イギリス ビクトリア時代のクリスマスツリー

先日、ギルドホールギャラリーに行ったとき、
ちょっと個性的なクリスマスツリーがありました。

4DA7CDE7-E3E8-49B3-A5D2-F22171D724B6.jpeg


飾ってあるものが、扇子だったり・・・

398AC3AD-AB5E-4DB4-BF96-32DF1A7294AA.jpeg

クルミを金色に塗ったものだったり・・・

212403EA-F9C2-4EDA-935B-C36C31F04283.jpeg

クリスマスの定番ではありますが、
オレンジのスライスとシナモンだったり・・・

50E72027-7B38-43C4-A83F-8D79A51F195D.jpeg

このときに見かけたクリスマスツリーのように、
手作り感が満載なのです ↓


クリスマスツリーの下に説明書きがあったのですが、
ビクトリア時代のクリスマスツリーを再現していて、
当時の飾りは、手作りだったそうです。

家庭の主婦が趣向を決めて、
子供たちと一緒にドライフルーツを作ったり、
松ぼっくりを拾ってきてリボンをつけたり、
紙細工などを作ったりして、
工夫を凝らした飾りを作っていたそうです。

ビクトリア時代は、
文字通りビクトリア女王が統治していた、
1837年から1901年のことを言います。

1851年には万博が開催されたりして、
工業化が進んでいた時代ですが、
最近よく見かける丸くてキラキラした飾りなどは、
まだ作られていなかったのでしょうね。

私も、いつか自宅にツリーを飾れるようになったら、
オレンジのスライスを乾かしたり、
松ぼっくりに赤いリボンをかけたり、
手作りの飾りを作ってみたいです。

この記事へのコメント