気持ちと身体をリセット

突然決めたことですが、
グラストンベリーに来て、良かったです。


昨日のマッサージは3時からだったのですが、
直前に予約した長距離バスはどれも値段が高く、
一番安かった朝一番のバス、
7時半ロンドン出発のバスに乗りました。

ブリストルで市バスに乗り換えるのですが、
そのときに、ちょうど同時期に列に並んだ
ご年配の女性から「お先にどうぞ」と
 ニッコリ笑いかけられました。

そのときに、胸が熱くなりました。

ロンドンで毎日バスに乗っていますが、
最近では男性でも先を譲る人が少なく、
女性にいたっては
 誰もが「自分が優先されて当然」という顔をして、
我先に乗り込んでいくのです。

こういう、ちょっとした気遣い、
見知らぬ相手に対する些細な優しさというのを
久しぶりに感じて、
「ああ、人間関係って、こういうものだよな」と
 改めて思い出したのです。

昨日は時間があったので、
ウェルズという古都で途中下車しようと思い、
 バスのドライバーさんに料金を聞いたときも、
にこやかに笑いながら、こう教えてくれました。

「ウェルズまでが6.50ポンド、
そこからグラストンベリーは10分くらいだけど
2.50ポンドかかるから、
1日券のほうがいいかもしれないよ。

7ポンドだけど、ストリート(グラストンベリーの先にある街)
にも足を伸ばせるし、乗り降りし放題だから」

ストリートへ行く時間があるかはわかりませんでしたが、
1日券を買いました。

そして、初めてブリストルに来たときのことを
思い出しました。

道行く人がにこやかで、
目があっただけでニッコリ笑いかけてくれたりして、
誰かと話をしなくても、
単に道を歩いているだけでも、
「人」として扱われているな、という気がしたことを・・・

今の私は、知り合いは増えましたが、
友達と呼べるのは Nさんくらいで、
職場と家とジムとボランティア先をあくせく移動しています

唯一、気持ちが休まる時間が
ガーデニングのボランティアですが、
最近は、疲れがひどかったり、
お天気が悪かったりして、
なかなか思うようにボランティアへ行けていません。

「日々の生活に流される」とはまさにこのことで、
こうして立ち止まって考える時間ができてみると、
ここ数ヶ月の間、
なんともったいない人生の過ごし方をしていたのだろう、
とすら思えてきました。

「人生にはお金よりも大事なことがある」と人は言いますか、
それは究極の貧乏を経験したことのない人が言える言葉で、
私にとっては、ある意味での特権階級にいる人が
言える言葉だと思っています。

かつて、住む家をなくして、頼る親戚もなく、
ホステルを転々としながら
家探しをしていた時期があります。

仕事は続けていましたので「究極の貧乏」ではありませんでしたが、
職場で住所不定だとバレたらどうなるかわからないと思い、
必死に取り繕っていました。

今でも、お金がないと命を繋いでいくことができないので、
現代社会において「お金よりも大事なこと」などない、
と思っていますが、それでも、
最低限の生活を保障できるだけの金銭や財産を確保したうえであれば、
「お金よりも大事なことがある」のかもしれない、
と思うようになりました。

旅行に行くくらいの余裕ができたとしても、
「人」として扱われない環境にいるのは、
「生きている」と言えるのかしら?

無視する同僚がいたり、
自分の上司の顔色ばかりを伺って、
負担を部下にばかりおしつける上司がいたり・・・

彼らにはそんなつもりはないのだと思いますが、
「人」として扱われているよりも、
「使える道具」としか思われていないような気がします。

辛いから、即転職!ということは考えていませんが、
これからの人生、一人でも多く「友人」を増やして、
できるだけ豊かな人生を送りたいと思っています。

そう思うと、人間関係が築けない職場で、
しかもプライベートの時間も削られて、
人との関係を築く時間もなくなっていることを考えると、
働き方を変えるか、
職場を変えるしかないような気がしてきました。

私の場合、すぐに人のいうことを鵜呑みにしてしまうので、
こうして「自分にとって何が大事か?」ということを考えても、
すぐに忘れて、周りに流されて
ダラダラと日々を過ごしてしまいます。

