、理不尽だと思うことも多い職場のようですが、なんとか凌いでいきたいですね。
    2019年05月29日 07:37
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、赤いバラもキレイです。訪れた人たちが褒めてくれたり、感謝してくれるのも、気恥ずかしい反面、嬉しく思います。バラに癒されて、元気になる人が一人でも多いと良いなと思います。
    2019年05月29日 07:38
  • ぺんぎん

    植物って日常的に声をかけていると元気に育つと聞くので、イチイさんがいつもお声がけされていたことも、たくさんの素晴らしいバラが咲き誇っている要因の1つかもしれませんね。素敵な記事をありがとうございます!
    2019年05月29日 16:11
  • イチイ

    ぺんぎんさん、ありがとうございます。
    そうですね、確かにいつも声を掛けていました。なんだか友達のような、ご近所さんのような、そんな気分になっています。これからの季節、枯れたバラを切る作業が大変ではありますが、がんばります。
    2019年05月31日 07:11