2つのケーキ

昨日の夜、同僚と晩御飯に行きました。

チャイナタウンの定食屋さんで麺を食べながら
おしゃべりをしていたら、
あっという間に2時間近く経ってしまいました。

「良い週末を!」と言って、
気分よく同僚と別れた後、
この近くに、Nさんおすすめの
ケーキ屋さんがあるのを思い出しました。

SOHO という場所柄、
夜遅くまでやっているケーキ屋さんです。

先週は気が滅入ることが多かったので、
美味しいものを食べて元気を出そうと思い、
ケーキ屋さんに行きました。

夜遅くで品数は少なかったのですが、
イチゴのショートケーキを注文しました。

すると、店員さんがこう聞いてきました。

「1つだけ? 旦那さんの分はいいの?」

「独り者なので、夫はいません」

「そっか、でも、こういう美味しいものは
特別な誰か(Someone Special)と食べないと!」

「そんな人は、いません」

そんな会話をしながらも、
店員さんはニコニコしながら、
箱にケーキを2つ入れました。

あれ? 1個で良いっていたのに・・・
と思っていたら、こう言われました。

「そしたら、近所の人でもいいから、
誰かと一緒に食べるといいよ」

ニッコリ笑いながら、
箱詰めしてくれて、
「楽しい週末を!」と言いながら、
ケーキを手渡してくれました。

料金は、1つ分しか払っていません。


先日から気の滅入ることばかりで、
会社や上司に対しての不信感から、
「しょせん、世の中なんてこんなものよね」
みたいにヘソを曲げていましたが・・・

こうして見知らぬ人に優しくしてもらえて
世の中も捨てたもんじゃないな、と思えました。

193480BA-E567-4106-8EEE-63F84D117839.jpeg

一緒に食べてくれる人はいないので、
昨日と今日に分けて、
1つずつ自分で食べましたが、
いつか、店員さんが言っていたように
Someone Special と一緒に
食べられるようになるといいな、と思いました。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    一人で食べようがほっとけって思うね(・・;)でも店員さんもいきだね(o^-^o)そおいうの嬉しいですね。美味しそうなケーキだ。のんびり過ごしてくださいね。・・・またね。
    2019年05月19日 10:25
  • Sara

    以前のご近所さんみたいに、ずけずけと物を言うだけの店員かとひやひやしながら読みましたが、そんなことはなくて良かったー。

    私はドイツに来るきっかけになった仕事を会社の都合で半月でクビになった時、近くの花屋さんに言ったらまるで神様の様なおじいさんがとても丁寧に接客してくれて、にっこり笑って「良い1日をね」と言ってくれたことが今でも忘れられません。
    傷ついていた時だったので「神様が頑張れと言ってくれたんだ」と感傷的になり、泣いた覚えがあります。
    でもその後、2度とその店員さんには会っていなくて、もしかしたら?なんて思っています。笑。

    イチイさんにも元気を出してと、何かの配剤が働いたのかもしれません。ソーホーのケーキ屋さん(田舎でなく)で、そんなこと滅多にないのではないでしょうか。

    苺のケーキ、凄くおいしそうです!
    見た目どおりの味がしましたか?
    (ドイツでは見た目とは違うことが多くて。。。香料やお酒が入っていたりしてー。)

    元気出して下さいね。
    素敵な日曜日になりますように。
    2019年05月19日 16:01
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、最初はケーキの押し売りかな?と思って、ちょっとビックリしたのですが、良い人で、気持ちよく1日を終えることができました。気を取り直して、元気にがんばります!
    2019年05月19日 21:11
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    昨日は1日中ガーデニングをしていて、気が紛れました。暗い発想かもしれませんが、植物は手をかけただけ応えてくれて、裏切られることも、期待外れになることもなくて、安心するのです。ジム友のこととか、会社のリストラとか続いて、また人間不信が復活しそうな気がします。植物に逃げていてはいけないと思うのですが・・・
    2019年05月19日 21:13