買った家がマーケットから下げられたそうです

こちらでお話しましたが、
私がすべての書類を提出するまでは、
買おうと思っている家はマーケットにある
(=売り家として広告している)状態でした ↓

その時にも書きましたが、
マーケットから取り下げられるのは、
イースター休暇明けの火曜日だと思っていました。

でも、昨日の午前11時半くらいに
不動産屋さんからメールが入っていました。

「書類が届いたので、
今日中にマーケットから取り下げます」

厳密に言うと、
祝日は金曜日と月曜日なので、
土曜日は通常営業らしく、
その不動産屋さんは午後3時まで営業していたようです。

失礼ながら、呑気なイギリス人が
四連休も働くなどとは夢にも思っていませんでした。

でも、思ってもいなかっただけに、
マーケットから取り下げられたと聞いて、
ほっとしました。


とはいえ、喜んでばかりもいられません。

今回の家は、前の家よりも値段が高いので、
前金の金額も跳ね上がるのです。

前の家は、もともとの値段が安かったうえに、
5%の前金でローンを組む予定でした。

でも、今回は元の値段が高くなったため、
5%だとローンが組めなかったのです。

簡単に言いますと、
銀行から借りる金額が高くなるので、
私の年齢から70歳まで働いたと仮定して、
(そんな年まで働きたくはありませんが・・・)
20年のローンを組んだときに返済できる金額の
上限ぎりぎりになってしまったのです。

5%の前金だと、
20年ローンで返済できる金額よりも
少しだけ多い金額を借りる必要が出てくるため、
ローンが組めなかったのです。

でも、10%の前金を入れれば、
なんとかローンが組めるとのことだったので、
今はその方向で進めています。

前に、Brexit で
不動産価格が少しだけ下がったことにより、
これまで「ぎりぎり手が届かなかった」庭付き家が、
なんとか「ぎりぎり手が届く」ようになったと書きましたが、
本当に「ぎりぎり」だったのです。

と言いますか、
実際のことをお話しすると、
本来であればローンは組めなかったかもしれません。

このときに相談した ↓
住宅ローンアドバイザーの
Mさんに全てお任せしているのですが、
アドバイザーに相談していたおかげで、
どうにかローンが組めそうなのです。

実は、今回の家を買うときの値段交渉をする前に、
私がメインで使っている銀行に電話して、
お金が借りられるかどうか、聞いてみたのです。
すると、にべもなく、こう言われました。

「それは通勤圏外だから、無理です。
25%の前金を入れるなら、貸せます」

アドバイザーのMさんがイースター休暇に絡めて
長期休暇をとっていることを知っていたので、
仕方なく銀行に電話したのですが・・・

でも、実際に前の家を買おうとしたときには
5%のデポジットで、
某銀行から正式なローンの許可が下りていました。

おそらく、アドバイザーの伝手と言いますか、
きっと銀行と交渉してくれたのだと思います。

そこで、ダメもとでMさんにメールで聞いてみたら、
Mさんは休暇中にもかかわらず返信をくれて、
「10%の前金を入れるなら、ローンが組める」
と教えてくれたのです。


どちらの家にするか迷っていたときに
「買うのを見合わせる」
という選択肢もありましたが、
今でさえ「10%の前金で、ぎりぎり借りれらる」状態なので、
来年になったとしたら、
ローンを組める年数が19年に減ってしまうため、
つまりは、借りられる金額が減ってしまいます。

いくらBrexit で価格が下がっているとはいえ、
1ヶ月に3万円くらいしか貯金できない現状を考えると、
不動産価格が10%以上値下がりしない限りは、
1年後に庭付きの家などは買えないだろう、
と判断して、家を買うことに踏み切ったのです。


話が逸れましたが、
最初に予定していた金額に比べ、
倍以上の前金を入れることになったので、
弁護士費用や家具の購入費用などを考えると、
貯金があまり残らない状態になってしまうのです。

