理解に苦しむ発想

今日、また例の同僚のせいで、
面倒なことに巻き込まれてしまいました。

こちらの同僚です ↓

あまりに常軌を逸している行動に、
いったい何をどうやって説明したら良いのか分かりませんが、
とりあえず時系列に書いていきます。

まず、朝の出勤時間になっても、
彼女が会社に来ないのです。

どうしたんだろう?と思いつつ、
まぁ、風邪が流行っている時期だしな・・・と思って、
それほど気にしていませんでした。

でも、11時半頃、
私の携帯に電話がかかってきました。

電話に出てみると、
泣き声でこう言われました。

「私、2週間休むことになったの!
あなたに仕事をカバーしてもらうことになるけど、
ごめんなさいね」

良い大人が泣いていたのもビックリですが、
いきなり2週間休むって、なに? と
もしかして事故にでも遭ったのかと心配になりました。

でも、全然違いました。

その後、40分くらいの間、
彼女は、泣きながら私に愚痴っていました。

「仕事中なので・・」
「上司のXXさんが呼んでいるから」などと、
何度も途中で切ろうと思ったのですが、
「ごめんなさい!でもね!!」と号泣するのです。

さすがに泣いている相手の電話を切ることができず、
話を聞いていたのですが、
40分くらいしたときに、突然こう言われました。

「あ、人事のXXさんから電話が来たから、一旦切るわね」

なんか、相変わらず自分勝手だなぁ・・・と思いつつ、
電話が切れて、ほっとしました。

そして、仕事をしていたら、
1時間半くらい経った頃に、
また電話がかかってきました。

本当は出たくなかったのですが、
事情が全く分からないのも困ると思い、電話に出たら、
さっきの様子とは打って変わって、
上司や会社に対して怒っていました。

そのまま30分くらい、
ガガガーーーーっと、噛みつかんばかりの勢いで、
上司に対する怒りをぶつけられ、
その後、また「電話がかかってきたから」と切られました。

そして、また30分後くらいに電話がかかってきたのですが、
さすがにこれ以上は仕事時間を無駄にできないと思い、
電話には出ませんでした。


彼女の休みカバーの仕事も降ってきて、
忙しくて大変なところへ、
1時間以上無駄にしてしまったので必死に働いていたのですが、
その間に、なんだか訳の分からないことになっていました。


うまく説明ができなくて申し訳ないのですが、
少し話を戻しますね。

まず、最初に電話がかかってきたときに聞いたのですが、
昨日、上司から「ミスが多い」と
人前で怒鳴られたらしいのです。

「私は自分の仕事ぶりに自信を無くした」とか、
「XXさん(上司)は私のことを目の敵にしている」
などと何度も繰り返し、
『可哀想な自分』に酔っている感じでした。

そして、その挙句に、
「XXさんが私をクビにするなら、してくれて構わない!」
などと言いながら、泣いていました。

でも、彼女に無視されて酷い目にあったことが記憶に新しい私は、
かつて、彼女から似たようなことを言われたときに感じた、
同情の気持ちがが全く湧かなかったのです。

実は、同じようなことで愚痴られたことが何度もあり、
そのたびに「そんなことないわよ」とか、
「あなたは、頑張って仕事してると思うわ」、
「あなたに辞められたら困るわ」などと、
相手が欲しいだろうな、と思う言葉を口にしていました。

その時は、それが当然だと思っていましたが、
今考えてみると・・・

彼女は仕事をサボってばかりいたし、
頑張ってもいなかったので、
事実とは異なることを
平気で口にしていたことになります。

言い訳のようですが、
その時は本気で「かわいそうだな」と思って、
彼女を励ましたい気持ちでいっぱいで、
本気で「彼女も彼女なりに頑張っているのに」と思っていたのですが、
今思うと、私は思い込みの激しい、
単なる『嘘つき』だったのかもしれません。

話が逸れてしまいましたが、
そんな冷めた気持ちで話を聞いていた私は、
今さら、嘘と分かっていることを
あえてに口にしたくはありませんでした。

かといって、

「確かにこの人の正確さは50%を切るからなぁ」

「あのミスだらけの仕事ぶりでも、
自信を持っていたのか・・・すごいなぁ」

「昨日、私は怒鳴り声なんて聞いてないけどなぁ」

「仕事には厳しいけれど、温かい人柄のXXさんが
怒鳴るなんて想像つかないなぁ」

などという本音を言うこともできず、
「それは、大変ね」、「そんなことがあったのね」
などと無難な受け答えをしていました。

とはいえ、あまりに号泣しているので、
気の毒になって優しい言葉をかけそうになったのですが、
彼女の気持ちを軽くするためだけに
ありもしないことを言うのは、
今後の問題を複雑にしかねないと思い、ぐっと堪えました。

