メイ首相 不信任案 否決

昨日、メイ首相の不信任案が
僅差で否決されました。

ということは、Brexit は継続することになります。

しかし、メイ首相がEUと合意した案は
下院に否決されたので、
メイ首相と保守党は、来週月曜までに、
プランB(代替案)を出す必要があります。

ほんの2週間前には、メイ首相は
「この案か、No Deal だ!」と息巻いていたのに、
仕方のない状況とはいえ、
この変わりようは・・・と思ってしまいます。

そもそも、プランBなんて考えていたのでしょうか?

考えていなかった訳はないと思いますが、
あの案に自信をもっていたようなので
それ以上に良い案を提案できるのか、心配です。

68FC7385-DC77-4A9A-8450-FAE900F01261.jpeg


ここにきて、メイ首相の手腕に対する不満が
吹き出して来ています。

不信任決議の後、
労働党のコービン氏を非難するようなコメントと言いますか、
「コービン話し合いを持ちかけたが、断られた」
と言っていたからです。

そもそもメイ首相が提示した案は、
メイ首相の周辺だけで決められたもので、
労働党を始めとする他党の幹部との
意見交換等を一切しなかったのです。

2年前、Brexitが決まった時に
話し合いを持ちかけたならば、
コービンは快く引き受けただろうと
大半の人が思っています。

この切羽詰まった時期になって、
仕方なくコービンと話をしようと言うのは、
あまりにも都合がよすぎる、というわけです。

下院での決議が行われる前から、
メイ首相がほぼ独断で進めていたことに対しては、
少なからず少なからず批判がありました。

外部の意見を一切聞こうとせず、
独断でことを進めていたことが仇になったわけです。

でも、私のような第三者から見ると、
今更「誰が悪い。こうするべきだった」
と言っても仕方がないので、
労働と保守党が協力しあって、
国民に最も良い提案を考えて欲しいな、
と思います。


この記事へのコメント

  • たま

    日本でも問題になっていますよ。イギリスに進出している企業は大変なことになっていますからね。将来どうすればいいかと・・・
    なんでここまで決まらない状態になっているのでしょうか?自分たちで決めたことなのに・・・今になってやめたほうがいいと・・
    困りましたね、再度国民投票でもしてやり直すとかないでしょうか。
    2019年01月17日 19:38
  • コンロ

    こんにちは。
    日本でも、このニュースは取り上げられています。
    既に「合意なき離脱」を想定して、日本の企業は準備をしはじめているそうですが。最悪な事態なので避けて欲しいのが・・。
    あと、今回メイ首相の不信任は否決されるだろうなとは思っていました。
    可決されても、こんな状況下で誰も自分が首相なると手を挙げないだろう。というのが大方の予想だったからです。
    あと、この前から思ってたことですが、イチイさんがメイ首相の事を書いている内容と、日本がメイ首相について伝えている内容が少し違うのが、若干気になります。
    イギリスはメイ首相のことを辛辣に書いているみたいですね。
    日本はなんとなく
    「メイ首相の提案に対して、議会はただただ反対をするばかりで、解決策を一切提示しようとはしていない。」
    という感じで・・。
    今回のも、反対したのはいいけど、じゃあ他にもっといい解決策あるの?という感じで。
    3月までにまとまるのでしょうか・・。
    2019年01月18日 01:05
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    メイ首相が続投することになったことで、国会解散->再国民投票というシナリオはなくなったと言われていますが、どうなるか分かりません。メイ首相のプランBは No Deal (合意なし)ではないかとささやかれていますが、そんなことになったら大変なので労働党が断固反対しています。こういう状況を見ていると、日本の「根回し」って実は効率が良いのかもしれないなと思ってしまいました。
    2019年01月18日 05:27
  • イチイ

    コンロさん、コメントをありがとうございます。
    日本とイギリスの報道は違うのですね。日本は報道規制があるのかもしれませんが、なかなか興味深いです。ちょっとこのことについては長くなりそうなので、ブログで書きますね。
    ただ、ブログに書くと問題がありそうなので、こちらに書いておきますが・・・ 以前、日本の有名な民放放送局の特派員の方から聞いた話なのですが、イギリスで事件がおきたとき、まず大使館に報道陣が呼ばれて、報道して良い内容とダメな内容を指示されるのだそうです。それを守らなかったら、次からそういった会合に呼ばれなくなり、大使館から情報をもらえなくなるので、皆仕方なく大使館の指示通りに報道するのだそうです。嘘か本当化かは知りませんが、実際の報道現場に出ている人から聞いた話なので、少しは信ぴょう性があるような気がしています。それを思い出すと、今回もメイ首相寄りの報道をするよう指示がでていたとしても、不思議はない気がします。日本の報道状況を知らないので何とも言えませんが、いろいろと興味深いですね。
    2019年01月18日 05:33