自分が悪いのですが、落ち込みました

今日の午前中、
ボランティアに行ったときのことです。

私のボランティア先には
小さい子供を連れた家族が来ることが多いのですが、
今日は、天気が良かったせいか、
沢山の家族連れがやってきました。

でも、今日はボランティアの人数がいつもより少なくて、
てんてこ舞い になりながら、
訪問者に色んな説明をしたり、
ハロウィン関係のクラフト作りを手伝ったり、
あっという間に時間が過ぎて、
さらに残業(?)ならぬ、
残ボランティアをしないとならないくらい、
手伝うことが沢山ありました。

そんななか、赤ちゃんを連れた
若い女性(たぶん20代後半くらい)が来ました。

最初に「ハロー!」と声を掛けて、
施設のことを説明しはじめたのですが、
眉間にシワを寄せて、怪訝な顔をされて、
こう言われました。

「I'm confused!」
(よく分からないわ!)

そう言い終らないうちに、
1mくらい離れたところで他の人を相手していた
イギリス人ボランティアに顔を向けて、
「ちょっと、いいですか?」と、
私のことを無視して、
そちらに行ってしまいました。

・・・・・・・・・・・

落ち込みました。

それは、私の英語は下手です。

聞きずらいと思いますし、
実際に、分からなかったのだと思います。

それでも、目の前で踵を返して、
私を無視して、隣のイギリス人に話しかけるなんて、
なんて失礼なことをするんだろう・・・と思う反面、
自分の英語がダメだったから、
こうなったのであって、
それも仕方のないことです。

そんな風に思うと、
次に来る訪問者に話しかけるのが、
怖くなりました。

実際のところ、次から次へと訪問者が来たので、
すぐに他の人たちの相手をしなくてはならなかったので、
そんな怯えている暇などなかったのですが・・・

でも、その後は、発音が悪いなりに、
相手が聞き取りやすいように、
ハッキリと単語を区切って、
ゆっくりと話すよう心がけました。

大人になってからの外国語習得は、
本当に難しいです。

意思疎通程度だったら良いのでしょうが、
相手に失礼のないような言葉遣いで、
きちんと物事を伝えるのは、
容易いことではありません。

日本語どうしでも、
うまく伝わらないことがあるのに、
ましてや英語なんて・・・と考えると、
なんだか「お先真っ暗」な気持ちになってしまいます。

でも、きっと、
それで諦めてはいけないんですよね。

自分の英語が分かりずらいのだ、
ということを認識した以上、
落ち込んでいる暇があったら、
どうにか改善する努力をするべきだと思います。

とはいえ、気持ち的には凹みます。

でも、凹んでも仕方ないとしても、
凹んでいてもいいから、
「何かしなくちゃ」と思います。

だから、あとりあえず、
効果があるのか分かりませんが、
Pさんに借りた本を読む時に、
声に出して読むようにしてみました。

発音が正しいのか?という疑問は残りますが、
少なくとも、英単語の連続発声に口が慣れれば
(早口言葉に慣れるように)活舌が良くなって、
多少は聞き取りやすい英語が話せるようになるかな?
と思ったのです。

どうにか頑張って、
英語を上達させたいです。


それから、もうひとつ、
考えさせられたことがありました。

その女性は、University of Edinbugh(エジンバラ大学)
とプリントの入ったパーカーを着ていたのです。

そして、隣にいたイギリス人に話しかけている、
彼女の背中に書かれている大学名を見ながら、
咄嗟に、こう思ってしまったのです。

「エジンバラの人って、冷たいのかなぁ?」

でも、そう思ってしまった直後に、
こう思い直しました。

「いやいや、たった一人の行動で、
エジンバラに住んでいた人全員を判断してはいけない!」

理屈では分かっていても、
やはり咄嗟に思ってしまうことって、
止められませんよね。

そして、咄嗟にそう思ってしまうということは、
きっと私の中では「XX出身の人」みたいな括りで
人々を見ていたのかもしれません。

人種差別をしているつもりは全くありませんが、
それでも、気を付けないといけないな、
と改めて思いました。

そして、私と彼女の立場が逆だったとしたら、
彼女は「日本人は、失礼な人だ」と思ったかもしれず、
そういう風に思うと、自分の言動ひとつで、
他人のなかにある「日本人に対する印象」が
悪いものになってしまう可能性があることを、
改めて自覚しました。

「日本人」という看板を背負っているつもりで、
色んな意味で、流されることなく、
気を付けて毎日を過ごしていかないと・・・

今日は、そんな風に思った日でした。


こちらは、ボランティア先で販売している
トナカイの置物です。

86AE30BA-6F21-45F9-8F6F-3AF9501D8153.jpeg

今日は、落ち込んだこともありましたが、
このトボけた表情を見ていたら、
落ち込む暇があったら、何か行動しよう!
という気持ちになれました。

大人になっても、
ヌイグルミに心が慰められることって、
あるんですね。

この記事へのコメント

  • たま

    落ち込む必要ないよ!外国人がナチュナルに英語話すことは難しいですから。アメリカ人ならばそんなことないですね。イギリス人は心の狭い人がいるのでしょうか?それともイギリス人と同じレベルの英語を要求してくる人がいるのでしょうか?
    たまたま運が悪かっただけ!誰でも英語うまく話せませんよ。軌道修正すればいいだけ!
    落ち込まないで!
    ガンバ!
    2018年11月05日 06:33
  • なおみ

