ウェルズのマーケット

先週末、グラストンベリーへ行く途中
ウェルズに立ち寄りました。


前にも何度か立ち寄ったことがあるのですが、
イギリスでもっとも小さな「City」で、
アメリカのコメディ映画の舞台になったこともあります。
こちらの映画です → Hot Fuzz

ウェルズのバス停に到着して、
バスのドアが開くと、
いつも香ばしいソーセージの臭いが漂ってきます。

バス停のすぐ横に
ソーセージの屋台が出ているのです。

土曜日は、せっかくなので
そのソーセージを食べてみました。

9A0B1D18-BA9A-472C-96D8-60C4DD5E776F.jpeg
コッペパンみたいなパンにソーセージを2つ、
炒めた玉ねぎを添えて、4ポンドでした。

ロンドンだったら6ポンドくらいしそうなので、
やはり田舎は物価が安めなのかもしれません。


植物を売っている屋台もあったので覗いてみたら、
どれも安くて驚きました。

ロンドンだったら20-30ポンドくらいしそうな
直径25cmくらいの植木鉢の植物が、
なんと10ポンドで売っていました。

ロンドンへ持ち帰るのは大変なので、
買うのは諦めましたが、
元気そうな植物ばかりで、
生き生きしていました。

970CF7EF-9DDA-4BE7-B121-449F7932B117.jpeg

野菜を売っている屋台で、
地元のアップルジュースが売っていました。
ラベルが手作りっぽくて、可愛かったです。


E0C6F44D-CC03-40EF-8D7B-160D687A6261.jpeg

そして、会社の同僚にお土産を買おうと、
こちらのファッジ(イギリスの甘いお菓子)のお店に入ってみました。

EBC3867C-21F6-4965-A54C-F55FB65BB0F6.jpeg

とても明るい店員さんが、
元気よく声を掛けてくれました。

「お子さんへのお土産なら、
こっちのチョコレート風味がお勧めですよ」

「会社の同僚へのお土産なのですが・・・」

「男性の方だったら、
こちらのショウガ入りのが人気ですよ。
味見してみますか?」

「いいんですか?」

・・・と、ちいさな欠片をくれました。

甘さの中にショウガが効いていて、
癖になりそうな味でした。

小袋に入ったショウガ味のファッジを買ったのですが、
お会計を済ませて、お店を出ようとしたときに、
声を掛けられました。

「これからカテドラルを見に行くの?
もしよかったら、お荷物を預かりましょうか?」

「え・・・・?」

咄嗟に「いいえ、大丈夫です」と言いかけたのですが、
外は小雨が降り出していたので、
転がすタイプのスーツケースをもっていた私は
このまま転がして歩くと荷物が濡れてしまうと思い、
お言葉に甘えることにしました。

たぶん、定員さんは雨が降り出したのを見て、
声を掛けてくれたのだと思います。

一番安い小袋を1つ買っただけなのに、
親切な人だなぁ、と気持ちが和みました。

ロンドンだったら、
こんなことは ありえません。

「お客さんに対して、憂さ晴らししているのかしら?」
と思うような、高飛車な店員さんが多く、
物を売ったらおしまい、という人ばかりです。

見知らぬ人であっても
相手の立場になって考えて、
手を差し伸べてくれる。

自分もそうしているつもりでしたが、
ロンドンでそうしていると
どんどん人に利用されるばかりで、
貧乏くじを引いてしまうことが多いような気がします。

仲の良い同僚からも
「あなたは Take Advantage されやすいから
(=人に利用されやすいから)気を付けたほうがいいわ」
と言われたことがありますし・・・

こんなふうに、
相手のためを思って行動してくれる人が
多い環境で働けたなら、
もう少し楽しく仕事ができるのかなぁ?
と思ってしまいました。


この記事へのコメント

  • こゆきん

    ソーセージを挟んだパン美味しそうですね😊
    生き生きとした植物、買って帰れなくて残念!

    お菓子のお店の店員さん、親切で良かったですね。

    そういえば、こんな話があります。
    泥棒の村で子供が育つと、
    どんなにいい子でも、みんな泥棒になると。

    ロンドンの人たちが高飛車だったり、
    冷たい態度だったりするのは、
    環境がそうさせてしまったんでしょうね。

    イチイさんは、はっきりと出来ないことは出来ないと言って、
    曖昧にしない態度さえしていれば、
    ロンドンの人たちに染まる必要はないと思いますよ。


    2019年02月12日 10:12
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    ソーセージ美味しそうですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ値段も田舎は安いんですね。都会が高すぎるのね。植物も買いたかったね、でも帰りの荷物になるしね。ジュースのラベルが可愛らしいね、手作りって感じがいいね。国が違うと全て違うしね、イチイさんは優しすぎだから気を付けないと。人の気遣いとか分からない人は、何をしても言ってもわからないよ。リフレッシュ出来てたなら良かったです。・・・(o・ω・)ノ))またね
    2019年02月12日 16:16
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    植物、無理をすれば買って帰れたとは思ったのですが、あんなに元気に幸せそうに育っている植物を、ゴチャゴチャしてスモッグ公害もあるロンドンに連れてくるのが可哀想になったのも、買わなかった理由のひとつなのです。おっしゃるとおり、環境が違いすぎます・・・ 私はロンドンの人たちに染まりたくないと思いますが、気持ちが弱くて流されてしまいがちです。
    泥棒の村の話、怖いですね。そういう環境で育つと、何が良いか?とか、どうあるべきか?といった観念がズレてしまうのでしょうか。私も染まらないよう、気を付けたいと思います。
    2019年02月13日 07:42
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    私は優しいのでしょうか。よく分かりません・・・でも、できれば優しい人や魅力的な人たちの多い環境で暮らしたいな、とは思います。まずは自分がそういう人間にならないと、そういう環境に馴染めないのかもしれませんが・・・ 毎日の生活に追われていると、なかなか難しいです。リフレッシュできたので、この調子で元気に頑張ろうと思います。ミルモさんも体調には気を付けてくださいね。
    2019年02月13日 07:44