そして、この話の中で、
変なことを言うのです。

たとえば、こんなことです。

「社長なら助けてくれるはずだから、
社長秘書に私の状況を伝えてくれない?」

「XXさん(上司)は私の待遇を改善すると約束したのに、
約束を破った!」

「上司も人事も、私の言うことを本気で聞いてくれない!」


「なんで、ここで社長が出てくるの?」と思ったら、
どうやら10年ほど前、今の社長が部長だったときに、
とても良くしてもらったらしいのです。

いや、10年前のことを持ち出されても、
社長も困るでしょうに・・・と思いつつ、
「社長秘書には会ったことがないので、
どうしてもというなら、他の人に頼んでくれる?」
と答えました。


待遇改善についても、
詳しい事情を知らないので何とも言えませんが、
もしかしたら、上司は彼女に何か約束したのかもしれません。

かといって、深く聞いてしまうと、
また何か変なこと(社長に言ってくれ、等)を
頼まれそうな気がしたので、
「はぁ、約束を破られたのですか・・・」
としか言えませんでした。


そして、「上司も人事も、
私の言うことを本気で聞いてくれない!」という話には、
上司だろうと人事だろうと、
あなたみたいに泣きじゃくって訴えても、
感情的になっている人の話を
本気で聞く人がいるわけないでしょう?と思いつつ、
「そうなんですか。お気の毒様です」としか
答えようがありませんでした。


そんな泣きじゃくった電話から、
1時間半後の電話では、
さっきの しおらしさが消え失せて、
「こんな精神的苦痛を与えられたことに対して、
会社を訴えてやる!」と、
上司や会社に対して怒っているのです。

さっきの号泣からの豹変ぶりに驚くとともに、
なんで、会社を訴えることになるのかなぁ?と
不思議でなりませんでした。

というか、精神的苦痛を受けたのは私も同じで、
それなら、私もあなたを訴えたいです。

・・・とは言いませんでしたが、
私の思いをよそに、「訴えてやるわ!」を連呼し、
「あなたも証言してくれるわよね!?」と詰め寄られました。

彼女の勢いがすごかっただけに、
とても言いずらかったのですが、
こういう状況で嘘を言ったら後々大変なことになると思い、
こう答えました。

「いえ、でも私は XXさんが怒鳴っている様子を
一度も見たことはありませんから」

すると、今度は戦略(?)を変えてきました。

「だって、あなただって、私が休むことになって、
私の仕事をカバーをしなくちゃならないのは大変でしょう?」

「はぁ・・・」

「そうでしょう? それって、あなた一人じゃ無理なのよ!
マネージメントの能力不足なのよ! マネージメントが悪いの!
そのことを、人事に言うべきだわ!」

「はぁ・・・」

私を自分の陣営に取り込んで、
マネジメント陣を追い込もうとしているわけです。

この辺まで話していたら、
もう、本当にこの人とは話が通じないし、
時間の無駄でしかない、と思えてきました。

何と言いますか・・・身体を縮ませて、
ハリケーンが通り過ぎるのを待つネズミにでもなった気分でした。

人事に言うなら、上司のことではなく、
あなたのことで文句を言いたいです。

という本音は言いませんでしたが、
このまま延々と怒りを聞かされたり、
下手な手法で私を彼女の陣営に取り込もうとするのかな?
と思うと、どうしたら良いのか分からなくなりました。

そんなとき、幸いなことに
相手から電話を切ってくれたので、助かりました。

そして、その後は電話に出ませんでした。

あまり人のことを悪く言いたくありませんが、
この女性には精神科医かカウンセラーが必要だろう、
と本気で思いました。


そして、結局、彼女は、
「パワハラによる精神的苦痛でストレス過多のため、療養が必要」
という診断書を医者から取り付けたようで、
それを人事に提出して、数週間の有給病欠をもらったのです。

