ウェルズのカテドラル

ウェルズの街には、カテドラルがあります。

693B0D83-BD00-4683-A6CE-BDDEC968BA56.jpeg

入場は無料となっているものの、
寄付として6ポンドを求められます。

でも、とても立派な教会なので、
一見の価値はあると思います。

ゴシック様式のアーチが美しく、
中央の聖歌隊席付近で交差しているアーチも独創的で、
見ていて飽きません。

524BE077-F3B5-41AA-8314-1BEB98732E2D.jpeg

交差しているアーチの向こうは聖歌隊席で、
聖書や歌の本が、整然と並んでいました。


0BBA0A49-54B8-46BD-B663-ED429DFFB69D.jpeg
こういうふうに、きっちりと揃って置かれているのを見ると
なんとなく気持ちが落ち着きます。


1ポンドの寄付をしてロウソクを買って、
火をつけてきました。


DE86CC87-CDD0-4670-9CDA-EDC5914B3B80.jpeg
別に願い事があったわけではないのですが、
薄暗い教会の片隅で、
ゆらゆらと揺れる小さな炎が幻想的で、
まるで、ひとつの芸術作品のような気がしたのです。

そして、その作品に、
私も手を加えてみたくなったのです。

不信心な動機ではありましたが、
火をともして、ボーっと見ていたら、
じわっと、小さな満足感が湧いてきました。


教会の本堂から側廊に出ようと歩いていたら、
側廊へ出る途中にあった石のベンチに、
こんなクッションが置いてありました。

90C00735-8742-4C87-BC6A-C259F570BE0B.jpeg
手刺繍のクッションのようですが、
凝ったデザインで、とても上手に作られていました。

手前に「1973」という数字が見えるので、
もしかすると1973年に作られたものなのかもしれません。


側廊に出てみたら、
とても素敵なゴシック様式のアーチが続いていました。

F56D76BF-E16A-49B0-B311-B35644F3EC77.jpeg

こういった側廊のことを「クロイスター」と呼ぶのですが、
ハリーポッターの映画にでも出てきそうな雰囲気でした。

雨音を聞きながらクロイスターを歩いていたら、
なんだか不思議な気分になりました。

目にするものがすべて中世のものなので、
現実離れした感覚と言いますか、
自分がこういう場所にいること自体が、
現実ではないような、不思議な感覚にとらわれたのです。

建物の雰囲気に圧倒されて、
現実のことなど気持ちの片隅に追いやられてしまったような、
そんな気分になりました。

こういった建物を作った昔の人たちって、
どんな人たちだったのでしょうね。

何百年も経て、生まれた国も人種も違う、
私のような人間にすら感動を与えることができるなんて、
素晴らしい偉業だと思います。

建物を作った人たちがどんな人生を送ったかは知りませんが、
その人たちは死んでから何百年経っても、
訪れた人たちが、彼らの仕事に対して
感謝の気持ちを捧げ続けるのですから、
壮大なスケールの偉業だと思います。

芸術家や建築家のように、
後世に残るものを手掛けることができる人を、
ちょっと羨ましく思いました。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    凄く立派な教会ですね、お城みたいだね( ・∇・)アーチも綺麗だ。ローソクも素敵だね、違う世界に居るみたいな感じだね。歴史があるこんな場所に居ると、過去の世界に行ったみたいに思えますね。これらを作った職人さん達も、日本人が見に来てるなんて思っても無かったでしょうね。イチイさんが癒されてたら良かったです。・・・♪v(*'-^*)^☆またね。
    2019年02月13日 17:29
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    本当にお城みたいです。ロンドン以外の、しかも小さな町にこんな教会があるなんて・・と驚きました。街の人たちが誇らしく思うのも納得です。
    2019年02月14日 06:36