新年早々、引きこもっていました

実は今日、本当は映画に行くつもりだったのですが、
朝から気分がふさぎ込んで、家でゴロゴロしていました。

というのも、昨日の夕方、
ちょっと嫌な気分になることがあったので、
ふさぎ込んでいたのです。

1階に住んでいる、
南アフリカ出身の女性に挨拶をしたときに、
こんなことを言われたのです。


女性「今日は、私1人なの」

私「そうなんですか」

女性「でも、この後でウィンブルドンの姉のところへ行くの」

私「そうですか、楽しんできてくださいね」

女性「あなたは、どうするの?」

私「特に予定はないので、家で過ごします」

女性「ええ?なに、それ?どこにも行かないの?」

私「はい」

女性「なんで?」

私「・・・・」

女性「どうして1人なの?」


どうしてって言われても・・・と答えに窮していたら、
その場にいた大家さんが、助け船を出してくれました。

「〇〇さん、そういえば荷物が来てたよ」

ほっとした私は、そのまま「じゃ…」と言って
その場を後にすることができました。


何と言いますか・・・・

ちょっと怒りに似た気持ちを感じました。

自分の価値観を押し付けるというほどではありませんが、
家族で過ごすのが当然だと思っていて、
それをしない人に対して、
不躾に「どうして?」と聞いてくる。

その無神経さと言いますか、
思いやりのなさに、いら立ちを覚えたのです。

「一人のどこが悪いの?」と言っても良かったのですが、
彼女は英語が不自由なのです。

そして、もしかしたら、
わざと意地悪して聞いてきたのかもしれない、
直観的に、そう思ってしまったのです。

自分が幸せだから、
それを無意識のうちに誇示するタイプの人かも?
と思ったのです。

南米の女性は強いと言いますか、
男性は女性をちやほやして当然で、
自分が一番だと思いたがる節があるような気がして、
私を見下すことで、
自分の幸せを確認したかったのかもしれないと思ったのです。

一人だから、
ひがんでこんなことを考えてしまうのかもしれません。

でも、一人でいても本を読んだり、ブログを書いたり、
自分なりに楽しんで過ごしているので、
人に同情される筋合いもないし、
無理して人と過ごす必要もないと思っています。

でも、そのことを英語で話しても、
本当に基本的な英語しか話せない人だったので、
きっと理解できなかったと思います。

私の価値観を彼女に押し付けることはできませんが、
でも、彼女のことを嫌いになってしまいそうです。

ただ、昨日の会話から、
私は優しい人に恵まれていてラッキーなんだな、
と思うことができました。

私の同僚も、前の会社の知り合いも、
私が一人でいることについて、
不躾に聞いてきた人は、一人もいませんでした。

これまで気にしたことはありませんでしたが、
みんな、思いやりをもって、
私が答えに窮するようなことは聞かずにいてくれたんだな、
と思ったのです。


こちらは、先日会社帰りに見かけた景色です。

遠くに見えるビルの上層階が、
クリスマスツリーの電飾で飾られていました。

IMG_9930.JPG

この記事へのコメント

  • アラフィフの派遣

    「あなたの英語、よくわからないわ」と言って、目を細めてニッコリしながら立ち去ってもいいんじゃないかしら。
    英語が分かるかどうか関係なく、単なるご近所さんにまで、誠実な真実の通りの詳細な説明は必要ないですよ。ただの知人にまで一々事実を細かく説明してられません、疲れちゃう。
    ただの挨拶で話してるんだから、「そう、予定が合わなかったの。」とか、いっそ「私は英語勉強しなきゃね」とかでいいんじゃないですか。
    あ、あけましておめでとうございます。
    2019年01月02日 09:28
  • こゆきん

    新年明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    私は日本から出たことがないせいか、南米の女性にそういう性質があることを初めて知りました。
    確かに、国民性とか、いろいろあるとは聞きますが、
    びっくりです。

    でも、相手を思いやれない人って、とても気の毒だし残念ですね。
    大家さん、めちゃくちゃいい人ですね。
    イチイさん、私も最近よく思いますが、
    ほんとの幸せって財産がたくさんあるとか、
    綺麗な服を着てるとか、
    家族がたくさんいるからとか、
    そういうのではないなとわかってきました。