そして、さらに「会社を訴える」と息まいているようです。


正直なところ、どうしたら良いのか分かりません。

心の底から「関わりたくない」と思った人は、
彼女が初めてです。

嫌われても辛いし、
変に好かれて(?)味方に取り込もうとされても困るし、
彼女の気持ちを慰めるために、
心にもないことを言うのも嫌です。

本当に会社を訴えるのか分かりませんが、
もしそうなったら、この国では労働者の保護が手厚く、
たいていのケースは社員が勝つそうです。

それって「正義」ではないよなぁ、と思う反面、
もう何でもいいから、大人しくなって欲しい、
とも思ってしまいます。

彼女の仕事が降ってきて、
これから忙しくなりそうですし、
もしかしたら、また人事に呼ばれるかもしれないし・・・

そう思うと、
こっちのほうが精神的苦痛で参ってしまいそうなので、
あまり考えないようにしようと思います。

この記事へのコメント

  • なおみ

    イチイさん、お疲れ様でした!
    大変でしたね~!
    そうですね、関わらないのが1番ですが、向こうからすり寄って来るんでしょうねぇ。これからはドライブモードにして、電話に出ないように頑張って下さい。
    あと、うっかり話す羽目になった時に備えて、出来れば、ボイスレコーダーが欲しいですね。
    「イチイがこう言ってた」と嘘をいいかねないですから。
    出費が痛かったら、スマホで出来るかもしれません。
    スピーカー機能もあると思いますので、受話器で話さずに、卓上に置いて会社の皆に聞かせてもいいかもしれません。
    とっさには出来ないので、自衛の策で、練習しておいて下さいね!

    この一件は、件の上司にはお話ししましたか?
    巻き込まれるのが面倒だから、言いませんか?
    いずれにしても、ブログのように時系列で、記録しておくといいと思います。(時間まで)役に立つことがあるかもしれません。

    ともあれ、イチイさんの良心の呵責が霧消したのは、いいことです!
    自信を痛めつける自分は、手強い敵ですから。
    落ち着いて、でも充分にお気をつけて!

    2019年02月07日 09:44
  • たま

    なんで電話でるの?トラブルメーカーの人はトラブル起こすことでストレス解消しているから。自分に原因ありとは思っていませんよ。まずは自己改善が必要です、反省して自分を見つめ直すことですよ。関わらないことがベスト!
    それ以上関わるとストレスで自分の時間無駄にするだけですよ!
    電話は着信拒否することです、なんで電話に出なければならないの・仕事関係でも上司に相談すればいいこと!イチイさんが関わる問題ではないですよ!
    関わらないことがいいですよ!気をつけて!
    2019年02月07日 10:57
  • アラフィフの派遣

    早い展開ですね。
    これまでも複数の人から、被害を受けた報告を聞いてただろうに処置なしだったのだから、イチイさんが言ったところですぐには動くかどうか…と心配していたのです。
    他にもAさんでしたか。離席してまでイチイさんに愚痴ったり、実は仕事にミスが目立つように言ってませんでしたっけ?
    このお二人の様子からして、長く勤めても仕事出来るようになるとは限らないってことですよね。
    そして「傷ついた、傷つけられた」て一体なんだろう?て考えちゃいます。
    たしかに彼女らは指摘されて傷ついたでしょうが、それで傷つけられたから会社が謝罪すべきみたいなご主張を。。。?
    なんかよくわからないですね。
    2019年02月07日 17:31
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    要するに身勝手のバカです。その人にその場の流れで賛同するのは駄目ですよ。イチイさんはそのまま起きてる事を話さないと、変にかばったり同情みたいな言葉を出すと、またあの時イチイさんはってなります。自己中心的だし本人は、自分のした事を理解出来てないんです。きっとね今回の事もその人の中で書いた絵なんです。休んだらこうしょってね。回りを巻き込んで話を大きく自分でしてるんです。理不尽な事で訴えるとかはアメリカと変わらないね。イチイさんとその人は基本的に考え方事態違うしね。出来るだけ寄らない方が良いです。イチイさんの仕事の邪魔なだけ。掛かって来ても出る必要ないし。休んでイチイさんに迷惑がかかるのが分かってて、それでもそんなアホな事を言えるその人が理解出来ません。相手にしないのが一番です。この先またイチイさんに害が有ることがあれば、イチイさんがその人を訴えてやればいいし。今回も尻拭いが大変だね、無理だけは駄目ですよ、一人で抱え込むのもダメです。ちゃんと回りに助けてもらわないと。・・・(*^)(*^-^*)ゞまたね。
    2019年02月07日 18:09
  • 大夫の監

