15円のビオラ

昨日の土曜日は、
朝からホームセンターに行ってきました。

こちらでよく紹介している
「見切り品」のお花を買っているホームセンターです。

2年くらい足を運んでいたこともあり、
どうやら金曜の夕方に
「見切り品」かどうかを
判断しているらしいことが分かりました。

と言いますのも、金曜の夜か土曜の朝に行くと、
「見切り品」の数が多いだけでなく、
「これが、見切り品?」と思うような、
少しだけしか枯れていないお花が売っているのです。

今日は、どんなお花と会えるのかな?

そんな小さな期待感をもっているせいか
ホームセンターへ向かう足取りが軽いような気がしました。

思っていた通り、たくさんのお花が、
「見切り品」の棚に並んでいました。

とくに、パンジーとビオラのセットが
殆ど枯れていないような状態なのに、
半額になっていました。

私が買った「見切り品」ビオラの底値は、
6株で50ペンスですが、
今日の「見切り品」は12株で1.50ポンドでした。
日本円にすると、1株15円くらいになります。

実は、こちらの Copperfiled というビオラと・・・

7DA1E3F4-97F3-4D56-A024-133E25F76999.jpeg

こちらのビオラの・・・

81336D45-141C-4379-93CA-10E2892E6D9A.jpeg

どちらを買うか、かなり迷いました。

下のビオラは Neptune(ネプチューン)という名前で、
深くて暗い水底に たゆたう太陽の光をイメージさせるような、
とても深い青色をしているのです。

とても魅惑的な色合いで、
自分の家を飾るビオラだったら、
こちらにしていたと思います。

でも、今回の目的は、
ボランティアで世話をしている
野菜畑に植えるビオラなのです。

ビオラは食用に使えるそうなので、
畑の彩として添えようと思ったのです。

かなり迷った末に、
コッパーフィールドという名前の、
最初の写真のビオラにしました。

食卓にのせるなら、
寒色系よりも暖色系のほうが、
食事が美味しく見えるんじゃないかな?
と思ったのです。

帰りのバスのなかで、
改めて買ったビオラを見てみましたが、
これがどうして見切り品なのかな?
と思うような状態です。

F666C114-6F55-497E-BD14-39CD2FEC73B4.jpeg
Copperfield(コッパーフィールド)というのは、
人の苗字でもありますが、
おそらく、Copper(銅)色をした Field(野原)を
イメージしたビオラなのだと思います。

今、今年の野菜畑に植えるための野菜を
種から育てています。

それらが大きくなるまでに、
あと2週間くらいかかると思うので、
そのタイミングでビオラも畑に植えるつもりです。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^3^)/

    綺麗な色ですね、植え替えたら元気になるね。季節の変わり目とかでも安くなったりするのかな?イチイさんが育てたら元気に育ちますよ(^ー^)
    2019年04月15日 23:22
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    はい、野菜畑は日当たりが良いので、きっと元気に育ってくれると思います。実は紫色のサラダ菜と一緒に植えるつもりなので、それもあって紫と相性が良さそうなオレンジや黄色のビオラにしました。
    あのホームセンターは、入荷したあとは殆ど水やりをしないようなので、枯れたら見切り品という感じになるみたいです。ただ、クリスマス前はツリー置き場を確保するために、元気な植物も安くなっていました。
    2019年04月16日 06:54