ヒアシンス、腐ってしまいました

先日買ってきた半額のヒアシンスですが ↓
やっぱり、腐ってしまいました(悲)

ピンク色の球根は、
元気に根をしてくれているのに・・・

8FB087C3-6214-4AE3-9483-57BE42B5DDA1.jpeg

白い方は根が出ないだけでなく、
腐っている部分がだんだんと広がってきました。


2A8233BC-8DC1-4CFD-A496-DCED53361BD4.jpeg
最初から少し腐っているようだったので、
ダメだろうと思ってはいましたが、
やはり育ちませんでした。

仕方がないので、
今日はガーデンセンターに行って、
ヒアシンスの球根を1つ買ってきました。

ガーデンセンターに行って驚いたのですが、
大きくて健康そうな球根しか売っていないのです!

そんなのは当然の事と思われるかもしれませんが、
やはり専門店は値段が高めとはいえ、
品質の良いものを扱っているのだと感心しました。

実は、ホームセンターの植物の方が安いため、
いつもホームセンターで球根などを買っていたので、
そんな当たり前のことに気づきませんでした。

たとえば、こちらをご覧ください。

7E8D60E4-56F7-49AA-B2F0-766B5AB594A1.jpeg

左側がホームセンターの球根、
右側がガーデンセンターの球根です。

ガーデンセンターの方は
1.5倍くらい大きくて、
小さな芽がすでに顔を出しています。

このときのことを思い出し、↓
「安かろう、悪かろう」という言葉は、
真実なのかもしれないな・・・と思いました。


本当は白いヒアシンスが欲しかったのですが、
もうすぐ販売時期が終わる事もあり、
黄色のヒアシンスしか売っていませんでした。

こちらの球根です。

313E88E3-AA43-4F5B-A6CD-170BAF796EB6.jpeg

City of Haarlem というのですが、
Haarlem(ハーレルム)というのは、
オランダにある都市の名前だそうで、
ニューヨークのハーレム地区の
名前の由来にもなっている町のようです。

このヒアシンスについて調べていたら、
水栽培の方法が乗っているページを見つけました → 水栽培セット:シティーオブハーレム

自分がセールで1.50ポンド(約200円)で買った事もあり、
「水栽培セットって、1300円もするの!?」
と驚きましたが、私の驚きはさておき、
水栽培の初期は暗い場所に置かないといけないようです。

日当たりが良いところが良いのだと思っていたので
一番日が当たる、バスルームの窓辺に置いていました。

もしかして、それで腐食を促進させてしまったのかな?と、
最初に栽培方法を確認しなかったことを後悔しました。

でも、寒さに当てた方が発根が良いと書かれていますが、
水につけて2日後には発根していたので、
それを思うと、それほど杓子定規に
説明通りにしなくても大丈夫なのかもしれませんが、
いずれにせよ、花が咲くまで大切に育てたいと思います。


そういえば、いつも花で埋め尽くされている
ガーデンセンターなのですが、
今日は森のようでした。

21257FB6-BA88-486E-9514-7EF25F5BD737.jpeg

クリスマスツリーが、たくさん売っていたのです。
今が「かきいれ時」なのでしょうね。

針葉樹林独特の、
ツンとした匂いが充満していて、
まるで森林浴をしているような気分になりました。

クリスマスだけのために切られてしまった
木々が気の毒な気もしますが、
暖かな家庭で、幸せな笑顔に囲まれて、
クリスマスの主役になる日を心待ちにしているようにも思えて、
なんだか嬉しくなりました。

この記事へのコメント