    こちらの時間でこんにちは。
    へえ…さすがイギリス人は個性ありますね。
    また、
    「たいていのケースは社員が勝つそうです。」
    とお書きになりましたが。
    イギリスの自動車の黎明期も、車の前方、数十メートル先に
    旗振りの人がいて人々に注意を喚起しなければ車の運転ができなかったそうなので、それでイギリスの車の普及と技術が遅れたという話をテレビ番組か何かで知りましたが。

    国民性の、長所と短所は表裏一体と、勉強になりました。

    ただ、せっかく見つけなさいました職場ですが、そういう方が今迄のさばっていた事じたいが、会社の無責任ともわたくしには見えましたので。(その方の精神衛生の管理をも含めてですね。多分その変った方自身も、メンタル面で苦しんでいるのかも知れませんですし。)

    一応は転職の情報を少しづつ、集めなさってはいかがでしょうか?
    2019年02月08日 11:24
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    彼女のことも大変ですが、今は彼女の仕事のカバーでてんてこ舞いです。電話のほうは、その後かかってきていません。でも、かかってきたら携帯で録音するようにしますね。アドバイス、ありがとうございます。
    なんだか、彼女のこともそうですが、どうしてみんな普通に仕事をしないのだろう?と不思議に思います。やるべきことができていない人が多すぎて、今日も同僚と「きちんと普通に働く人しかいない職場だったら、どんなに遣り甲斐があるだろう」という話をしていました。日本の感覚で「普通に仕事をする」ということができない人が多すぎて・・・ 旅行会社のミスっぷりも含め、ほとほとイヤになりました。
    2019年02月09日 07:42
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    3度目からは電話に出ないようにしました。もうかかってきても出ないつもりです。本当に疲れました。関わりたくないです・・・
    2019年02月09日 07:42
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、コメントをありがとうございます。
    どうやら彼女が「訴える」とか騒ぎだしていた直後に、私が人事に話をしたようです。タイミングが合っていたと言いますか、人事も彼女に対する情報とか記録を出来るだけ多く集めようとしていた矢先だったようです。
    そういえば、Aさんにも愚痴られていましたよね・・・ 私、愚痴られやすい体質なのでしょうか。Aさんも、驚くようなミスを連発していました。でも、ああいう人のほうが自己主張が強くて、職場で楽しく呑気に働いていけるのかもしれません。
    そうですよね、「傷ついた」と言っても、そういうあなたも人を傷つけているわけです。子供じゃないのだから、多少のキズは受け入れて、大人として対応すればいいのに、と思いました。
    彼女は、Safety Environment がどうとか言っていました。社員が身体的にも精神的にも安全に働ける環境づくりが会社の義務で、その義務を怠ったとかなんとか・・・よく分かりませんが、そうやって訴えると、会社が義務を履行していたという証拠を提出するのが難しいので、社員が勝つことが大半なのだそうです。
    2019年02月09日 07:48
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    ひたすら頑張っていたら、人にまた嫌われて・・・ということになりそうで、焦っています。どうしたら良いのか、分かりません。泣きたくなります。彼女は相手にしないで良いとしても、彼女の仕事が降ってきて、回しきれません。もうこのまま引きこもりたいくらいです・・・
    2019年02月09日 07:49
  • イチイ

    大夫の監さん、コメントをありがとうございます。
    イギリスには、そんな逸話があったのですね。私が知っている昔ながらのイギリス人は、そんなことしないのですが・・・だから、彼女のような激しい性格が「イギリス人の性格」ではないような気がします。
    実は、彼女はイギリスで生まれましたが、両親がキプロス島からの移民なのです。イギリス国籍なのでイギリス人ですが、気性はギリシャ系…と思いましたが、ギリシャ人同僚が2人いるのですけれど、2人とも大人しい性格です。ギリシャ人気質でもないのかもしれません。ということは、個性なのかもしれません。
    実は昨日、履歴書をアップデートして、派遣会社に送っておきました。おっしゃるとおり、このマネジメントの下では多かれ少なかれ同じような苦労が続くだろうと思ったのです。Brexit の関係で求人が少ないようですが、気長に職探ししようと思います。
    2019年02月09日 07:53