    イチイさん、こんにちは。
    エジンバラはスコットランド英語ですよね?
    イチイさんの英語のせいじゃないと思います。
    若い頃、友人と3人でスコットランドからロンドンへ南下したことがあります。英語の達者な友人が「何言っているのか全然わからない」と言ってました。(彼女の英語はカナダ仕込みですがロンドンではなんとか大丈夫でした)

    にしても、失礼しちゃいますね。
    ボランティアなのに!
    外国人が嫌いなのかも。
    残念ですが、彼女を変えることは出来ないので、気持ちを切り替えてください。誰もに好かれることは無理ですもの。
    ファイト!
    2018年11月05日 08:22
  • アラフィフの派遣

    イチイさんも気がつかれていますが日本語でもありますね。
    職場である程度マニュアル化されてて、全く同じようなことを同じような言い回し同じスピードで何人もに話しますが、
    すごくよく分かりました!と仰った人がいれば、
    あなた不躾で失礼!なんちゃらかんちゃらネチネチ言い続けてきた人もいますし。
    ネチネチな人は、大抵ご自身の中に何か都合の悪いこと後めたいことを抱えてますね。私に責任押しつけようとして言うのでしょうが肩代わり出来るわけないのですがね。
    あと考えられるとしたら、comfused と言った方にとって、イチイさんの英語は彼女が普段使わない言い回しやあまり選ばない単語などが含まれてたのではないかしら。それと説明順序とか?
    英語が下手だから…には感じられなかったです。
    2018年11月05日 08:23
  • アラフィフの派遣

    あ、スペル間違えたかも…(苦笑。
    2018年11月05日 08:25
  • コンロ

    こんにちは。
    こういうことは、最近の日本でもありました。
    というより、ちょっとした論争?みたいのにもなっていたらしいですが。
    最近、特に都内のコンビニなどの販売系は外国人の方がかなりの率で働いています。
    上から目線の日本人の一部の人は
    「あいつらの日本語が分からない!」
    と日本人のスタッフを呼べという人がいるそうですが。
    でも、彼ら無くして既にお店は回りませんし、私も何度か接していますが、こちらが理解しようと思う気があれば、普通にわかります。
    聞いた彼女は「あ、こいつ外国人だ!」というのを脳内にセットして、外国人をあまりよく思っていない人だと、そんな感じになるみたいです。
    たまたま接した人の運が悪かった。と思うのが一番です。
    私も、日本で働いている外国人が、変な日本人に当たってしまったら、日本人がこんなやつらだけじゃない!って思ってほしいと思いますから。
    2018年11月05日 11:44
  • ミルモ

    イチイさん(^o^)/

    元々言葉が違うんだから発音とかね違っても当たり前ですよ。聞き取りにくいって思われてもねそれも当たり前です。外人が日本語を話せてもちょっと変だったりするでしょう、それと同じですよ。きっと(*^_^*)でもその人は失礼な人だね、言葉がどうこう言う以前の話ですよ(=_=)イチイさんが凹むことは無いんです。気にしないよ(o^-^o)トナカイむちゃ可愛いね、目が面白いね(°▽°) 部屋に飾りたいね。トナカイもイチイさんを励ましてますよ。・・・(*^▽^)/★*☆♪またね。
    2018年11月05日 17:06
  • ラテ

    こういう反応って驚いてしまいますよね。私も外国に行くとこういった態度を取られることがありますが、自分の場合は言葉の問題だけでなく差別かな~と思った時もあり、そういう経験があると人に話しかけるのが怖くなりました。不特定の人と触れ合う=不快な思いをする、と思ってしまって。イチイさんは前向きで素敵ですね:) 私も語学の勉強がんばろうと思いました!
    2018年11月05日 21:42
  • BlueDal

    ショックですよね、そういう態度をされると。でも、気にしなくていいですよー。ネイティブ発音でないとイヤだわって人だったのでしょうね。
    何か印象的なことがあった際、相手を悪い方に判断してしまうことも、誰にでもありますよ。今回の場合イチイさんが先に否定されたから、なおさらだと思います。いいことばかりではないから、仕方ないと思います。それがあからさまな差別意識にならなければ、問題ないですよ。
    2018年11月06日 00:00
  • イチイ