最近、老眼になってきたりして、
年齢的な衰えも感じていて、
「今、どうにかしなくちゃ」と焦る気持ちもあります。

泣いていれば誰かが助けてくれるわけでもないので、
自分で行動を起こして、状況を改善したり、
自分の目的に向かう必要があるのかもしれません。

最近、訳がわからないまま流されてきましたが、
ここで流れを食い止めて
どうにか押し返す方法、
もしくは流れから逃れる方法を探るべきなのかもしれません。

突然思い立って来たグラストンベリーですが、
こうして落ち着いて考えられる時間が持てて良かったです。


最近、私はかなり幸運だと思えるようになってきました。

昔は、なんで私ばっかり不幸なんだろう、
生まれた環境が悪かったからだ、
親が悪かったからだ、
貧乏だからだ・・・
そんなことばかり思っていました。

今も、貧乏からほんの少し脱した程度で、
所得レベルは下の上といったところですが、
それでも、不幸だとは思わなくなりました。

というのも、私は状況(家庭環境とか)には
恵まれなかったけれど、
人には恵まれているのかもしれない、
と思えるようになったからです。

こういう辛い時に、
忙しいCさんが空いていたこともそうですが、
私は人に恵まれているような気がするのです。

NさんやCさんもそうですが、
ブログを読んでくださっている皆さんが、
いろいろとアドバイスしてくださってり、
励ましてくださったりして、
躊躇する私の背中を押してくれたことが
これまでに数えきれないくらいありました。

そこで一歩を踏み出していなかったら、
生活や環境が変わることはなく、
かつてのように「不幸だ」と思い続けていたと思うのです。

イギリスに来てからも、
もしかしたら1年も経たずに尻尾を巻いて
日本に帰っていたかもしれません。

そう思うと、言葉では言い表せないほどの
感謝の気持ちが沸いてきます。

今の私が頑張れているのは、
周りにいる人たちのおかげなので、
胸を張って「人に恵まれている」と言えます。

私が、そういう人たちにお応えできるほどの度量も、
人付き合いのテクニックもなくて、
ただただ受け取るばかりなのが悲しくなりますが・・・

いつもブログを読んでくださって、
お忙しい時間を割いてコメントを書いてくださって、
心から感謝しています。ありがとうございます。

気持ちと体がリセットできたので、
明日から、ちゃんと自分の生活と精神を守るべくがんばります。

333E7808-0E61-46FB-987A-593AAA450392.jpeg

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^○^)

    昔の辛い経験はね今のイチイさんの人生にちゃんと役にもたってますよ。下の上の生活良いじゃないですか、帰る家が有って毎日ご飯も食べれて布団で寝れる。ほとんどの人は当たり前だけどね、私はとても幸せで凄いって思うんです。こんな気持ちはイチイさんは分かってくれるね。仕事は生きるためにお金を稼ぐ場所です。でも自分を苦しめる場所では無いんですよ、転職は勇気も要りますね。でも将来的にはそれが一番だと思います。日本で暮らしてた時もイチイさんは一人で、何でも乗り越えて生きてきたんです。イギリスでもそう。何かあった時は一度立ち止まりましょうね、一息ついて頭の中を整理しましょう。今まで何とかなって来てますよ。私も昔ね住所不定の時期が有るんですよ(//∇//)病気して仕事出来ない時期が有ってね。数ヵ月ね。何とかなって来ました。恥ずかしい事言ってるし。自分の気持ち1つでね人生は良くも悪くもなります。焦らず進みましょうね。マナーがいい人は素晴らしいね(*^-^*)イチイさんは人との縁を持ってる人です、まだまだ色んな人と出逢いがあるんですよ。マッサージ良かったね、また行かないと。まだまだ寒いですよ、身体を一番にね。その後に他の物事がね続きます。・・・またね。
    2019年02月11日 00:41
  • ココレイコ

    イチイさん、少し息抜きができたようで良かったです。
    いつも心にグラストンベリーを持っていれたらいいですね。
    人付き合いのテクニックや度量云々ではなくて、イチイさんのそのままの人柄に私は惹かれているのだと思います。
    職場が、本当の意味での改善策を検討していれば良いのですが、そうでない場合はその会社はブラックだったと割り切って、そして自分を守るためにも、転職を視野に入れてもいいかもしれないですね。
    いずれにしてもイチイさんにとって最善の道が開けるよう応援していますね。
    2019年02月11日 03:19
  • たま

    体が疲れているときはネガティブになりやすいです、体を回復させてリフレッシュして気持ちよくストレス解消したほうがいいですよ。ガンバ!
    2019年02月11日 06:47
  • ミツミ

    こんにちは。
    少しゆっくりなさったようで良かったです。
    いまいる場所しかないみたいな感覚に陥りますが、世界は広くて優しいひともたくさんいたりするんですよね。

