Sidi Larbi 新作 Medusa

今日は、この時に行き損ねた ↓
ダンスを見に、ロイヤルオペラハウスへ行ってきました。

一度チケットを捨てていることもあり、
着席の席で一番安い10ポンド(約1500円)の席です。

9D8DEE53-7E12-4E0C-A911-D4F600712796.jpeg

遠いけれど、真正面から全体が見えるので、
これはこれで良いかな、と思っていたのですが・・・

一緒に行った友達が、
目ざとく前のほうの空席を見つけて、
2幕目以降は前のほうに移動しました。

ドキドキしていましたが、
よくよく見ると、皆同じことをしているようで、
1幕目に後ろのほうにいた人たちが、
こぞって前のほうに来ていました。

私たちが陣取ったのは、
おそらく40ポンドくらいの席だったので、
もしかすると、先日h行くのをやめて、
代わりに今日行って、良かったのかもしれません。

Sid Larbi の新作「Medusa」は、
世の中のレビューに言われているとおり、
「もう少し作り込んで欲しかった」という印象でした。

実は、せっかくの新作、
しかもロイヤルオペラハウスでのデビューだというのに
評論家やネットのレビューは芳しくありません。

おそらく世界的に有名な
バレエダンサーによって演じられることを
意識しすぎていると言いますか、
バレエっぽい動きが多くて、
Sidi Larbi らしい動きが出ていない気がしました。

こういった場所で、
バレエを中途半端に組み込むのは、
とても危険だと思うのです。

というのも、お客さんはロイヤルオペラハウスの常連で、
本格的なバレエを見慣れているわけなので、
中途半端な「バレエっぽい」動きで満足するはずがないのです。

それくらいなら、Sidi らしいコンテンポラリーな振付、
完全にバレエとは異なる振付をしたほうが
比べる対象がないために、
きっと良い評価を得られたのではないかと思います。

とはいえ、Sidi 以外の人が振り付けた舞台が、
とても単純な動きではあるものの、
集団でのムーブメントがドラマチックで、
とても印象に残りました。

Nさんを通じて知り合った、
バレエ好きの友達と一緒に行ったのですが、
インターバルの時に、
ああでもない、こうでもない、と感想を言いあうのが
とても楽しかったです。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    今回のバレエは今一だったのね?目がこえてる人達が見ると、評価も厳しいだろうね。空席が空いてる時はずれても良いんじゃないの?ばれないだろうし(*^。^*)・・・またね。
    2019年05月17日 18:37
  • Sara

    気分転換を出来ることがあって、本当に良かったです。

    自分の仕事を誠実にできるだけすることしか、防御策はなくて、
    それ以上はもう自分の影響範囲外ですから。

    でも考えずに居られるかというと、そうとも限らないので、
    何とかそれに囚われずに時間を過ごせる術を上手に見つけることが、とても大事だと思います。

    引き続き、楽しい週末を~。
    2019年05月18日 01:48
  • 山吹

    イチイさん、こんにちは。
    イチゴの発芽、おめでとうございます!!
    うちの放任イチゴも熟してきたので、砂糖で煮てみました。
    全部鳥と蟻に食べられてしまうのは、もったいないですからね。

    色々、いろいろありましたね。
    それが人生、と一言で言ってしまえば、それまでですが…。

    イチイさんの記事にも触発されて、人間ドックを受けてきました。
    (乳がんの超音波とマンモグラフィも)

    ドブロブニク、素敵な所ですね!!
    行動力が素晴らしいです!!
    行ってみたくなりました。

    バレエ、幕があがった後に空席があれば、座ってもよいのですか?
    日本でもそれが出来ればいいな、と思いました。
    7月に東京で『スワン・レイク』があるので、観てみたいなと
    思っています(オーソドックスな『白鳥の湖』は観たことが
    あります)。
    森山未來さんのダンスが好きです。

    バラが咲き始めました。春のバラは華やかに感じます。
    (1年で5月が一番好きです。)
    ロンドンはいかがですか?
    イチイさんの花や猫の写真に癒されてます。

    2019年05月18日 16:27
  • 大夫の監

    こんにちは
    コッペリアで有名な、なたりあオシポワさんですか?
    今は、あんぱんとか、小豆のアイスが誕生したばかりで、これから改善するという所かも、知れませんですね。

    もう東京の国立劇場のバレエ団員は試みているのかも知れませんが、わたくしも、お能の羽衣とか、青海波、汐汲みなどの日本舞踊をどうしたらバレエ化できるのかしらん。などと、妄想しています。

    わたくしの手には負えませんけれども、わたくしの苦手なデジタル楽器の響きも、オーケストラを雇えないダンサーさんとか、
    オペラ歌手さんには、生活の糧になりはせぬかと。

    素人ながらも、考えてしまいます…
    2019年05月19日 16:55
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    1人だったら無理だったと思いますが、一緒に行った人が「大丈夫だよ!」と言って連れて行かれました。幕が上がるまでドキドキしていましたが、おかげで良い席で見れて良かったです。
    2019年05月19日 18:16
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    そうですね。自分に与えられた仕事をがんばるしかないのでしょうね。また仕事で嫌なこと(自分がいけないのですが)があって、さらに落ち込んでいたところだったので、気持ちが明るくなりました。気分転換、大切ですよね。
    2019年05月19日 18:17
  • イチイ

    山吹さん、ありがとうございます。
    イチゴ、大量に発芽していて、どうしようかと思っています。生命力が強い植物だと感心します。
    検査を受けてらしたのですね。結果は大丈夫でしたでしょうか。予防が第一ですが、定期的に調べておいたほうが安心ですよね。
    ROHも、来年は白鳥を29公演もします。普通はその3分の1位くらいだそうですが・・・ こちらはまだ肌寒いですが、バラが咲き始めています。来週末くらいが最盛期のような気がします。お互い、春を楽しみましょうね。
    2019年05月19日 18:34
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    はい、そのナタリアさんです。コッペリアで有名なのですね。来年のROHの演目にコッペリアがあるので、ぜひ見に行こうと思います。
    そうですね、これから改善されていくと良いのですが、あまりに人気がないと再演自体がないかもしれません。ロンドンの舞台では新しい試みがされることも多いのですが、その分批評も厳しくなりがちなのかもしれません。
    2019年05月19日 21:17