    たまさん、ありがとうございます。
    そうですね・・・ きっと気にしないのが一番なのかもしれませんが、それだと上達しないし・・・と思ったりもします。それに、これまでいかに周囲の人たちに甘えていたか、周りの人が優しい気持ちで私の話を聞いてくれていたのかを改めて実感しました。周りの人たちが私の話を聞いても疲れないよう、落ち込む暇があったら、その分頑張って英語を勉強しますね。
    2018年11月06日 06:00
  • イチイ

    なおみさん、ありがとうございます。
    彼女の英語はスコットランド訛りではなかったので(私もスコットランドやアイルランド訛りの英語は全く理解できないので、理解できたということは違うのだと思います)、やはり私の英語なのだと思います。そうですね、人の考えを変えるよりも、自分の気持ちを切り替えたほうが簡単ですよね。でも、諦めたくはないので、少しずつ頑張ろうと思います。
    2018年11月06日 06:03
  • アラフィフの派遣

    イチイさんも気がつかれていますが日本語でもありますね。 職場である程度マニュアル化されてて、全く同じようなことを同じような言い回し同じスピードで何人もに話しますが、 すごくよく分かりました!と仰った人がいれば、 あなた不躾で失礼!なんちゃらかんちゃらネチネチ言い続けてきた人もいますし。 ネチネチな人は、大抵ご自身の中に何か都合の悪いこと後めたいことを抱えてますね。私に責任押しつけようとして言うので しょうが肩代わり出来るわけないのですがね。 あと考えられるとしたら、confused と言った方にとって、イチイさんの英語は彼女が普段使わない言い回しやあまり選ばない単語などが含まれてたのではないかしら。それと説明順序とか? 英語が下手だから…には感じられなかったです。
    2018年11月06日 06:07
  • イチイ

    アラフィフの派遣さん、ありがとうございます。 確かに、日本語でもありそうなことですね。イギリス人にとって、どんな英語が聞き取りやすいのか?ということを気を付けて話したことがなかったので、良い勉強になりました。言葉で何かを伝えるときは、独りよがりではなく、相手に理解してもらえるように伝えないと意味がないような気もしますし・・・ 言い回しとか、もっと一般的な表現とか、そういうことにも気を付けてみようと 思います。がんばりますね。(コメント、少し手を入れさせていただきました)
    2018年11月06日 06:08
  • イチイ

    コンロさん、コメントをありがとうございます。
    日本でも、こういうことが起きているのですね。都内のコンビニ、そんなに外国人が多いのですか。
    言われてみれば、最初から外国人のことを快く思っていない人だったら、ちょっとしたことでも気に食わないのかもしれませんね。運が悪かったのかもしれませんが、それでも世の中にはそういう人も存在するわけなので、頑張って英語を上達させたいと思います。がんばりますね。
    2018年11月06日 06:11
  • イチイ

    ミルモさん、ありがとうございます。
    確かに、当たり前と言いますか、仕方のないことですよね。でも、それを理由に英語をあきらめてしまいたくないので、ほんの少しづつでもがんばって勉強しようと思います。私は痛い思いをしないと、本気で改善しようとしないところがあるので、これも良い経験だったと思い、前向きに努力しようと思います。
    トナカイ、カワイイですよね。ひょうきんで、思わず笑顔にさせられてしまいました。なんだか、救われたような気持になったので、助かりました。
    2018年11月06日 06:12
  • イチイ

    ラテさん、ありがとうございます。
    差別と言うほどはなくても、コンロさんがコメントに書いてくださったように、外国人に良い印象をもっていなかったのかもしれません。
    そうですよね、一度そういう経験をすると、次に話しかけるのが怖くなりますよね。私もそうなったのですが、でも幸いなことに次々と人が来て、戸惑っていたら行列ができそうな勢いだったので、とにはく必死に応対していました。その後は、そんなことを言われたりすることもなく、いつも通りに対応できたので、忙しくて良かったなと思いました。
    前向きと言いますか、これまで無駄に過ごしてきた年月が長いので、少しでもより良い自分になりたいという気持ちが強いのかもしれません。英語も、諦めてしまったら上達は無理ですし、年齢とともに記憶力が薄れてきたら・・・という恐怖もあります。だから、今のうちに出来ることを、少しでもトライしたいと思うようになりました。お互い、無理せず、自分のペースで、それでも1ミリずつでも前進できるように頑張りましょうね。
    2018年11月06日 06:17
  • イチイ

    BlueDalさん、ありがとうございます。
    そうなんです。最初、何を言われたのか分からず、ポカンとしてしまいました。気の強そうな人だったので、憂さ晴らしされたのかしら?とも思いましたが、私の英語が拙いことは紛れもない事実なので、何も言えませんでした。
    自分が落ち込んでいるときとか、暗いときって、何事もネガティブに受け取りがちですよね。それで人を悪く思ってしまうこともあるのかもしれない、と思いました。そうなると、自分が落ち込まないで、明るい状態にいることこそ、人を嫌いにならずに済む方法なのかもしれないと思いました。
    2018年11月06日 06:21