ホテルの見晴らし室

アッシジで泊まった宿の最上階には、
小さな見晴らし室がありました。

ソファとお酒やお茶が置いてある
バーカウンターがあるのですが、
なんと、部屋を囲んでいる4つの壁すべてに
大きな窓があるのです!

594CDD37-2368-43F7-AFA8-B847A4B7613F.jpeg
私は夕日が沈んでいくさまを眺めるのが好きで、
旅に出ると見晴らしの良いところへ行くのですが、
こういう冬の日は、小一時間も外にいると
石畳から足先に寒さが伝わってきて、
夕日を心ゆくまで堪能することができません。

でも、ここなら、ぬくぬくとしながら
淹れたての紅茶を飲みながら、
沈みゆく夕日をゆっくり眺めることができます。


夕日の美しさは、
地平線に沈む太陽の残光もさることながら、
オレンジ色の優しい光が、
建物や丘の木々に反射して、
目の前の風景が、陰影の濃い、
柔らかなサーモンピンクに染まる瞬間が息を飲むほど美しく、
なんとも幻想的で心奪われます。

携帯で撮っているので精度は良くありませんが、
こんなふうに色づいた瞬間です。

759FC17C-44AC-47AC-BD02-B2BB31396C0D.jpeg
1枚目の写真と同じ窓から撮ったものなので、
その色の違いがお分かりになると思います。

4つある窓の前を行ったりきたりしながら、
だんだんと色を変えていく大きな空を眺めていました。

ウンブリア平原に沈む夕日は、
見ていて飽きません。

きっと前の日だったら、
雪のため、こんなに鮮やかな空を
見ることはできなかったと思うので、
とてもラッキーでした。

E7F4A08D-C81E-4FD8-ADF9-F400F478022F.jpeg

太陽が地平に隠れた後も、
地平線に残光が残っています。

620E9900-91D2-4185-97AB-5946F18E0C3C.jpeg

少しずつ町の灯りがともり、
ローマ帝国時代からある町に
長い夜が訪れました。

「ここが私の家だったら、どんなにいいだろう」
と思いつつ、くらい空に沈んでいく、
町並みを眺めていました。


最近は仕事が大変で、
自分でもイライラしているのが分かるくらいでした。

こちらでは書いていませんでしたが、
実は、少し前に上司が代わりました。

新しい上司の常識が、
私や他の同僚の「常識」と違っていて、
「いったい何を考えているのだろう?」
と思うような指示が多く、
息苦しい日々が続いていました。

上司のいうことだから、
と素直に指示に従っていますが、
たとえば、こんなことを指示されています。

どんな業務をしたか、
1時間ごとに箇条書きで日報を書くようにとか、

タスクシート(仕事一覧)を作って、
毎日、そこに進捗を書くようにとか、

そういったことです。

日報については、
スタッフの業務を把握するためなのかと思っていましたが、
どうやら、きちんと働いているか
チェックするためのようでした。

そういうことをされてしまうと、
なんだか信用されていないような気がして、
仕事への意欲が削がれます。

タスクシートについても、
たとえばプロジェクトなどで働いている場合には
有効な手段かもしれませんが、
私のようなアシスタント業務は、
予定外の仕事ばかりなので、
タスクシートに記入できることがありません。

突然、出張の手配を頼まれたり、
急にミーティングをアレンジすることになったり、
いわゆる On Demand と言いますか、
仕事は予定されておらず、
急に降ってくるものなのです。

上司にはそのことを伝えたのですが、
「皆も書いているのだから、書くように」とのことでした。

杓子定規と言いますか、
臨機応変ということばとは無縁の上司なのです。

同僚に言わせると、
彼の常識とルールに沿って動いていれば、
実際には仕事を怠けていても評価が良い、
とのことではありましたが、
私のように、タスクシートが空欄だと、
あたかも仕事をしていないように見られてしまいます。


そんな窮屈な日常から離れて、
窓を開けて、大きく深呼吸していると、
「リラックス」という言葉は、
こういう気持ちのことを言うんだな、
と改めて実感します。

アッシジ自体は小さな町なので、
そうそう何度も訪れるような場所ではないかもしれませんが、
この居心地の良い見晴らし室でブログを書いたり、
お茶を飲みながら本を読んだりするためだけでも、
またアッシジに来たいと思いました。



この記事へのコメント

  • たま

    日常のストレスから開放されて優雅な休みを楽しんでください。
    仕事のことは休日には考えないようにしないとね。楽しんで~~!
    2019年01月13日 15:58
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    上司の人も変わり者ですね、でも仕事の1つと思って割りきりも必要な時も有るかもしれないね?書くこと無くても適当に何か書いてたら?それで評価も良くなるならそれに越したこと無いしね。またイチイさんが上司に誤解されて変な事されても困るしね。難しいね(´・c_・`)・・・綺麗な景色だね、こんなの見てたら帰りたく無くなりますね(´∇`)夜空も綺麗でしょうね。国が変わると景色もまた変わって、まだまだ素敵な景色が沢山あるね。普段ねイチイさんがお仕事を頑張ってるから、今があるんですよ。わかる人にはちゃんと分かってますよ(*^▽^*)気分をリフレッシュして行きましょうねv(=∩_∩=)・・・♪v(*'-^*)^☆またね。
    2019年01月13日 16:30
  • 大夫の監

    そうでござましたか。
    ヨーロッパの実態を知りたい、そう思ってイチイ様の御サイトをよませていただきましたが。

    男性とは。欧州人も、日本人も、妙なところにこだわり。要するに石頭のおっさんですね。

    イギリスといえば端正なロイヤルバレエとか、洞察力あるシャーロックホームズの国。また、あらゆる課題を解決しながら垂直離着陸機を完成した。粘り強い国だと尊敬していましたが。

    長所も短所も醍醐味もあるのが、人や物事だということでしょうか。

    ニュースの評論ブログはやめて、古典文学のホームページづくりだけに専念した方がとおもいましたが。

    異国の地で頑張りなさいます、イチイ様に負けてはいられません。ブログでの現代のニュースコラムも、ホームページでの古典国文学も両方続ける事にいたします。

    それにしても。お写真が素晴らしい眺めですね。とてもわたくしにとっては勉強になりました記事を、ありがとうございます。
    2019年01月13日 17:17
  • アラフィフの派遣

    私も日報は嫌だな。
    日報のために残業しなきゃいけなくなったりするのおかしい。
    しかも上司、書いたところで読まないし…!という経験ありますよ。
    2019年01月14日 19:13
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、コメントをありがとうございます。
    確かに、日報を読んでいるのかしら?と思うことがあります。「これだけのことをやったんだ」と達成感を感じることもありますが、たいていは忙しいので都度書くことができず、後から「あ、あれを書き忘れた」ということが出てきます。なんか無駄のような気がしてしまうのですよね・・・
    2019年01月15日 07:32