    私も振り返れば沢山の人間関係を喪ってきましたが、いま残っている僅かな大切なひとは、一貫して尊重してきたひとだな、と今更気づいたところです。
    イチイさんが大事にされてきたから、お友達とのご縁が続いたり生まれたりしてるのだと思います。
    いいご縁がこれからも生まれるといいですね。

    それから、お仕事の話、引き受けるにしても、次からもっと早く言ってね‼︎とか、やってみるけど他に急ぎもあるから確約できないけどね‼︎とか、軽く言ってみてもいいかもですよー。思っていることをその場で吐き出すので溜まりづらいのと、困るのよねーという意思表示として。
    2019年02月11日 14:20
  • なおみ

    イチイさん、こんにちは。
    良い時間を持てたようで、ほっとしました。
    ひどい人種差別がある田舎もあるようですが、グラストンベリーというところは穏やかな町なのですね。
    行ってみたいなあ。

    実は、私もイチイさんに元気をもらっているんですよ。
    辛くても憂鬱でも、考え通して一歩踏み出す勇気は、きっと絞り出すみたいに大変なものなのでしょうね。
    いつも頑張る姿を見せてくれて、ありがとうございます。
    でも、あまり我慢しないで欲しいな。
    ストレスは病気を呼んじゃうから。
    心の底から人生を楽しめるイチイさんを、楽しみにしているんです。
    簡単ではないかもしれないけれど、イチイさんが自分の居場所を見つけるまで、見守らせてください。
    2019年02月11日 18:29
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    そうですよね。上を見てもきりがありませんし、昔に比べたら随分幸せになった気がします。ミルモさんも住所不定の時期があったのですか。病気だなんて、しかも数か月もだなんて、大変だったことでしょうね。病気の間、ほんとうに辛かったでしょうね。ミルモさん、いまは元気ですか? きちんと治っていると良いのですが・・・
    そんな経験をすると、大概のことは何とかなると思えるようになるのでしょうか。自分の幸せとか不幸とか、気持ちひとつなのかもしれませんが・・・ 人の評価とか、周りの状況とかに左右されてしまう弱さが消せません。いつかそういったものに左右されない強さをもてるようになれると良いのですが・・・ がんばりますね。
    2019年02月13日 07:25
  • イチイ

    ココレイコさん、ありがとうございます。
    そうですね。昨日も大変でしたが、心が元気だったせいか、なんとか頑張れました。何と言いますか、考える暇がないくらい忙しいので、こういうときこそ、きちんと考えて行動しないと足をすくわれそうだと感じてます。ブラックとは思いたくはありませんが、でもこのまま改善されないのであれば、そういうことなのでしょうね・・・ 燃え尽きないよう気を付けながら、きちんと状況を見定めて行動したいと思います。がんばりますね。
    2019年02月13日 07:29
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    確かに、おっしゃる通りですね。疲れているから「甘いものを」などと自分を甘やかしていましたが、まずはゆっくりと休養を取って、楽しく体を動かすようにして、意識して健全なストレス発散を心がけたいと思います。
    2019年02月13日 07:30
  • イチイ

    ミツミさん、ありがとうございます。
    疲れ切っていたために視野がせばまって、いまいる場所しかないような気がして、無理にそこに合わせるために精神も体力も使っていたような気がします。落ち着いて周りを見回したり、一歩外へ出てみたら、そんな世界ばかりではないことに気づきました。
    英語にあまり自身がないので、変に意思表示して嫌味に取られたりしたら怖いと思い、なにも言わずにガマンしていますが・・・ たしかに、少しずつでも発散したほうが自分の気持ちも楽になるかもしれません。うまくできるか分かりませんが、試してみますね。アドバイス、ありがとうございます。
    2019年02月13日 07:34
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    グラストンベリーはイギリスで一番有名な野外コンサートが開催されている場所なので、イギリス人で名前を知らない人はいないくらい有名なのです。コンサートの時期は外国人も大勢くるそうですし、たぶん場所は田舎ですが、外国人には慣れているのだと思います。
    ストレスを抱えているつもりはなくても、少しずつ積みあがっていって、ふと気づくと押しつぶされそうになっています。英語表現に自信がないこともあって、ガマンしてしまうことが多いからかもしれません。心の底から人生を楽しめる日がくるのか、正直なところ自信はありませんが、でも少しずつでも楽しいと思える時間が増えるように頑張ろうと思います。いつも応援して、見守ってくださっていて、ありがとうございます。
    2019年02月13日 07:38