イギリス 右翼のヒーロー

3日ほど前のことなのですが、
ロンドン市内の一部で大規模なデモがありました。

裁判所前でのデモだったようで、
裁判所近くのオフィスに勤めている知り合いが、
オフィスの窓から撮った写真を送ってくれました。


F1B00BCF-23DF-46F7-A444-1DF31A65088B.jpeg

なんだか、ニュースに出てきそうな写真で、
ちょっとビックリしました。

大規模なデモだったようですが、
警察隊と衝突しているわけではなく、
シュプレヒコールをあげながら、
道を練り歩いていたそうです。

後で調べてみたら、
その日は、イギリスの極右グループの創立者が、
裁判所で判決を受ける日だったようです。

Tommy Robinson という名前で知られている男性で、
本名は Stephen Christopher Yaxley-Lennon というそうです。

本名が長いので、トミー・ロビンソンのほうが覚えやすいし、
耳障りも良いとは思いますが、
極右グループのリーダーも芸名(?)を使うことに、
失礼ながら、思わず笑ってしまいました。

日本だったら、
政治家が名前の漢字を平仮名にすることはあっても、
全く違う名前にするのは聞いたことがありませんよね・・・?

トミー・ロビンソンは、裁判の様子を動画で撮影し、
それをソーシャルメディアにアップロードしたため、
法廷侮辱罪に問われていたようです。

裁判の様子は撮影してはいけないことになっているので、
有罪判決を受けても仕方がないと思います。

それなのに、彼らは何を求めて、
デモをしているのだろう?

デモをすることで
判決が覆るとでも思っているのかな?

そう思った私は、写真を送ってくれた人に、
ショートメッセージを送りました。

「この人たちは、こうやってデモをすれば
裁判官が判決を翻すと思ってやっているのでしょうか?」

すると、間もなくこんな返信が届きました。

「イチイさん、彼らは極右グループなのよ。
そういう人たちにとっては、
トミー・ロビンソンは『言論の自由』を追求して
果敢に戦っているヒーローだと思われているの」

「なるほど・・・」と、一瞬納得しかけましたが、
すぐに「え? ヒーロー???」と、
頭の中に疑問が浮かびました。

言論の自由を求めて戦うのは素晴らしいと思いますが、
動画を撮ってソーシャルメディアにアップするなんて、
目立ちたがりの高校生がやりそうなことだと思ったのです。

「いいね!」が沢山欲しくて、
見てはいけないものをアップロードして、
世間の注目を浴びようとしている、
そんな若者と同じのように思えたのです。

トミー・ロビンソンがどんな人なのか調べてみたら、
35歳で、なんと言いますか・・・
信じがたいことをコメントしていました。

例えば、こちらです。

tr.JPG

「刑務所にテレビがないことは、精神的な拷問だ」と
クレームしていたそうです。

今回の裁判は延期になったため、
まだ判決は出ていないのですが、
以前、2ヶ月ほど刑務所にいたことがあるようです。

そのとき、1日23時間隔離されていて、
テレビがなかったのが孤独だった、と言っています。

「この人、テレビっ子なの・・?」と思いつつ、
刑務所にテレビがあって見放題だったりしたら、
罪を反省するどころか、
衣食住の心配をすることなく、人生を楽しめそうです。


人様の主義主張をどうこう言うつもりはありませんが、
こんな写真を持ってデモに参加している人を見ると、
知り合いが言っていたように、
一部の人たちにとっては、
彼は偉大なるヒーローのようです。


tr2.JPG

私は政治のことをよく知りませんし、
立派なことを言えるわけでもないのですが・・・

私には誰かを英雄視する心理が、
理解できません。

たぶん、それは私が自分の生活を送るのに精一杯で、
政治を変えようとか、世の中を良くしようとか、
そういう自分の日常に直結していないことに
かまけている余裕がないからかもしせません。

この記事へのコメント

  • ミルモ

    イチイさん(^3^)/

    日本のデモとかも似たような物です、沖縄の事とか自衛隊の事とか。地震の時も自衛隊は帰れってデモしてましたよ。バカです。デモの内容なんて、この人達には何でも良いんです。きっと。刑務所をホテルと勘違いしてるんですね、どの国にもこんな人が必ずいますね。・・・今凄い風と雨ですよヘ(゜ο°;)ノしばらくおこもりさんしときます(´-ω-`)・・・またね。
    2018年09月30日 16:15
  • たま

    今はヨーロッ場全域で右翼政党が台頭している時代ですからね、移民が多く押し寄せて国をダメにするから・・自国民を守るために移民排斥するという考えが優勢になっていますね、犯罪も移民が起こしていますから。テロも移民ですからね。
    移民が多くなると自国民を守る政党が有利になりますからね。仕方ないですよ。犯罪を起こす移民が多ければ自国民守ることになりますからね
    2018年09月30日 16:44
  • イチイ

    ミルモさん、コメントをありがとうございます。
    地震のとき、自衛隊は助けに行ったのではないのですか?それなのにでもですか・・・ 不思議ですね。
    台風は大丈夫でしたか?せめて台風一過の青空を楽しんでくださいね。
    2018年10月01日 03:57
  • イチイ

    たまさん、コメントをありがとうございます。
    確かに、トミー・ロビンソンのグループはテロを起こしているイスラム系移民を目の敵にしているようです。自分も移民なのでコメントしずらいのですが、BREXITに投票した人が多かったことからも、移民に対する脅威というものが右翼をサポートする礎になっているのかもしれません。
    2018年10月01日 04:02
  • コンロ

    こんにちは。
    いつも読まさせていただいています。
    このニュース、NHK-BSで取り上げられていました。
    NHK解説員の話だと、欧州では最近このように「右寄り」のデモが起こり始めていて。みんないろんな不満を抱えながら生きているけど、きっかけはやっぱり「移民」。
    私はこのニュースを見て、英雄視というより、不満をどこかにぶつけたい。その船頭に立っている人を単に持ち上げているだけ。のように感じました。
    誰でもいい。単に政府に歯向かってる感じが受けているだけ。な気がします。だからかもしれないけど、他にもっと右寄りで強い人が出たら、あっという間に切り捨てられそうだなとも感じました。
    2018年10月01日 16:27
  • イチイ

    コンロさん、初めまして。コメントをありがとうございます。
    日本でもニュースになっていたのですか。ヨーロッパではイスラム過激派のテロがよく起きていることから、移民に対して警戒している面はあると思います。私はトミー・ロビンソンのことを詳しく知りませんが、きっとそういう人たちの気持ちの捌け口として丁度良かったのかもしれませんね。
    2018年10月02日 06:54