兄を思い出しました

いつもジムに行くと、
スタジオのクラスを取って、
そのあとにジムのストレッチエリアで
柔軟体操や腹筋をしています。

すると、大抵いつものジム友が、
ストレッチエリアで腹筋しています。

ジムに行く時間が重なっているので、
二人して腹筋運動をした後、
プールで水泳の練習をするか、
ジャグジーに行くのが、いつものコースです。

でも最近、
新しいランニングマシンが入ったらしいので、
ジム友と一緒にランニングマシンを試してみることにしました。

新しいマシンは、
操作画面がタッチパネルになっていました。

隣で同僚がしている操作を眺めながら、
私も見よう見まねで動かしてみると、
ヨセミテ国立公園の中を歩いているような気分になる、
映画のような画面が流れ始めました。

2人して、ああでもない、こうでもない、
などとマシンの操作についておしゃべりしながら、
早歩きくらいのペースで運動していたのですが、
ジム友が額に汗をかきはじめました。

代謝の悪い私は、汗をかいていなかったので、
汗っかきな人なんだな・・と思い、
気安さもあって、隣から手を伸ばして、
ジム友のマシンのスピードを速めてみました。

そして、彼だけ走らせるは悪いと思って、
私も同じスピードにしてみたら、
背の高い(足の長い)彼は早歩きなのに
背の低い(足の短い)私は走る羽目になりました。

その差が、なんだかおかしくて、
お互い、笑い出してしまいました。

そして、思い出したのです。

子供のころ、まだ兄が家にいた頃のことを・・・

私たち兄弟は親に虐待されていたので、
お互いが庇いあうようにして育ち、
いつも一緒に、身を寄せるように、
縮こまって暮らしていました。

大人しくて真面目な兄が大好きだったので、
勉強ばかりしている兄に構って欲しくて、
よく ちょっかいを出していました。

こんな風に、横から手を出して、
兄の読書を邪魔してみたり、
勉強しているテキストをのぞき込んだり、
そんなことをしていたのです。

そんなとき、兄は怒ることもなく、
仕方ないなぁという顔をしながら、
笑いながら許してくれました。

こんなふうに横から手を出して、
勝手に画面を操作している私に怒りもせず、
ニコニコとされるがままになっているジム友を見て、
兄と遊んでいたときの気持ちを思い出したのです。

もう何十年も会っていません。

お互いに年を取ったので、
街角ですれ違っても、
分からないかもしれません。

それでも、元気でいて欲しいな、と思いました。

こんな風に兄のことを思い出したのは、
初めてです。

外国人の同僚と兄は、全然似ていません。
それでも、優しかった兄のことが思い出されたのです。

しかも、今の今まで その優しかった兄のことを
思い出しもしなかった自分にも、驚きました。

連絡先も知らないので、
元気かどうか、確かめる術すらありません。

それでも、どこかで元気にしていて、
幸せに暮らしてくれているといいな、
と心から思います。

そして、その当時は全く気にもしていませんでしたが、
自分も虐待されて辛かったでしょうに、
「お兄ちゃんだから」と私を庇ってくれていた
その健気な優しさに感謝したくても、
もう連絡先すら分からず、
この気持ちを伝えることすらできないことに
悲しくなりました。

兄は優しいので、
どんなに毒親であったとしても、
親を見捨てることができず、
ずっと一緒に暮らしていました。

私は、どうしても親から離れたくて、
20年以上前に、
兄との関係も切れることを覚悟したうえで、
自分から繋がりを切った(逃げた)のです。

自業自得としか言いようがないのですが、
それでも、兄がどこかで幸せに暮らしてくれていることを
心の底から、願ってやみません。


ちょっとくらい話題になってしまいましたので、
明るい写真を貼っておきます。

こちらは、Fenton House のツルバラです。

87E6D3F2-B121-43EB-93F0-8300D3FCF484.jpeg

バラの間に、
ハニーサックル(スイカズラ)が咲いています。

9DC1B6A6-12B3-4F82-BBED-0645EB675227.jpeg

バラの色と合っていて、
こういう「寄せ植え」もお洒落で素敵だと思いました。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    イチイさんは逃げたのではないよ、自分を守ったんですよ。親を見捨てたわけではなくてね、一人で生きて行く道を選んだんです。そのためにずっと努力して来たんです。イチイさんは自分で決めた道を歩いてきたんです、お兄さんもそうですよ。幸せに暮らしてくれてたら嬉しいですね。いつかイチイさんの気持ち次第でお兄さんに会える日も来ます、その日がこの先何年過ぎてもね来たらいいなって思いました。・・・バラのように強く元気に生きていきましょうね。・・・またね。
    2019年06月22日 18:42
  • ココレイコ

    イチイさん、おはようございます。
    お兄さんのこと、お話ししてくれてありがとうございます。
    優しいお兄さんだったのですね。
    イチイさんがお兄さんのことを思い出したり、幸せを願ったりするようになったのは、イチイさんがだんだんと幸せになってきているからかもしれませんね。
    いつか、お兄さんと再会できる日が来るといいですね。。。。
    2019年06月22日 20:01
  • 大夫の監

    こんばんは
    そうでございましたか。
    勝ち組にしか見えないイチイ様がどうして、失敗ばかりとサイト名を付けなさったり、

    そういう、遠慮がちなご風情なのでしょうと思っていましたが。

    皆様それぞれに、試練が有りなさるものですね。
    2019年06月22日 23:59
  • こゆきん

    ずっと日記を読んでいて、何故イチイさんはご家族から離れて、
    遠いイギリスにやってきたのか、
    とても気になってはいました。
    聞きたくても、簡単に聞ける話ではないし。

