The White Crow を観てきました

昨日は、映画「The White Crow」を見てきました。

White Crow というのは、
一般よりの抜きん出た才能などを持つ人のことだそうで、
タイトルの通り、かの有名なバレエダンサー、
ルドルフ・ヌレエフの生涯についての映画です。

とはいえ、イギリスに来てから
バレエを見るようになったので、
1938年生まれで、
54歳で亡くなったヌレエフのことは
この映画を見るまで、知りませんでした。

ソ連から亡命して、
パリやロンドン、ウィーンなどで活躍したそうですが、
亡命したところで映画は終わっています。

映画は楽しめたのですが、
気温が20度以上もあって
気持ちの良い青空が広がっていた土曜日なので、
観客は、私を含めて6人だけでした。

しかも、1人は途中で退出してしまいました。

さらに、後ろのほうから、
イビキとまではいかなくても、
かなり大きな寝息が聞こえてきました。

バレエが好きな私にとっては
とても興味深い映画で楽しめましたが、
そういうものに興味のない人にとっては、
あまり楽しい映画ではなかったのかもしれません。


映画館では写真が撮れなかったので、
テラスで咲いている、ブルーベリーの花を載せておきます。

9076C304-17A5-4EA0-BCE0-7D7FCFFD8153.jpeg

このブルーベリーは去年の春に買って、
去年も花が咲いたのですが、
実がなりませんでした。

もしかして、ハチとか虫が来なくて、
受粉しなかったのかも?と思って調べてみたら、
なんと、ブルーベリーは
1本だけだと実がならないそうです。

「自家不和合性」と呼ばれる性質があるそうで、
この性質の品種は
単体1品種では受粉ができないのだそうです。

同系統の別品種を側に置いておけば、
受粉して実がなるようですが、
通販でこのブルーベリーを買った時には、
たわわに実った写真と簡単な説明だけで、
「もう1本ないと実がならない」などとは
書かれていませんでした。

もう1本買うべきか、
それとも割り切って花だけ楽しむか、
もしくは、いっそのことボランティアしている
ガーデンに持っていて「ご自由にどうぞ」の仲間に入れて
どこかへ里子に出すか・・・考え中です。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    映画を見ながら寝てたら意味ないね。ブルーベリーってそうなのね、でもお花も綺麗で可愛らしいね。植物って不思議ですね。今日は凄く寒くなりましたよ、風もきつくてね雪が降ってる所もありますよ。インフルエンザが流行ってるらしいですよ。身体がついていきません( ̄O ̄)・・・またね。
    2019年04月27日 14:06
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    本当に植物って不思議です。でも、その生命力にはいつも励まされ散ます。雪ですか?もう5月になるというのに・・・ 暖かくして、体調には気を付けてくださいね。
    2019年04月28日 20:37