それでも、スッカラカンにならないだけマシですが、
残った貯金で中古の日本車を買おうと思っていたので、
それが買えそうになく、残念でなりません。

でも、たぶん1年くらい頑張って貯金すれば、
車は買えると思うので、
それまでの辛抱だと思っています。


こちらは、今日近所で見かけました。

DF086C0D-D926-4107-989D-C9E3D9117094.jpeg

手入れのされていない駐車場の端で、
いわゆる雑草と言いますか、
放置されている植物たちです。

誰も手入れしていなくても、
こんなに元気に、
そしてカラフルに咲き誇るなんて、
植物の生きる力はすごいですね。

こういう逞しい植物を見ると、
私も頑張らなくちゃ!という気持ちになります。

この記事へのコメント

  • たま

    良かったね、まだ安心できないけど優先権が与えられてよかったですね。車についてですが今は世界中で車を所持するのではなくレンタルすることが主流になっていますよ、レンタルして利用する方法です。所持すると車の維持費から税金まですべてかかるから必要なときにレンタルすればいいのでは?物を持つことはそれだけ維持費がかかることになりますから。
    ガンバ!
    2019年04月21日 11:29
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    ローンも年齢で変わってくるしね、今が良いタイミングかも知れませんね。日本の軽自動車とかイギリスで中古車とか売ってるのかな?軽自動車なら燃費も良いし小回り聞くし良いかもね。家具とかも棚とか自分で大工さんしてみたら(^∇^)庭いじりが楽しみですね。・・・またね。
    2019年04月21日 14:09
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    実は、イギリスにも Zipcar というカーシェアリングがあって、同僚に勧められたのです。そこで、何日くらい使うか?維持費は幾らか?などと細かく計算してみたら、購入するのとあまり変わりませんでした。Zipcar の駐車場が近くにないこともあり、買ったほうが良さそうだという結論に至りました。でも、今は貯金が少なくなりそうなので、しばらくはZipcarでガマンすることになりそうです。
    2019年04月21日 17:34
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    そうですね、良いタイミングと言いますか、ぎりぎりのタイミングだったのだと思います。日本の軽自動車も売っていますが、日本車は全体的に値段が高いので、どうするか考えてみます。
    2019年04月21日 17:34
  • Sara

    買いたいと思われたお家の確定、おめでとうございます。

    早く購入を決めなければいけない理由はローン年数との関係だったのですね。うちも正にそうでしたので、良く判ります。

    私もこちらの法定定年67歳まででは12年しかなかったのですが、何とか15年でローンを組むことができました。
    (何とかして定年までの12年で繰り上げ返済をしなくてはと思っています。)

    私も取得税が5%から6.5%になると判っていた時は、もう必死に物件を探したのですが、結局見つからなくて、6.5%の取得税を支払いました。
    でも10年ほど前の住宅ローン金利はとても高くて5%とかあり、キャッシュの無い人は賃貸に住む方が安いくらいでしたが、金利が2%以下になったので、慌てて買うことを考え始めました。結局1.6%未満の金利で借りられました。今は更に下がっていると良いですね。

    子供の頃から賃貸にしか暮らしたことが無くて、その時には飼えなかった動物が自由に飼えて、それが今、一番嬉しいことです。(今は猫2匹ですが、定年したら犬を飼いたいです。)
    イチイさんも大好きな植物の世話が思う存分できますね。
    早くその楽しさを味わえますように。
    2019年04月21日 18:03
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    ローンが組める年数は法定年齢があるのですね。イギリスは銀行が決めることになっていて、だいたい65-70歳のようです。
    金利1.6%未満とは安いですね。イギリスで今ローンを組んだら、どんなに安くても2.3%以上します。
    はい、少しずつ実感が湧いてきて、自分のものになる日が楽しみになってきました。事務手続きとか色々とありますが、がんばります。
    2019年04月22日 08:20