    今回の日記で少しわかりました。
    今でいう、毒親というやつだったんでしょうか?
    虐待となると、それよりも酷い感じですね。
    お兄さんの居場所はわからないんですね。
    とても優しい素敵なお兄さんだったのなら、
    元気にされてるのか気になりますね。
    何か方法はないのでしょうか。
    2019年06月23日 07:38
  • Sara

    私も決して日本に居る親族と仲が良いわけではないので、イチイさんの切なさが判ります。
    日本を出ていたりすると、日本に居るよりはどうしても疎遠になるので、日本に居る親族は自分達を捨てて?出て行ったと何かがあると思うのかもしれないですね。

    つる薔薇、本当に綺麗~。
    うちの薔薇もこんな風に育ってくれることを期待していたのですが、未だに全く蕾が付きません。
    液肥をやり始めて今日で3週間になるのですけれど。。。
    今年は咲かないのかなぁ。
    2019年06月23日 16:58
  • なおみ

    イチイさん、こんにちは。

    辛すぎる子供時代に守ってくれたお兄様の存在があったこと、お兄様に確実に愛された経験が、今イチイさんが優しく、そしてきちんと生活する足がかりになっているのかな、と思いました。

    お兄様も、きっとどこかで、同じように、妹の幸せを願っていることでしょうね。

    イギリスのどこかの町で、歳を取ったお兄様と偶然再会するってことも、ないとは限りません。
    生きていれば、どんな奇跡が待っているか、わかりませんものね。


    2019年06月24日 09:15
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    一人で生きていく道を選んで、色んな苦労をして、どうしてこんなことになったんだろう、と後悔して、悩んで、でも少しづつ前に進むしかなくて・・・ 兄と私は性格が正反対でしたが、兄が幸せに暮らしてくれていることを願っています。バラのように、強く生きていきたいです。がんばりますね。
    2019年06月25日 07:14
  • イチイ

    ココレイコさん、ありがとうございます。
    たしかに、これまでは自分のことで精一杯でしたし、感情を揺さぶられるようなことは考えないようにしていました。兄に再会したいような、合わせる顔がないような、複雑な気分です。でも、どこにいたとしても、幸せでいてほしいと思っています。
    2019年06月25日 07:16
  • イチイ

    大夫の監さん、ありがとうございます。
    私は自分を勝ち組だとは思えませんが、そう見えるのでしょうか。5年前にブログを始めてから、少しずつ変わっていけたおかげで、そう見えるのかもしれません。それは、たぶん良いことなのかもしれませんね。
    2019年06月25日 07:17
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    あまり詳しくは書いていませんが、5年前にブログを始めたころには時々こういう話題を書いていたので、なんとなく皆さんご存知だと思っていましたが、言われてみれば、ここ数年はそういう話をしていなかったので、ご存じないのも当然ですよね。兄は優しい人だったので、優しい人に囲まれて幸せに暮らしていることを願っています。
    2019年06月25日 07:19
  • イチイ

    Saraさん、ありがとうございます。
    私は日本にいたときから絶縁状態だったので、海外にいると疎遠になるというのは実感がありませんが、おそらくそういうものなのでしょうね。
    今の時期に蕾がついていないのは、いくつかの原因が考えられます。Dead になっている(花芽のつかない状態の芽のことです)可能性が高いのですが、もしツルバラが四季咲きのものであれば、今から剪定すれば秋に咲いてくれるはずです。
    2019年06月25日 07:25
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    そうですね、兄がいたことは救いでした。兄がいなかったら、人間全員を嫌いになっていたと思います。守ってくれるはずの、頼れるはずの親に虐待されていると、誰のことも信じられなくなります。でも、兄だけは自分が痛い思いをしたとしても庇ってくれたので、そういう人も存在するということを信じられたのだと思います。いつか会えたら嬉しいかもしれませんが、でも、逃げた私には合わせる顔がないとも思いますので、会わないほうが良いのかもしれない気がします。人の感情って、一筋縄ではいかないものですね。
    2019年06月25日 07:28
  • Sara

    イチイさん、ツルバラなのですが、買った時に付いていたタグにはツルバラとしか書かれていなかったので、四季咲きかどうか判らないのですが、多分、違うのではと思います。
    植えてから一度も蕾が付いていないので、良くわからないのですが、細い枝がたくさん生えて、それぞれに葉ばかりが出て、蕾が付かないのです。
    3週間前からは液肥をやるようになりましたが、特に変化はなくて、緑色の虫が付いた時には直ぐに見つけて手で取り、オーガニックの殺虫剤も塗布したので、今は虫にやられている様子はありません。
    枝の先端は赤っぽい枝葉が出で暫くすると緑色の葉になるということの繰り返しです。
    今年の夏一杯、水や液肥をしっかりやって、頑張ってみますね。
    ありがとうございます。
    2019年06月26日 05:53
  • イチイ

    Saraさん、コメントをありがとうございます。
    新しい芽が赤茶色をしている種類のバラもありますが、一輪も蕾をつけないのが少し気になります。芽がDeadになっている可能性があるので、少し先を切ったほうが良いかもしれません。今度、ボランティアに行ったときに Dead の芽があったら写真を撮ってきますので、どういうのが Dead の芽で、どういう風に剪定(少し先を切る)したらよいのか、ブログに書いてみますね。
    バラは水切れに弱いですが、水をあげすぎても根が張らずに葉っぱばかり茂るようです。液肥もバラ用と言いますか、リン酸( phosphoric)が多く含まれているもののほうが花付きが良くなります。ちなみに葉っぱは元気でしょうか?シワシワになっているとしたら、うどんこ病にかかっている可能性があります。色々と原因は考えられますが、綺麗に咲いてくれるといいですね。
    2019年06月27日 07:03