    人に親切にして、喜ばれると嬉しいし、
    逆に助けて貰っても嬉しいし、
    気にかけてくれる人がいることも、すごく幸せだと思います。
    イチイさんは、特にここ最近、いろいろな人と関わりを持って、
    楽しく過ごしてますよね。
    素敵な人に囲まれて、また関わっていけることが何よりだと思いますよ。
    元気だしてください。
    そして、良いお正月を過ごしてください。
    きっと、2019年はイチイさんにとって素晴らしい年になると思います。
    2019年01月02日 12:48
  • ミルモ

    イチイさん(^o^ゞ

    一人で何をしようとほっとけって思いますよね┐('~`;)┌その人の自己満足だね。気にせずほっとけば良いしね(*^-^*)私の正月は一人でゴロゴロしてますよ(о´∀`о)寝て寝て食べて寝るだけ( ̄▽ ̄;)のんびりね。・・・(* ^ー゜)ノまたね。
    2019年01月02日 15:13
  • なんてん

    初めてコメントします。
    初めまして、たまにブログを訪問させていただいています。
    遠く離れた外国でがんばっていらして、すごいなと尊敬しております。
    今回の1階の女性の事、英語が拙い方とのことだったので、
    例えば一人でいるなんて信じられないとか、そんな意味ではなく
    単純な疑問であった、ということもあるのではないでしょうか。
    私も一人者のアラフォーなので、お気持ちすごくわかります。
    でも気にすることないですよ~。
    2019年01月03日 00:58
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、コメントをありがとうございます。新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    そう言われてみれば、これまでまともに顔を合わせたことすらなかた人なので、まじめに答えなくても良かったのですね。その時は、考えもしませんでした。こういうときに、さらっと躱せるようになりたいです。。。
    2019年01月03日 06:56
  • イチイ

    こゆきんさん、ありがとうございます。
    イギリスでは1日が祝日なだけで、残念ながらお正月の雰囲気はないのです。南米人が全員そうではないのかもしれませんが、ラテン系の男性は優しいので、そういう男性にちやほやされ慣れている女性は、女性に対しての当たりが強い人もいます。
    未だに人づきあいと言いますか、距離の取り方が分からず、落ち込んだり、明るくなったりのくり返しです。でも、素敵な人を見つけたら、大切にしたいと考えています。元気だしますね。励ましてくださって、ありがとうございます。
    2019年01月03日 07:09
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    本当に、あなたに迷惑かけているわけではないのだから、しつこく聞かないで欲しいと思ってしまいました。
    ミルモさんは、お正月はゆっくりされていますか。暖かいお部屋でお正月を楽しんでくださいね。
    2019年01月03日 07:12
  • イチイ

    なんてんさん、初めまして。コメントをありがとうございます。
    私も最初は英語が不自由だからかと思ったのですが、何度も聞いてくるので「これは、わざとだな・・・」と思ったのです。2度聞いて、相手が困った様子をしていたら、さすがに察するのではないかと思うのです。勘違いかもしれませんが、大家さんが助け舟を出してくれたのも、たぶんそういう雰囲気を察してくれたからではないかと思いました。
    気にしないようにしていますが、一人で過ごしたという事実よりも、ご近所の人から悪意っぽいものを向けられたことに対して悲しくなってしまいました。
    2019年01月03日 07:20
  • ミカ

    イチイさん
    新年おめでとうございます!

    南アフリカ出身で英語が不自由というのはちょっと気の毒な環境にいた人ですね。
    言葉が不自由な人はストレイトな言い方をしがちです。
    教育を受けていませんので。

    イチイさんは取得の厳しいワーキングビザをお持ちで、しかも入国のときは胡散臭い目で見られがちなシングル、それでもイギリスで活躍していらっしゃるのですから、なーにも引け目を感じる必要はございません。
    また、
    そういうときの答え方は敬語が良いかと思います。
    めいっぱい丁寧な答え方を用意しておくことをオススメします。

    孤独は友だちでございます。
    面倒な友だちより、よっぽど良い友だちです。
    2019年01月03日 08:55
  • イチイ

    ミカさん、ありがとうございます。
    そうですよねぇ、Aさんみたいな面倒な(愚痴ばかり言う)友達よりも、孤独に一人でいたほうが幸せな気がします。今後のために、戸惑わずに答えられるような言葉を用意しておくようにしますね。
    2019年01月06日 06:01